納豆キムチはハゲの救世主 驚くべき育毛効果

色あせないイソフラボン+カプサイシン

納豆キムチがハゲに効く

納豆といえば様々な健康効果のみならず、育毛にとって有用な多くの栄養素が含まれています。そこにカプサイシンを含むキムチを混ぜる「納豆キムチ」は究極の育毛食品になる可能性を秘めています。

納豆の育毛効果については「納豆とハゲ 亜鉛やイソフラボンで薄毛改善」で詳しく取り上げているようにイソフラボンやアミノ酸、ビタミンB群など育毛にとって完全食の様相を呈しています。

そして、イソフラボンといえばカプサイシンを連想する人も多いのではないでしょうか。一時期話題になったいわゆる「イソカプ」はその後多くの育毛サプリメントに採用されるなど定番になった経緯があります。

その後その論文を書いた教授に捏造が発覚しトーンダウンした感は否めませんが、納豆とキムチによる育毛効果は決して嘘ではないのです。

納豆の育毛効果とは?

納豆とキムチは一緒に食べることによって相乗効果が生まれ育毛を強力にサポートしてくれますが、それぞれ単体で見ても育毛効果が望めます。

まずは納豆で期待できる成分を見てみると…

イソフラボン

女性ホルモンであるエストロゲンに近い働きをするイソフラボンは、更年期障害に悩む女性や、女性ホルモンが減少することによって薄毛になってしまった人などに効果的な成分となっています。

また、エストロゲンには薄毛の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)を生み出す5αリダクターゼの働きを阻害する効果があるため、それに近い作用をするイソフラボンにも同様の効果が期待されています宇。

タンパク質(アミノ酸)

納豆の原材料である大豆は「畑の肉」と呼ばれるほどたんぱく質が豊富で、そのたんぱく質は体内でアミノ酸に分解されます。

アミノ酸は髪の毛の99%を占めるケラチンというたんぱく質を作る上で絶対必要なものなので、育毛サプリメントにも積極的に配合されているのです。

ビタミンB群

アミノ酸同様ほとんどの育毛サプリメントに配合されているビタミンB群。

なぜかというと、ビタミンB群には細胞分裂や新陳代謝を促したり、ケラチンの生成を助けたりする働きがあるから。

納豆にはそんなビタミンB群も豊富に含まれています。

キムチで期待できる育毛効果

一方でキムチにはどういった育毛成分が入っていて、どんな効果が期待できるのかを見ていきましょう。

■カプサイシン

キムチといえば唐辛子、唐辛子といえばやっぱりカプサイシンでしょう。

キムチなど辛いものを食べると汗をかいたり顔が赤くなったりすると思います。それは辛味成分であるカプサイシンの血行促進効果や新陳代謝を促す効果があるからに他なりません。

髪の毛を成長させるためには血液が運ぶ酸素や栄養素が必要不可欠ですし、それらを使って髪の毛を作るのは毛母細胞や毛乳頭細胞。カプサイシンの新陳代謝アップによりこれら細胞の分裂も促進されるのです。

■ビタミンB群

納豆のところでも書きましたが、ビタミンB群には新陳代謝やケラチン生成を促進させるなど育毛に効果的な作用を持つ栄養素が多く含まれています。

キムチはこのビタミンB群が多く含まれており、特にビタミンB6が豊富。

納豆キムチの育毛に対する相乗効果

上記のように、納豆とキムチにはそれぞれ育毛に効果的な成分などが含まれており、特に納豆に関しては単体でも効果が望めるほど。

しかし、納豆とキムチを一緒に食べることによってお互いが持つ栄養素がさらに補強されることに。例えば、納豆、キムチどちらにも育毛にとって大切なビタミンB群や亜鉛が含まれているため、一緒に食べれば完全食としての性質がより強まることになります。

栄養的に素晴らしい納豆キムチですが、忘れてはならないのがIGF-1の存在。

■イソフラボンとカプサイシンによるIGF-1分泌

数年前、イソフラボンとカプサイシンがもたらす育毛理論が話題になりました。

そのメカニズムは、唐辛子に含まれるカプサイシンが胃や腸など消化器の知覚神経を刺激、それが脳から頭皮に伝わることで「CGRP」が放出されます。

このCGRPには毛母細胞の成長を促すIGF-1(インスリン様成長因子)を生成を助ける作用があります。そして大豆に含まれるイソフラボンにはこのCGRPを増やす効果がありますので、結果IGF-1が旺盛に作られ発毛促進するという理論。

時系列としては、カプサイシンの作用によってCGRPを放出し、イソフラボンがそれを増殖させ、増えたCGRPがIGF-1の生成を強力にサポートし、IGF-1が毛母細胞を活性化させ髪の毛を成長させる…となります。

この理論からすると納豆キムチというのはまさに理想の組み合わせであり、納豆の持つ育毛を期待できる様々な栄養素以上に大きな効果が期待できることにになります。

しかし、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、この論文を提唱した元名古屋市立大学大学院教授の岡嶋研二氏は多くの論文の捏造に関わっていたとして停職6ヶ月の処分を受け、その後同大学を退職するという顛末が。

ケチが付いたイソフラボンとカプサイシンの論文

イソフラボンとカプサイシンによるIFG-1理論を提唱している岡嶋氏が名古屋市立大大学院から停職6ヶ月の処分を受け、その後退職したのは間違いないものの、この育毛理論までもが捏造とは言い切れません。

というのも、件の捏造問題の多くは、画像の捏造や流用、不適切な加工が主であり、意図的に結果や効果を捻じ曲げている可能性は少ないからです。

また、ここで不正が行われたと指摘された論文19本にIGF-1理論が入っているかどうかは明らかにされておらず、画像の流用や捏造が主であることを併せイソフラボンとカプサイシンの理論にケチが付いたとは言い切れないのではないでしょうか。

この問題では19本の論文のうち8本で捏造を主導したとして准教授の男性が懲戒解雇され、IGF-1理論の生みの親である岡嶋氏に関しては不正関与を裏付ける証拠は見つからなかったものの、共同研究者及び責任著者だったため処分された形。

立場的に岡嶋氏の責任は免れないものの、今現在も同氏は名古屋のクリニック院長に加え、育毛サロンであるバイオテックの監修を務めていたりと育毛業界に身を置きIGF-1理論を今でも提唱してることから、彼自身はもちろん同理論に偽りはなかったと見ていいのではないでしょうか。

納豆キムチは最高の育毛補助食

ここで取り上げたイソフラボンとカプサイシンの育毛理論については前々から知っていたのですが、正直なことを言うと私自身「ホントかよ…」と懐疑的に見ていました。

ただ、職場の同僚40歳フサフサ野郎(既婚)との何気ない会話の際、毎日朝食に「ご飯+納豆キムチ+味噌汁」を食べているという話を聞き、改めてイソフラボン+カプサイシンの効果に着目した次第です。

納豆とハゲ 亜鉛やイソフラボンで薄毛改善」で納豆の育毛効果について詳しく取り上げているので詳しいことは割愛しますが、納豆1パックに含まれるイソフラボンの量はサプリメントの上限量30mgより多く、そこに豆腐やみそ汁などの大豆食品を組み合わせれば十分なイソフラボンが摂取できます。

そしてカプサイシンが含まれるキムチ…同僚のフサフサ野郎がたままたハゲない体質だったのかもしれませんが、栄養素的にも理論的にも育毛に効果的な納豆キムチを毎日食べているという話を聞いては黙っていられません。

しかも、健康食としても極めて優秀なことに加え、安くて簡単とあって独身男性も手軽に取り入れられるなど納豆キムチには非の打ち所がないので、騙されたと思ってぜひ試してみて下さい。

併せておすすめしたい育毛サプリメント

納豆キムチには多くの栄養素に加えIGF-1の生成を促す効果が期待できますが、ノコギリヤシや亜鉛など総合的な育毛を目指したいならイクオスサプリEXがおすすめ。

イクオス以外にもチャップアップやブブカなど育毛剤の定期コースでサプリメントが付属するものはありますが、このサプリメントは主要な成分の含有量が圧倒的で、価格面にもアドバンテージがあります。

イクオスサプリEX チャップアップサプリ ブブカサプリ
ノコギリヤシエキス 300mg 非公表 135mg
亜鉛 12mg 非公表 12mg
ミレットエキス 150mg 非公表 80mg
大豆抽出物 100mg 非公表 80mg

イクオスサプリEXには豊富なイソフラボンに加えカプサイシンも配合されているので、納豆やキムチが嫌いな人でも手軽にIGF-1理論の恩恵を受けることができます。

コストパフォーマンスの観点では育毛剤とのセットがベストですが、定期コースであればサプリメントだけでもかなりお得なので、忙しくて栄養まで気を使っていられないという方はぜひ試してみて下さい。

イクオスサプリEXの詳細へ

天然無添加育毛剤イクオス詳細へ


効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため高い人気を集めています。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧