AGAの対策、治療にはまずフィナステリド

AGAにはプロペシア

一昔前はハゲ・薄毛の対策といえば薬局で育毛剤や養毛剤を買ってきて使うか、もしくはカツラをかぶるくらいでしたが、現在は医療機関でも治療をしてくれます。

薄毛・ハゲの原因は様々あるのですが近年は男性、ひいては若年層の薄毛の多くを占めるAGA(男性型脱毛症)が注目されており、医学的な実証を伴った治療法も確立されています。

その治療法とはフィナステリドとミノキシジルを用いたもので、薄毛の治療で効果がハッキリと認められているのはこの2つのみとなっている事からも、これらを使った治療の効果は相当期待できます。

病院での第一選択薬となるフィナステリドについて、効果や副作用、価格に至るまで詳しく取り上げていきたいと思います。

フィナステリドってどんなもの?

まずフィナステリドですが、医療機関で処方されるフィナステリドを主成分とした薬は飲み薬である「プロペシア」で、おそらく薄毛に悩む方なら一度は聞いた事のある名前だと思います。

フィナステリドは元から薄毛治療薬として使われていた訳ではなく、元々は前立腺がんや前立腺肥大の治療薬として開発された医薬品で、使っているうちに異常発毛の副作用が確認された事から発毛剤として使われるようになりました。

本場であるアメリカでは1997年にAGAの治療薬として使用されるようになりますが、日本でそれが使われるようになるのは遅れる事8年。2005年になってから。

日本でフィナステリド内服薬を手に入れるにはAGAクリニックや皮膚科で処方してもらうほかなく、当然ながらドラッグストアなどで購入することはできません。個人輸入代行を用いて海外製のものを購入するという方法はありますが。

現在医療機関で処方されるフィナステリド内服薬は、先発薬であるプロペシアに加え、ファイザーや沢井製薬などからジェネリック医薬品が登場しています。

日本において発毛効果が認められているのはこのフィナステリドとリアップに配合されるミノキシジル、そして2015年に正式認可されたデュタステリドの3つのみ。本場アメリカに至ってはフィナステリドとミノキシジルのみとなっています。

男性型脱毛症(AGA)のメカニズム

そもそもAGAはどうやって引き起こされるのか?

男性は「テストステロン」という男性ホルモンの存在によって毛深く剛毛、かつ筋肉質な体を作り出しています。そして、このテストステロンにある酵素が結びつくと「ジヒドロテストステロン(DHT)」という別の男性ホルモンに変化します。

このDHTを「悪玉ホルモン」と切り捨てる人もいますが決してそんなことはなく、男性器の成長や性欲、男性らしい体の維持に関わるなど必要不可欠なホルモン。

一方で、前立腺肥大症やAGAを引き起こす迷惑な面も持っているのです。

テストステロンと結びついてDHTを作り出す酵素の名は「5α還元酵素(5αリダクターゼ)」と呼ばれ、分泌量には遺伝が大きく関わっているとされています。

DHTは毛根にある毛乳頭細胞の「アンドロゲンレセプター」と結合し、毛母細胞の分裂や増殖を抑制する作用を持ち、これによってAGAが発症するという仕組み。

AGAのメカニズム

ちなみにこのアンドロゲンレセプターの感受性も遺伝が関わっているとされており、5αリダクターゼの分泌量が多いことが重なるとハゲやすい…ということに。

フィナステリドの詳しい作用

フィナステリドがAGAに効果が出るメカニズムはこうなっています。

AGAは前述のとおり男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ」という酵素と結び付く事によって生まれる「ジヒドロテストステロン(DHT)」 が発毛を阻害して引き起こされます。

フィナステリドは服用する事によってDHTを作り出す元となる5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの生成を抑制するのです。

フィナステリドのメカニズム

発毛を阻害するDHTの生成を抑えることにより正常なヘアサイクルが戻り髪の毛が生えてくるという仕組み。

薄毛の原因に直接働きかける薬はこのフィナステリドと、2015年に認可されたデュタステリドのみという点からも、この成分がいかに効果的かが見て取れます。

フィナステリドを用いた薬の種類と費用

ではフィナステリドを主成分とした薬剤はどんな種類があって薬価はどの程度なのか?

まず日本の医療機関で使われているフィナステリドを用いた薬は「プロペシア」とファイザーなどのジェネリックしかなく、また保険の効かない自由診療となってしまうため医療機関によって薬価は若干違い、費用もちょっとお高めです。

現在のプロペシアの薬価はおおむね1mg一錠250円となっており、一日一錠の服用ですから一月7,500円ほどとなります。

そこに自由診療での診察料もかかりますから一月の出費は…

  • ■初診料 2,000~3,000円
  • ■再診料 1,000~2,000円
  • ■処方料 1,000円前後
  • ■薬剤代 1月分7,500円前後

初診であれば初診料に処方料と薬剤代に加え場合によっては血液検査などが必要になるかもしませんので15,000円ほどを見込んでおけば間違いないと思われ、再診であれば10,000円に収まるでしょう。

2015年4月にファイザー株式会社からプロペシアのジェネリック医薬品となる「ファイザー」が発売され、こちらの薬価は一錠200円前後となっており、それを睨んでか5月にはプロペシアの薬価も下がったようで、医療機関によりまちまちですが、一月分がおおよそ6,500円前後になっているようです。

上記では一月に一度受診する事を前提に費用を書きましたが、多くの医療機関では3ヶ月まで処方してくれるので、実質の一月の費用は7,000~8,000円くらいと見ておけばよいでしょう。

海外製のジェネリックという選択肢

ただ、もし海外のジェネリックに抵抗がないのであれば通販などで圧倒的に安いプロペシアと同成分の薬が手に入ります。

代表的な海外製のフィナステリド内服薬の価格と1錠当たりの単価を見てみると…

商品名 内容量 価格 1錠の単価
フィナロイド 1mg100錠 2,868円 28.7円
フィンペシア 1mg100錠 3,017円 30.2円
プロペシア 1mg28錠 5,277円 188.5円
※すべて税込(2017年10月現在)  

アメリカやオーストラリアなど海外製のプロペシア(正規品)であれば日本のものより2,000円ほど安く買えるものの、注目すべきはフィナロイドやフィンペシアの圧倒的な安さ。

個人輸入代行の存在を知っている薄毛の人にとってフィンペシアは安くて信頼性も高いとあって長らく“救世主”として君臨しており、フィナロイドはそれをもう少しお得にした商品。

どちらもアメリカやヨーロッパをはじめ世界中に薬を流通させているインドの大手製薬会社製なので、品質にも問題はありません。

…まあ、日本のプロペシアに比べれば信頼性が劣るのは否めないが…

フィナステリドの副作用

フィナステリドは登場以来AGAに対する第一選択薬として使われ続けていますが、副作用への懸念はいまだに燻ぶっています。

まずはプロペシアの主な副作用を見てみましょう。

副作用の種類/頻度 頻度不明 1~5%未満 1%未満
過敏症 痒痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)
生殖器
性機能障害
睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等) リビドー減退 勃起機能不全、射精障害、精液量減少
肝機能 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇
その他 乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

フィナステリドで副作用発現率が高いのは「リビドー減退(性欲減退)」、次いで「勃起障害」「射精障害」となっており、ごく稀な例として肝機能の悪化や乳房肥大といったものが挙げられています。

しかし、基本的な副作用発現率は全体で5%程度で、それも飲み続けることで大きく減少することが分かっています。

プロペシアの副作用

前立腺肥大症の治療薬として使われる際のフィナステリドは5mgですが、発毛剤として使われる場合は1mgが上限となっており、医師などプロから見ると「比較的安全な薬」という位置づけになっています。

フィナステリドに限らず医薬品の治療薬には大なり小なり何かしらの副作用があるものなので、その中では副作用が少ない薬なのです。

…ただ、男としての魅力を維持するために発毛剤を使うのに、性機能に何らかの障害が出る可能性があるというのは皮肉な話なのも確かですけどね。

フィナステリドに一定の副作用があるのは間違いないものの、

医療機関では第一選択薬のフィナステリド

副作用のリスクは排除できないフィナステリドですが、本当の意味で治療を行う病院において第一選択薬であることは間違いありません。

医学的根拠が証明されているものというのはフィナステリドとミノキシジル、デュタステリドしか存在しないため、そういった意味でも薄毛になってきたら真っ先に使用を検討する育毛剤と言えるでしょう。

ただ、価格が高く病院に通う必要があるというのは大きなネックになりますので、状況に応じてフィンペシアフィナロイドに乗り換えるなどの工夫をすると負担を大きく軽減できます。

また、「副作用が心配」「実際使ってみて副作用が酷かった」という人もいるでしょうから、そういった場合はチャップアップやイクオスなど効果の高い育毛剤から使用してみる、乗り換えるというのもひとつの手なのかもしれません。

「副作用より髪の毛だぜ!」という剛毅な人であれば、約1.6倍の効果があるデュタステリドという選択肢も。

いずれにせよ症状が少しでも軽いうちにより良い育毛剤を選ぶことがAGA治療の基本になりますので、「迷っているうちにどんどん進行して…」という事態だけは避けてほしいと思います。

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため高い人気を集めています。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧