ミノキシジルの1日の限度量と過剰摂取のリスク

最終更新日:

最強の発毛剤として名高いミノキシジルタブレット。それだけに多量に飲めばより効きそうな印象を受けますが、1日の限度量は決められており過剰摂取すると色々なリスクが付きまといます。

ミノキシジルの過剰摂取のリスク

ミノキシジルはフィナステリドやデュタステリド同様世界中で発毛剤として認められた成分で、日本では頭皮に塗布する外用薬としてリアップシリーズに配合されています。

しかし元々は内服薬であるミノキシジルは効果という面において内服のほうが遥かに強く、本気で育毛に取り組んでいる人は個人輸入でミノキシジルタブレット(ミノタブ)を購入し使用している場合も多くなります。

そんな「最強の発毛剤」とも呼ばれるミノタブは発毛効果は強いが副作用も強いことでも知られます。副作用を最小限に抑えつつ効果を最大限にするにはどのくらいの量の服用がベストなのでしょうか?

以前プロペシアやフィンペシアに代表されるフィナステリド内服薬のオーバードーズ(OD・過剰摂取)について取り上げましたが、ここではミノキシジルタブレットの1日の上限と過剰摂取による効果とリスクについて取り上げてみたいと思います。

ミノキシジルタブレットの1日の限度量

発毛剤として使用されるミノキシジルタブレットは成分含有量によって3種類用意され、それぞれ2.5mg、5mg、10mgとなっています。

ミノキシジルはそもそも高血圧患者の血圧を下げるための血管拡張剤

それゆえに発毛剤として使用すると血圧低下やめまい、動悸などの副作用が懸念されるため、最初は2.5mgや5mgのものから試し、副作用や効果の程度を見ながら状況に応じて増減する…という使い方が推奨されます。

ちなみに女性は男性より効果が出やすいため2.5mgを強く推奨。

発毛剤としての1日の限度量は10mg

このミノキシジル、発毛剤としての使用において1日の限度量は10mgとされる一方、本来の使い方である高血圧の人に向けた治療薬の場合の限度量は100mgと10倍になります。

ただ、発毛剤として名を馳せているミノキシジルですが、世界的に認可を受けているのは頭皮に塗って使う外用薬のみで、ミノキシジルタブレットのような内服薬を発毛剤として認めている国はひとつとして存在しません。

ゆえに「発毛剤としての限度量」というのは明確な根拠に基づくものではなく、どちらかというと「通例」と言ったほうが適切なのかもしれません。

そう考えると「10mg以上飲んでも問題ないんじゃない?」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、そうなるとそれ相応の副作用を覚悟する必要があり決しておすすめできるものではありません。

■発毛剤としてのミノキシジルタブレットの1日の上限は10mg
■血管拡張剤としてのミノキシジルの限度量は100mg

ミノキシジルを過剰摂取した場合の副作用リスク

血管拡張剤として見た場合のミノキシジルの限度量は確かに100mgですが、それは高血圧という命の危険がある状態で用いられる上限であって、薄毛の治療で摂取していい量ではありません。

ちなみにミノキシジルタブレットの代表的な副作用は…

  • 血圧低下
  • めまい
  • 動悸
  • 胸痛
  • 顔のむくみ
  • 吐き気
  • 多毛症

ミノキシジルの発毛効果は血管拡張作用による血行促進と、本来副作用である「多毛症」を逆手に取ったもの。副作用を目的に使用することになりますから、それ以上に強いであろう降圧剤としての主作用を覚悟する必要が。

それはそうですよね、薄毛というだけで血圧に異常がない人が降圧剤を服用すれば、それなりの害があると考えるのが自然ですものね。

薄毛治療においてミノキシジルをオーバードーズ(過剰摂取)すれば血圧の低下によって心臓に負担がかかることにより胸痛や動悸が現れ、場合によっては寿命を縮めてしまう可能性も否定できません。

また、用量を増やせば増やすほど発毛効果は高まる一方、当然ながら多毛症がより色濃く出現することになりますから、髪の毛のみならず体毛も顕著に濃くなってくるでしょう。

血管拡張剤など本来健康な人が飲むべき薬ではなく、薄毛治療と副作用のリスクを天秤にかけ導き出された上限量が10mgと見るべき。

専門家が警鐘を鳴らすミノキシジル内服薬

ミノキシジルタブレットは自己責任のもと個人輸入で購入する人ばかりではなく、一部のAGAクリニックでも処方されています。

医師が高い発毛効果を期待し処方するくらいですから、しっかりと用法用量を守っていればそれほど危険がない印象を受けますが、専門家に言わせれば用量にかかわらず「使うべきではない」という結論に至るらしい。

下図は日本皮膚科学会が2017年に作成した男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインの評価。

ミノキシジル内服薬は危険?

前述したようにミノキシジル内服薬を発毛剤として認可している国は存在しません。効果や副作用を検証する臨床試験が一切行われておらず、安全性や有効性が不透明だからというのがその理由。

このガイドラインの作成に携わった人からすれば、10mgはおろか1mgでも使用するべきではないということなのでしょう。安全線が担保されない以上、ミノキシジルタブレットによる治療は行うべきではないというのも理解できます。

使うべきではないとする専門家、AGA治療に活用する医師、薄毛改善のために積極的に利用する消費者…ミノキシジルタブレットを取り巻く環境は複雑です。

とはいえミノキシジルタブレットに高い発毛効果があるのは事実。そして副作用も。専門家の警鐘もある程度考慮するとすれば、なおさらオーバードーズ(過剰摂取)は行うべきではないと考えらえます。

ミノキシジルのODで期待される効果

ミノキシジルの過剰摂取はリスクが伴い、専門家も警鐘を鳴らしています。しかし、より強い効果を求めて過剰摂取を行う人が多数存在するのも事実。

そもそもミノタブの過剰摂取でどの程度の効果を期待できるのでしょうか?

血管拡張作用による血行促進効果という面では、服用量を増やしても体の機能として生命維持に必要な血圧は維持されるでしょうから、10mgでも20mgでも大きな差はないと推測されオーバードーズのメリットは少ないと見ていいでしょう。

しかしミノキシジルの発毛効果の肝であり副作用でもある多毛症においては少し事情が異なり、こちらは服用する量が多ければ多いほど顕著に現れてくる可能性が高くなります

当然ながら髪の毛のみならず体中の毛が濃くなるため、男性のムダ毛処理が市民権を得だした現代の状況に逆行している行為でもある。濃い体毛が苦手な女性に対しては薄毛以上に避けられる原因にもなりかねない。

特に女性がミノキシジルを飲む場合は注意が必要です。ミノキシジルタブレットの効果により髪の毛増え薄毛が改善しても、体毛までフサフサになるのは困りますからね。

ただ、体毛に関してはこまめな手入れでどうにかなることもあり、ミノキシジルの過剰摂取による発毛効果に期待を寄せる気持ちは痛いほど分かる。

量を増やしても効果が比例するとは限らない

一般的に薬というのは用量を増やせば増やすほど効果や副作用が強くなります。

しかしそれは用量を2倍に増やせば効果も2倍になるという単純なものではなく、多くの場合2倍に増量したとしても効果は1.2~1.5倍が関の山。効果がほとんど変わらないケースも珍しくないほど。

ミノキシジルタブレットは臨床試験データが存在しないため、増量した場合にどの程度効果が変わるのか明確なデータを示すことはできません。ならば別の発毛自在のデータを少し見てみましょう。

まずはミノキシジル外用薬

ミノキシジルの用量を増やすと効果は?

水色はミノキシジル1%、青は5%のデータになります。

用量的には5倍になっていますが効果は1.4倍に留まり、頭皮のかゆみや炎症といった副作用発現率は1.7~3倍ほどという複数の試験結果が出ています。

内服薬と外用薬という違いはあれど同じミノキシジル。。単純比較はできませんが、外用薬のデータを見るに量を増やしたからといって効果が劇的に大きくなるわけではないことが示されているかと。

次にフィナステリド。下表はフィナステリド0.2mgと1mg、そしてプラセボ(偽薬)の効果を比較したもの。

フィナステリド0.2mgと1mgの比較

プラセボが明らかに悪化しているのに対し、フィナステリドは0.2mg、1mgともにほとんど効果が変わりません。若干1mgのほうが優れている程度。用量は5倍になっているにもかかわらず…です。

ただ、副作用に関してもほとんど差がないことから、フィナステリドはより効果が望める1mgが主流になっています。

最後にデュタステリド

デュタステリド0.1mgと0.5mgの比較

ザガーロ承認時の臨床試験データでは、デュタステリド0.5mgは0.1mgに対し1.5~1.6倍ほど効果が出ています。用量5倍と考えると物足りなく感じるかもしれません。しかしこれは十分優秀な成績。

一方で副作用に関しては0.5mgの方が少ないという逆転現象が。

試験時の“揺らぎ”によるものだと思われますが、378名を対象に海外で行われた別の試験においても、0.5mgは0.1mgに比べ効果は1.3倍、副作用は約半分という驚きの結果に。

さすがにこれは出来過ぎだと思うんですけどねぇ…


すべての発毛剤において用量を増やすことで効果が大きくなることが確認されている一方、副作用に関してはミノキシジル外用薬が明らかな増加を示している以外は、特に問題になる結果は出ていません。

ミノキシジル外用薬に関しても、塗布部分のかゆみや炎症程度の軽微なものに集中していることから、あまり参考にならないかも。

とはいえ、血管や血液、心臓などに影響を与えるミノキシジルタブレットは安易に増量すべきではないことは間違いありません。

ミノキシジルは過剰摂取すべきではない、が…

ミノキシジルは元々が命に関わる高血圧に向けた血管拡張剤であるため、発毛剤としてみた場合副作用は強いものになり、特に心臓への負担は無視できません。

そう考えると発毛剤として用いる場合、本来の使用法での上限である100mgの10分の1という量は極めて妥当であり、効果と副作用のバランスを考えた場合1日10mgを超えるODは推奨できません。

しかし、現役のハゲである私は人生に絶望しかねない薄毛の辛さが痛いほど理解でき、ミノキシジルを過剰摂取したくなる気持ちも分かるのです。

強い発毛効果を求めるなら、まずはフィナステリドより効果の高いデュタステリドとミノキシジルタブレット10mgという現状では最強の組み合わせを試してみて、それでもどうしても効果に満足できない場合は…

どうしてもODしたい場合は大きなリスクを伴うことを十分理解した上で行い、それでも絶対に15~20mgで留めるべき。そしてめまいや動悸など明らかな副作用の増加を感じた場合はただちに10mgに戻すようにして下さい。

薄毛の辛さは痛いほど分かるものの、ミノキシジルは本来健康な人が使うべきではない強い薬なのも確か。できるだけ10mgに留めてほしい…というのが私の希望でもあります。

ミノキシジルタブレットボトルタイプ10mg

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため、インターネットを中心に販売する育毛剤で1番売れているチャップアップ。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧