ハゲを予防する髪の洗い方とシャンプー選び

シャンプー選びと洗髪

男性の場合、薄毛やハゲの一番の原因は遺伝や体質。次いで生活習慣や食生活などが影響を与えています。そんなこともあって髪の毛の洗い方など大した問題ではないと考えている方も多いのではないでしょうか。

確かに髪の毛の洗い方で薄毛が劇的に改善するようなことはないものの、薄毛・ハゲの原因が何であれ実際に髪の毛を生やすのは毛乳頭細胞や毛母細胞、そして頭皮でもあります。

市販の育毛剤などに含まれる有効成分やその他成分の多くは保湿と抗炎症作用、血行促進を目的としていることからも、育毛にとって頭皮をいかに健やかに保つかというのは思った以上に重要。ここからも「たかが洗髪」と馬鹿に出来ないことが分かってもらえると思います。

また、薄毛を気にしている方はミノキシジルや市販の育毛剤を使っている方も多いと思いますが、夜に育毛剤を使うタイミングは入浴後に髪を乾かしてからというケースがほとんど。正しい髪や頭皮の洗い方を行えばこれら育毛剤の効き目も高まるでしょう

逆に間違った髪の毛の洗い方であれば頭皮を傷つけたりかゆみやフケの原因になったりで頭皮環境が悪化し薄毛を引き起こす可能性があります。

そういった点を鑑み、ここでは正しい洗髪の仕方や育毛シャンプーの効果など洗髪全般について取り上げていきます。

正しい洗い方は髪の毛を洗わない?

薄毛を予防、もしくは少しでも食い止めるためには正しい髪の毛の洗い方を理解する必要があります。もしこれまで間違った洗髪で頭皮を痛めつけていたとすれば正しい洗髪により薄毛の改善も望めるでしょう。

ではその「正しい洗髪」とはどういったものなのか?

正しい髪の洗い方

では、正しい洗髪の仕方を簡単に解説していきます。

まずは髪の毛を洗う前に頭をお湯で素洗いします。

素洗いといってもごしごし洗うわけではなくシャワーなら髪の汚れを流し落とすように2、30秒間軽く流します。洗面器で湯船のお湯をすくって流すなら4、5回髪の汚れを落とすように軽く流してください。

その後シャンプーを適量手に取り、軽く泡立ててから髪の毛を洗っていくのですが、気をつけて欲しいのは絶対に爪を立てて洗わないということ。

なんとなく爪を立てたほうが汚れが落ちる気がしますよね。しかし実際にはそんなことをせずとも汚れは十分に落ちます。

爪を立ててしまうと頭皮を傷つける原因になるうえ、余計な抜け毛を増やす原因にもなってしまうので、髪を洗う場合指の腹から指頭(指腹と爪の間)で頭皮をマッサージするようにゆっくり小刻みに動かしていきます。

注意する点として、やわらかい指の腹とはいえあまり強くこすってしまうと細い髪の毛や生えたての髪が抜けてしまう可能性があるので、極力こすらず頭皮に指をくっつけたままマッサージのように頭皮を動かすよう意識すること。

頭皮や髪の毛に付着した汚れの多くは最初の素洗いの段階で落ちています。つまりゴシゴシ洗わなくても汚れが残るようなことはないのです。

髪の毛を洗うのではなく頭皮を洗う

シャンプーは一般的に「髪を洗う」「洗髪」なんて言われていますが、実際に洗うべきは頭皮であり意識して髪の毛を洗う必要はありません。

洗髪前に行う素洗いと頭皮をマッサージするように洗う過程で髪の毛の汚れはほとんど落ちてしまうので、髪の毛を洗おうとするとむしろ髪を傷める原因になってしまうのです。

シャンプーが頭皮に残るとフケやかゆみの原因になることもあるので、最後のすすぎはしっかりと行いシャンプーは完全に流してください。

ちなみにリンス(コンディショナー)は出来るだけ頭皮には塗らず髪の毛のみに塗ることを意識し、こちらも完全に洗い流して下さい。

■まずは軽く素洗いし髪の毛の汚れを落とす
■頭皮を洗う際、絶対に爪は立てない
■洗うのは頭皮であり、髪の毛を洗う必要はない

薄毛対策に理想の髪の毛を洗う頻度は?

一般的に多くの方の洗髪の頻度は夜のみの1日1回だと思われます。

その理由は「毎日お風呂に入る流れで」という方や「1日洗わないと臭いや脂っぽさが気になるから」など様々だと思います。習慣になっているというのが一番大きな理由なのでしょう。

薄毛や育毛関連のサイトなどでは「頭皮の毛穴が詰まると抜け毛の原因になるから毎日洗髪するべき」として1日1回の洗髪を推奨する情報が多い印象を受けます。実際、髪の毛を洗う頻度は長らく1日1回が理想とされていました。

しかし近年はそういった流れが変わってきた感があります。

頭皮から皮脂が旺盛に分泌される10代20代、もしくは誰しもが汗を多くかく夏場ならまだしも、皮脂の分泌量が落ちてくる30代40代を過ぎた方や、あまり汗をかかない冬場などは2日に1回程度で十分とする見方も広がっています。

洗髪の理想は必ずしも1日1回ではない

ホームレスはフサフサ?

よく聞く話として、ほとんど風呂に入らないホームレスにフサフサが多いというものがあります。これが「洗髪はむしろ薄毛を誘発するんじゃないか?」という見方を強める原因になっています。

ただこの「ホームレスにハゲはいない」という論調、これは必ずしも正しいわけではありません。ボサボサで伸びきった髪からフサフサが連想される面も否定できないからです。

髪の毛が長くてバサバサ、加えて肌も黒くなり髪の色と同化しているからボリュームがあるように見えるだけで、実際に頭頂部やM字部分をよく見るとハゲているホームレスは腐るほどいます。

髪を洗わないホームレスがフサフサというのは間違い…とまではいかないものの、勘違いが含まれているのは確かなのです。

とはいえ髪の毛の洗い過ぎが薄毛を加速させるのもまた事実。

数百円で買えるような市販のシャンプーは有名なものも含めてほとんどが高級アルコール系の界面活性剤を使っています。これは洗浄力が強く頭皮の皮脂を必要以上に奪ってしまい、1日2回などの頻繁な洗髪は頭皮環境を悪化させてしまう原因になります。

「ホームレスにハゲはいない」というのは間違った認識だと断言できますが、間違った髪の洗い方が薄毛を誘引するのもまた事実。薄毛を食い止め改善させるには正しい洗髪とシャンプー選びが必要になるのです。

■ホームレスにハゲはいないというのは偏見からくる間違った認識
■髪の毛の洗い過ぎは薄毛を引き起こす原因になりうる
■安いシャンプーに使われる硫酸系の洗浄成分や界面活性剤は刺激が強すぎる

シャンプーや髪の毛の洗い方で薄毛は改善する?

ここで多くの人が気になっているであろうシャンプーと育毛に関する核心にも触れておきましょう。それはズバリ、「薄毛が改善するのかどうか」についてです。

世の中には育毛を売りにしている高額のシャンプーも多く、そういった商品はいかにも薄毛が改善しそうなことを謳っていたりしますよね。

しかし、基本的にシャンプーで薄毛が治ることはありません

ただしそれは男性型脱毛症(AGA)での薄毛の場合であり、間違った髪の毛の洗い方やシャンプー選びによって頭皮になんらかの異常が出ている場合はこの限りではありません。

頭皮が万全の状態であれば、育毛シャンプーを使おうが正しい洗髪をしようが薄毛が治ることはほとんど期待できません。しかし、頭皮に炎症を起こしているなど環境が悪化している場合は、良いシャンプーを使用し正しい髪の毛の洗い方を実践することで薄毛の改善が見込めるのです。

男性の薄毛の多くを占めるとされるAGA。これは男性ホルモンの影響で髪が薄くなってしまうため、シャンプーや洗髪でどうにかできる問題ではありません。しかし薄毛の人の1~2割はAGA以外が原因。

また、遺伝や体質がすべてだと思われていたAGAも、近年では生活習慣なども影響するという意見が台頭しており、「シャンプーや洗髪ごときで…」とは言い切れない状況になってきました。

AGAや薄毛が改善しなくともシャンプーの選び方や洗い方次第では髪の毛のハリやコシ、ボリュームを出すことはできます。

育毛剤ですら効果が出るのは使用している期間のみということを考えると、遥かに安価なシャンプーで髪の毛のボリュームが出せるというのは心強いと感じます。

薄毛が気になりだした時、多くの人が「育毛シャンプーを使用する」と回答しています。育毛剤に比べ手間いらずで金銭的な負担が小さいシャンプーをまず選択するというのは理にかなった話。

そしてそのシャンプーの効果を最大限発揮させる洗い方を実践することができれば、私たちが思っている以上の効果を得る可能性があるのです。

薄毛を予防、改善するシャンプーの選び方

上でも少し書きましたが、CMなどで流れどこにでも売っているような安いシャンプーのほとんどは硫酸系(高級アルコール系、石油系)の界面活性剤が使われており、強すぎる洗浄力で頭皮や髪の毛を痛めがち。それをシリコンのサラサラ効果でごまかしているといってよい商品ばかりです。

この「安い」というのはあまり聞いたこともない格安のシャンプーの事ではなく、メリットやパンテーン、エッセンシャル、ラックスのような有名なものも多く含みます。

こういったシャンプーでは頭皮を守りフケやかゆみを防ぐ天然の保護剤とも言える皮脂を取りすぎてしまうため、毎日洗って綺麗にしているつもりでも実は頭皮を痛めつけているという結果にもなりかねません。

基本はアミノ酸系・ノンシリコン

一方で髪や頭皮にダメージを与えないシャンプーというのは洗浄力が強すぎる硫酸系の界面活性剤を使わず、ほどよい洗浄力で皮脂を取り過ぎないアミノ酸系の界面活性剤などを使い、かつノンシリコンのものが理想です。

中でもキャピキシルを配合するharu黒髪スカルププロや、男性から高い支持を受けるプレミアムブラックシャンプーなど薄毛の予防や改善に役立つ様々なシャンプーがおすすめになるでしょうか。

しかし、そういった髪や頭皮へのダメージに配慮しているシャンプーというのはどうしても価格は高くなってしまいます。

私自身もハゲに悩む人間の一人として様々な育毛剤やシャンプーを試していますが、高級アルコール系に代表されるラウリル硫酸などの悪影響を知り、またノンシリコンのボリューム感を体感した今、もはや市販のシャンプーには戻れず1本3,000円前後するシャンプーを色々と模索しています。

もしかしたら市販のシャンプーの悪影響などを知らずに薄毛を歳のせいだと諦めているほうが余計な事を悩まずに済む分幸せなのかな~とも感じたりしますが、サイトを運営している事もあって余計な知識ばかりが身に付き安物はもう使えない…

ただ、その甲斐もあって抜け毛や薄毛は改善してきていますし、頭皮にダメージを与えず理想的な環境を守るという面以外にも育毛剤の吸収や効きにも影響してきますから、やはりシャンプー選びは重要と考えます

とりあえず高級アルコール系(硫酸系)の界面活性剤を使わずノンシリコンであれば頭皮に与える影響はかなり改善されます。

下でそういったシャンプーをいくつかピックアップしますので、上記の正しい髪の毛の洗い方も同時に実践し髪の毛の生える頭皮を取り戻して下さい。

おすすめの育毛シャンプーは?

haru黒髪スカルププロ 育毛シャンプーは数多く販売されていますが、様々な面でもっともおすすめできるのがharu黒髪スカルププロです。

シャンプーながら、ミノキシジルの3倍の育毛効果があり高価な育毛剤に使用されるキャピキシルを配合し、内容量は400mlと十分でリンス・コンディショナー不要ながら、価格は定期コースで3,000円を切るリーズナブルさ。

一応女性を意識したシャンプーながら、豊富な育毛成分を配合し価格も男性用に比べ安いとあって男女問わず高い人気を誇っています。

CMをバンバン流している某有名育毛シャンプーを使うくらいならこれを。

haru黒髪スカルプ・プロの詳細

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため、インターネットを中心に販売する育毛剤で1番売れているチャップアップ。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧