薄毛を隠す髪の毛のボリュームの出し方

ハゲが髪のボリュームを出すには?

年齢を重ねると共に気になってくる髪の毛のボリューム減少。多くの人が直面する問題ながら、特に深刻なのはやはり男性。なぜなら薄毛にも直結する問題だからです。

髪の毛がどんどん少なくなっているうえに髪の毛自体が細くなる二重苦で一気に老けてしまう可能性も。髪の毛のボリュームというのは若さの象徴であり、裏を返せばボリューム減は老いの象徴でもあるのです。

女性に比べ男性は見た目の若さにこだわらない傾向にあるものの、目指すのは「渋い中年」であって「ハゲおやじ」では決してない。しかし髪の毛が薄い状況ではハゲおやじまっしぐらなのも確か。

若々しさを演出し、かつ精力的な印象を周囲に抱かせるには髪の毛のボリュームは極めて重要。市村正親さんのギラギラ感も髪の毛のボリュームあってこそです。

多少の薄毛程度であれば十分カバーできるボリューム感ある髪の毛。それを作り出すにはどうすればいいのでしょうか? 髪の毛のボリュームが減ってしまう原因なども併せて解説していきます。

髪の毛のボリュームがないと老けて見える

髪の毛のボリュームが減ると老けて見えます。

一般的には髪の毛のボリューム減と並行して老化も同時進行しますし、髪形も変わってくるためピンとこないかもしれません。場合によっては髪の毛のボリューム減を髪形が変わったせいにして現実逃避していたり。

例えばずっと同じ髪形をしているナインティナインの矢部浩之さんあたりが分かりやすいか。矢部さんは若い頃から一貫して真ん中分けの髪形をしていますが、近年のボリュームの無さは見ていて痛々しく感じるほど。いい加減別の髪形をしたらどうか…と。

ただ、年齢的にも明らかに老化しているため髪の毛のボリュームの無さがどの程度見た目に影響を与えるのかピンとこない。

というわけで適当に画像を自作してみました。

髪のボリュームが見た目に与える影響

どうでしょう?同じ写真を使い髪の毛のボリュームだけ減らしてみました。感じ方は人それぞれでしょうが、多くの場合右の方が落ち着いて見えるのではないでしょうか。

そう、髪のボリュームというのは若さの象徴なのです。

髪の毛のボリュームがなくなってしまう原因

ではなぜ年齢と共に髪の毛のボリュームはなくなっていくのでしょうか? また、いつまでもボリュームがある人との差はなんなのでしょうか?

髪のボリュームがなくなる原因について見てみましょう。

加齢

年を取れば全身が老化するのと同様に髪の毛も衰えていきます。

加齢とともに髪は細くなる

上のグラフは年齢と髪の毛の太さの関係を表したもの。女性は30代が最も太いのに対し、男性は20代前半をピークに急激に細くなっているのが見て取れますよね。

仮にこのグラフ通りとすればピーク時の髪の毛の太さは0.085mm。一方、髪の毛のボリュームダウンに悩む人が急増するであろう40歳は0.075mm。たったの0.01mmしか変わらないため大したことがないように感じるかもしれません。

しかし断面の面積的には約22%も減ることになり、髪の毛の太さがピーク時に比べ0.02mm細くなる50代では断面の面積や全体の体積は半分近くになってしまう計算に。髪の毛の太さが細くなることは髪の毛の体積に大きな影響を与えるのです。

例え本数が減っていないとしても体積が半分になればそりゃ薄く見えますよね…

薄毛

髪の毛のボリュームがなくなる一番の原因はやはり薄毛です。

特に男性の薄毛のほとんどを占めるとされる男性型脱毛症(AGA)は頭頂部や前頭部のみが薄くなるためボリュームダウンが顕著。

実はこのAGA、前述した髪の毛の太さにも大きな影響を与えているとみられます。これはAGAのメカニズムが関係しているのです。

AGAの原因というのは、代表的な男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼという酵素が結合して作られるジヒドロテストステロン(DHT)。このDHTがヘアサイクルを狂わせ薄毛を引き起こすのです。

一方、テストステロンというのは男性らしい力強い髪の毛を作り出すとされ、分泌のピークは20代前半。そこからは減少の一途を辿り、それを補うためにより強力なDHTが増えるという説が有力。

そこで今一度髪の毛の太さのグラフを見てください。男性の場合20代前半をピークに急激に細くなっていきますよね。これこそがテストステロンが減りDHTが増えていく証拠でもあるのです。

テストステロン減りDHTが増えると髪の毛が細くなるだけでなくAGAも引き起こされ髪の毛も減る…もう踏んだり蹴ったりです。

髪の毛のボリュームが減ったからといって薄毛とは限りません。…が、明らかに頭皮が透けて見える、側頭部や後頭部に比べ頭頂部付近の髪の毛のボリュームが明らかに少ない場合は薄毛と思った方がいいでしょう。

ボリュームを出す方法とは?

薄毛になっているかどうかはさておき、年齢を重ねれば髪の毛のボリュームがなくなるのは仕方がないこと。そこは誰しもが通る道と割り切り、これからどうボリュームを出していくかが重要になります。

特に女性への印象や恋愛にとって髪の毛のボリュームは重要な要素。男を諦めていない人は必見です。

毎日髪の毛を洗う

髪を洗うと髪にボリュームが出る

毎日髪の毛を洗う…極めて当たり前のように感じますが、これができていない人もそれなりに存在するんですよね。理由は「面倒くさい」「毎日洗うと抜け毛が増える気がする」などなど。

1日お風呂抜かしてしまったことがある人なら分かると思いますが、洗髪から丸一日も立つと髪の毛に頭皮の脂が回ってしっとりとしてくるのを実感するはず。同時に独特の艶や臭いを放ち始めます。

この原因は皮脂。水にぬれた髪の毛がペタッとするのと同様に、皮脂にまみれた髪の毛というのもまたボリュームがなくなってしまうのです。

毎日お風呂に入ったからといって抜け毛が増えることはありません。洗髪で抜ける毛は放っておいても抜け落ちるもの。

皮脂にまみれた髪の毛というのはボリュームがないだけでなく不潔感も醸し出し。間違いなく女性に嫌われます。面倒くさくても毎日からならず髪の毛を洗うようにしましょう。

リンス・コンディショナーを使わない

髪の毛をサラサラ滑らかにしてくれるリンスやコンディショナー。男性の中にも愛用している人は多いことでしょう。

しかし、これらを使うと髪の毛のボリュームは確実に減ります。

極端なことを言うと髪の毛というのはキシキシゴワゴワの状態が一番ボリュームがあります。引っかかりがあることで髪の毛と髪の毛の間に空間が生まれるというのがその理由。

一方リンスやコンディショナーを使って髪の毛を滑らかにしてしまえば髪の摩擦が減りペタッとしてしまいます。

リンスやコンディショナーは髪の毛や頭皮に対してデメリットはあれどメリットはほとんどありません。毛穴詰まりの原因になったり育毛剤の浸透を邪魔したりとろくなことがありません。

髪の毛のボリューム不足が気になる人はリンスやコンディショナーは使わないほうがいいでしょう。

ドライヤーの活用

ドライヤーでボリュームを出す

ボリュームがない状態というのは当然ながら髪の毛は寝ています。髪の毛全体がペタッて寝てしまっている状態なのです。

ではどうするか? そう、ドライヤーで髪の毛の根元を立たせればいいのです。

髪を手やブラシなどで立てた状態にし根元に温風を当てます。最後に冷風にして形を安定させればOK。ただ、髪の毛のコシやハリがない場合は時間と共にボリュームがなくななってくるので整髪料も併用するとなお良い。

整髪料でフワッと仕上げる

髪の毛にボリュームがない人はドライヤーでふんわりと仕上げても時間と共に潰れてきてしまいます。そのためふんわり感を維持するために整髪料を上手に使いたいところ。

ただし、整髪料を付けすぎてしまうと髪の毛が束になってしまいかえって薄く見えてしまう原因に。また頭皮に付着させてしまうと薄毛を悪化させてしまう可能性もあるため、使い方には注意が必要。

整髪料を手のひらで広げ、毛先を揉みながら付着させていくようにするとボリュームが出やすく付け過ぎも防ぐことができるでしょう。

育毛剤で根本的な解決を図る

育毛剤でハリやコシを出す

ここまでの方法は薄毛やボリューム不足を隠す方法がメインでしたが、可能であれば育毛剤を使用し根本的な解決を図りたいところ。

リンスやコンディショナーの使用を控えたり、ドライヤーや整髪料を上手に使ったりすることで髪の毛のボリュームを演出することは可能です。

しかし加齢とともに髪の毛は確実に細くなっていきますし、AGAであれば基本的に進行する一方。ボリューム不足や薄毛に対し積極的な対策をしなければ遠からずごまかしきれなくなってしまうでしょう。

育毛剤であれば薄毛対策はもちろん、今ある髪の毛のハリやコシを出す効果も期待できるため、髪の毛によって老けて見られてしまうこと全般に対し極めて有効な対策に。

中でも育毛サプリメントがセットになった育毛剤は体の内側と外側の両面から育毛できるため非常に効果的。

今だけボリュームを出せればいいというのであれば方法はいくらでもあるでしょう。しかし将来まで見据えた場合は髪の毛を育て根本的にハリ・コシを出すことできる育毛剤の使用がベストといえるでしょう。

髪の毛のボリュームを出す方法のまとめ

人間に生まれた以上、加齢とともに髪の毛のボリュームがなくなったり薄毛になったりするのは避けようがありません。

しかし可能であればいつまでも“男”や“女”でいたいのも確か。そう考えた時髪の毛というのは非常に重要な要素になります。

特に加齢によってボリュームが急減する男性は髪の毛の状態に年齢が顕著に出ると言っても過言ではありません。それは裏を返せば髪の毛がボリューミーかつフサフサであれば若く見られることを意味しています。

幸いボリュームを出すだけならさほど難しいことはありません。髪のハリやコシが多少なくなってしまっていたとしても、ドライヤーと整髪料を適切に使えばオシャレにきめることは十分可能なのです。

一方、薄毛でボリュームがなくなっている場合は一気に難易度が増します。薄毛がほとんど分からない最初期の状況であるならまだしも、ある程度進行してくると髪の毛を持ち上げたほうがかえって薄く見える場合もあるからです。

ただ単にボリュームが減っている場合、薄毛の場合どちらにも有効なのはやはり育毛剤の使用。ボリューム減がハゲの前兆であるならその予防という意味でも役に立ちます。

手っ取り早く髪の毛にハリやコシを出したいならリンスやコンディショナーを使わず、ドライヤーや整髪料を上手に活用し、将来的なことまで考えるなら育毛剤の使用を検討するといいでしょう。

育毛剤であれば、育毛サプリメントもセットになったチャップアップかイクオスを選んでおけば間違いありません。価格重視ならイクオス、実績重視ならチャップアップといったところか。

髪の毛や髪形には清潔感・不潔感がもろに出ますし、若々しさに直結するだけに世の女性はしっかりとチェックしています。男を捨てなくないなら髪の毛のボリュームにこだわってみてください。

無添加育毛剤イクオスの詳細

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため、インターネットを中心に販売する育毛剤で1番売れているチャップアップ。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧