鮭のアスタキサンチンで薄毛改善

注目のアスタキサンチンが豊富な鮭

鮭のアスタキサンチンと育毛

日本人になじみの深い鮭はビタミンB群やビタミンD、アミノ酸が豊富な食材とあって育毛において一定の効果が期待できるものの、それ以上に注目したいのが鮭の身の色の元となっているアスタキサンチンです。

このアスタキサンチン、強力な抗酸化作用があるとして一気に注目を集めた成分で、女性向けの美容関連商品に多く使われています。

でも男性にはあまり馴染みがないですよね。

しかしそんなアスタキサンチン、その効果は美容のみならず育毛や発毛においても非常に期待できる成分なのです。

目から鱗の鮭の育毛効果。その驚くべき作用について詳しく取り上げていきます。

鮭に含まれる栄養素とは

一口に「鮭」といってもいくつかの種類があり、スーパーで売られているものの多くは輸入した銀鮭や紅鮭。あとは日本の白鮭。

価格は銀鮭がもっとも安い傾向にあるものの、アスタキサンチンが豊富なのは紅鮭。ここでは育毛に最も効果的な紅鮭と美味しい日本の白鮭の成分を見てみます。

鮭(生100gあたり)
成分 紅鮭 白鮭
エネルギー 138Kcal 133Kcal
水分 71.4g 72.3g
たんぱく質 22.5g 22.3g
脂質 4.5g 4.1g
炭水化物 0.1g 0.1g
脂肪酸 飽和脂肪酸 0.81g 0.66g
一価不飽和脂肪酸 1.75g 1.64g
多価不飽和脂肪酸 1.03g 0.91g
ビタミンA 27μg 11μg
ビタミンB B1 0.26mg 0.15mg
B2 0.15mg 0.21mg
ナイアシン(B3) 6.0mg 6.7mg
パントテン酸(B5) 1.23mg 1.27mg
B6 0.41mg 0.64mg
ビオチン(B7) 0μg 9.0μg
葉酸(B9) 13μg 20μg
ビタミンD 33.0μg 32.0μg
ミネラル ナトリウム 57mg 66mg
カリウム 380mg 350mg
カルシウム 10mg 14mg
マグネシウム 31mg 28mg
リン 260mg 240mg
0.4mg 0.5mg
亜鉛 0.5mg 0.5mg
0.07mg 0.07mg
マンガン 0.01mg 0.01mg
アミノ酸 イソロイシン 1000mg 1000mg
ロイシン 1800mg 1700mg
リジン 2100mg 2000mg
メチオニン 690mg 690mg
シスチン 260mg 230mg
フェニルアラニン 890mg 880mg
チロシン 760mg 750mg
スレオニン 990mg 1000mg
トリプトファン 250mg 250mg
バリン 1100mg 1200mg
ヒスチジン 610mg 1100mg
アルギニン 1400mg 1300mg
アラニン 1300mg 1300mg
アスパラギン酸 2200mg 2200mg
グルタミン酸 3300mg 3000mg
グリシン 1100mg 1000mg
プロリン 790mg 770mg
セリン 380mg 860mg
アスタキサンチン 3~6mg 0.1~0.7mg

…せっかく比較したのに表面上の成分はほとんど変わらなかった。

ただしこの2つはアスタキサンチンの含有量に大きな差があるので、それも含めて薄毛に効果がある注目成分を簡単に見ていきましょう。

■アスタキサンチン

凄まじい抗酸化作用をを持つアスタキサンチンは紅鮭に多く含まれ、その抗酸化力はビタミンCの3000倍、ビタミンEの1000倍と言われています。

本来白身魚である鮭の身が赤いのはアスタキサンチンを多く含むオキアミを主なエサとしているため。つまり食物連鎖の賜物なのです。

アスタキサンチンの作用は肌や頭皮を老化させる活性酸素の生成を抑制したり除去したりといったアンチエイジング効果があるため、頭皮の真皮層のコラーゲンやエラスチンを活性酸素から守り柔軟性やハリを維持し、元気な髪の毛に必要な健康な頭皮を取り戻してくれます。

上の成分表でも書いていますが、紅鮭100gに含まれるアスタキサンチンが3~6mgなのに対し白鮭は0.1~0.7mg程度しか含まれていないため、育毛の事を考えたらぜひ紅鮭を。

■ビタミンB群

鮭には豊富なビタミンB群が含まれています。

ビタミンB群は髪の主成分であるケラチンを合成したり、毛母細胞の分裂を促したりと育毛にとって重要なビタミンであるため育毛サプリメントにも積極的に配合されています。

■ビタミンD

育毛分野ではあまり馴染みのないビタミンDですが、細胞の分化を促すなどの髪の毛の成長にも影響しているビタミンです。

それは裏を返せばビタミンDが不足すると毛母細胞の分裂や増殖が滞ってしまう可能性を示唆していますので、しっかりと摂っておきたいところ。

■アミノ酸

鮭はアミノ酸が豊富な上にバランス良く含有してます。

髪の毛の99%を占めるとされるケラチンというタンパク質は18種のアミノ酸で構成されており、そのすべてをバランスよく含んでいる鮭は育毛にとって理想的。

アミノ酸は育毛剤にも多く配合され10種以上含有しているものも珍しくなく、育毛にとっていかに重要かが見て取れると思います。

育毛のために鮭はどのくらい食べればいいの?

アスタキサンチンの効果を十分に享受するには1日最低3mg、推奨6mg摂るのが良いとされています。

これは紅鮭であれば100gに含有されている量と同じ。この100gというのは切り身一切れの平均的な量となります。豊富なアミノ酸と相まって切り身を一切れ食べれば十分ですが、銀鮭や白鮭だとアスタキサンチンは足りないことに。

だからといって大量に鮭を食べると豊富なビタミンDがあだとなりビタミンDの過剰症になる恐れがあります。

ビタミンDの1日の限度量は50μgとされている一方で紅鮭や白鮭100gに含まれるビタミンDは30μg強。どんなに食べても二切れ(200g)くらいに留めておいた方が良いでしょう。

そう考えると、アスタキサンチンの観点から紅鮭を食べるべき。

意識的に鮭を食べるようにしよう

アスタキサンチンが育毛にも効果的なのは疑いようがないものの、今現在これを配合した育毛剤や育毛サプリメントというのは存在しません。

単体のサプリメントを飲むという方法もありますが、アスタキサンチンのサプリメントは2,000円前後と決して安くなく、しかもいくら育毛に効果があるといっても単体での摂取ではそれも限定的。

その点鮭を食べればアミノ酸やビタミンBもしっかりと摂取できるため理想的なのです。幸い鮭はどこのスーパーでも売っているポピュラーかつ比較的安価な魚なので、意識的に摂取したいところ。

毎日は無理でも週2、3回は焼き鮭を食べるようにしたり、ご飯に鮭フレークをかけたり、寿司を食べる際はサーモンを積極的に食べるなど工夫をしてみて下さい。

総合的な育毛を目指すならサプリメント

鮭には豊富なアスタキサンチンやアミノ酸が含まれていますが、一方でそのアミノ酸を十分に活かす亜鉛が少なかったり、AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する発毛促進効果はあまり見込めず、薄毛の根本的な原因をどうにかしたいなら育毛剤とサプリメントがセットになったイクオスがおすすめです。

イクオス以外にもチャップアップやブブカなど育毛剤の定期コースでサプリメントが付属するものはありますが、このサプリメントは主要な成分の含有量が圧倒的で、価格面にもアドバンテージがあります。

イクオスサプリEX チャップアップサプリ ブブカサプリ
ノコギリヤシエキス 300mg 非公表 135mg
亜鉛 12mg 非公表 12mg
ミレットエキス 150mg なし 80mg
大豆抽出物 100mg 非公表 80mg

育毛サプリメントというとBOSTONサプリも有名ですが、あれも個々の成分の含有量は非公開であるため、しっかりと公表しつつ必要十分な料を配合するイクオスサプリEXは貴重な存在です。

コストパフォーマンスの観点では育毛剤とのセットがベストですが、定期コースであればサプリメントだけでもかなりお得なので、忙しくて栄養まで気を使っていられないという方はぜひ試してみて下さい。

天然無添加育毛剤イクオス詳細へ

イクオスサプリEXの詳細へ

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため高い人気を集めています。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧