ネットなどで販売されている育毛剤の効果は?

発毛剤にはない育毛剤のメリット

AGAクリニックなどの医療機関で処方されるプロペシアやザガーロ、ミノキシジル配合のリアップX5プラスといった発毛剤の効果が高いのは分かる。

しかし日本においてフィナステリドを使った内服薬はプロペシアしかなく、またミノキシジルを配合した発毛剤もリアップのみとなっており、両方使うとなると1ヶ月15,000円くらいかかってしまいます。

2016年に発売されたザガーロにいたっては1ヶ月分で約1万円。

同じ成分のジェネリックなら個人輸入代行業者を利用することによって格安で手に入りますが、海外製というのは品質や安全性などの面で不安が残りますし、何よりフィナステリドやミノキシジルはどうしても副作用が心配。

また、すでにプロペシアやザガーロ、リアップなどを使ってみたものの、体に合わず強い副作用により使用を断念した方も多いと思われます。

そういった方々にこそ育毛剤がおすすめです。

では具体的に育毛剤にはどういった特徴があり、また星の数ほどある育毛剤の中からどういった商品を選ぶべきなのか?

育毛剤とは

いわゆる“毛生え薬”的なものはすべて育毛剤だと思っている人も多いのではないでしょうか。しかしそれは大きな間違い。

ローションタイプのヘアケア商品は大きく分けて以下の3つに分類されます。

  • 発毛剤
  • 育毛剤
  • 養毛剤

発毛剤とは、厚生労働省が「髪の毛が生える」「発毛する」と認めているフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルの3成分を主成分としているもので、すべてが医薬品となります。

高い発毛効果がある一方で、副作用もしっかりと存在します。フィナステリドやデュタステリドは男性ホルモンの生成を抑制するため性欲減退や勃起不全、女性化乳房といった、男性にとって悲しい副作用がメイン。

一方、育毛剤のほとんどは医薬部外品に属し、発毛剤のように「髪の毛が生える」とは認められていないものの、抜け毛を予防したり髪の毛の成長を促進差たりする効果があり、発毛をサポートする作用があります。

また、育毛剤は薬機法の制限により「発毛する」とは謳えないものの、だからといって発毛効果がないと証明されているわけではありません。一部高機能なものは相当な効果を発揮するものも。

厚生労働省が「有効成分」と定めているものを規定量配合すれば医薬部外品の育毛剤と名乗れるため、商品によってその効果はピンキリなのが実情。

最後に養毛剤。これは化粧品に属し、私たちが悩む薄毛にはほとんど効果を発揮しないというのが常識的な見方。

ただ、発毛成分ミノキシジルの3倍の効果があるとして近年注目されいているキャピキシルを用いたローションはすべて養毛剤。

ものによっては育毛剤以上の効果を発揮する場合も。


一般的には「発毛剤>育毛剤>養毛剤」の順で効果が高くなりますが、様々な形態や成分が登場してきている現在、必ずしもそうとは言い切れなくなってきている。

育毛剤や養毛剤が発毛剤を食うなんてことも…

副作用が確実に存在する発毛剤に比べ、育毛剤や養毛剤にはそういったリスクがほとんどないため、高機能な育毛剤を中心に人気を集めています。

気になる育毛剤の選び方は?

おすすめの育毛剤は?

ネットで育毛剤を検索すると分かると思いますが、商品数の多さは凄まじくどれを使っていいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

とはいえ、人気の育毛剤というのはある程度決まっており、ランキングなどを見るとチャップアップやブブカ、ポリピュア、イクオスといった名前が並んでいます。

育毛剤の中でも屈指の人気を誇るチャップアップブブカ、後発のイクオスはすべてベースが「ソヴール08」というOEMの育毛剤ですので成分的に非常に似ているのが特徴。

また定期コースで付属するサプリメントの成分にも大きな違いがないため、人気やブランドといったものにこだわらなければ、高価なブブカよりチャップアップやイクオスのほうがおすすめです。

しかもブブカは2018年6月のリニューアルによって「ブブカゼロ」に変わった際、サプリメントからノコギリヤシやミレットエキスなど育毛成分が排除され、ただの健康食品に成り下がってしまいました。

一応この3つの育毛剤の定期コースの価格を比較すると…

商品名 送料 代引手数料 初回 価格
ブブカ ゼロ 無料 無料 5,980円 11,664円
チャップアップ 無料 420円 9,090円
イクオス 無料 420円 7,538円

ブブカゼロのサプリメントは健康増進を目的としたものに変更されてしまったため、ノコギリヤシや亜鉛、フィーバーフューなどのヘアケア成分が入った育毛サプリメントがセットになっているのはチャップアップとイクオスのみ。

価格面ではイクオスが、実績面ではネット販売育毛剤NO.1のチャップアップが優れているので、このあたりはお好みで。

一方で、定期コースを避けローションのみで使用したい場合はチャップアップが一番安くなります。公式サイトのリンクを張っておきますので、気になる人は確認してみてください。

上記の3つの育毛剤にはミノキシジルと同等の育毛効果がある「M-034」という成分が配合されています。これはフィナステリドやミノキシジルといった発毛剤の副作用を嫌う方を中心に高い人気を誇るもの。

定期コースではノコギリヤシや亜鉛、各種ビタミンなど髪の成長に欠かせない成分が入ったサプリメントが付属。これにより体の内側と外側の両面から育毛を促すことが期待できます。

発毛剤以外の育毛剤をお探しであればこれらの育毛剤が第一に選択肢に入るのではないでしょうか。

チャップアップの詳細

無添加育毛剤イクオスの詳細

急速に広まりつつあるキャピキシル配合育毛剤

効果高いキャピキシル育毛剤

一方、近年急速に注目を集め、チャップアップやブブカといった人気育毛剤を脅かす存在になってきているのがキャピキシルを配合した育毛剤です。

キャピキシルは「ミノキシジルの3倍の育毛効果がある」といわれる成分。そのキャピキシルを配合する育毛剤のほとんどはミノキシジルを配合するリアップX5などと同様に5%の濃度となっています。

人気の成分であるM-034がミノキシジルと同等なのに対しキャピキシルは3倍となっていますから、注目を集めるのは当然の流れと言えますが、キャピキシル配合育毛剤には大きなデメリットが。それが“価格”です。

上記のM-034配合育毛剤のうちイクオスはサプリメント付属で税込7,538円、チャップアップは9,090円という価格設定なのに対し、キャピキシル配合のものは育毛剤単品で1万円を超えるものも多く、手を出しづらいというのが本音になるでしょう。

そんな中で価格面・成分面でもっとも頑張っているのがフィンジアとボストン(BOSTON)。どちらもキャピキシル5%に加えミノキシジルと構造が非常に似た成分「ピディオキシジル」を配合。

価格面でも定期コースではフィンジアが9,980円、ボストンが9,504円と、キャピキシル育毛剤の中ではかなり安価。

それでも高いですが…

ただ、キャピキシルは育毛剤成分としては現状効果が最も期待できる成分であることは疑いようがなく、発毛剤ですら効かない人の救世主になる可能性を秘めています。気になる人は一度試してみて欲しい育毛剤です。

価格面は課題ですが、普及に伴って価格も下がってくる可能性を信じましょう。

キャピキシル配合「フィンジア」の詳細

BOSTONスカルプエッセンスの詳細

発毛剤ではなく育毛剤という選択肢

育毛剤はあくまでも「医薬部外品」であり、フィナステリドやミノキシジルのように世界的に効果が認められた医薬品ではありません。

それだけに効果には未知数な部分が多くあるのも事実ですが、一方で発毛剤のように副作用の心配はほとんどありませんし、成分がまったく異なるため発毛剤とは別のアプローチによって思いがけない効果が期待できる魅力があります。

サプリメントが付いているものであれば栄養バランス面での改善も図れますし、注目のキャピキシルはボントレスヘアセラムのように海外でも育毛剤が発売されており効果の高さが伺えます。

育毛剤は価格が高いと感じるかもしれません。しかし日本製である以上仕方のない面も。とはいえリアップX5プラスが7,611円以上することを考えると、育毛サプリメント付きで7,538円のイクオスは安いと感じるのではないでしょうか。

キャピキシル配合育毛剤も、ミノキシジルの3倍の育毛効果が期待できるなら、あの価格も妥当なのかなという印象を受けます。

何もしなければ薄毛やハゲはどんどん進行していきます。今まで副作用や出費などの不安から発毛剤や育毛剤を使ったことがなかった方や、発毛剤の副作用により使用を断念した方などは育毛剤の使用を一度検討してみてはいかがでしょうか。

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため、インターネットを中心に販売する育毛剤で1番売れているチャップアップ。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧