医学的に薄毛治療効果が実証されたミノキシジル

日本では大正製薬のリアップシリーズに配合されることで知られるミノキシジル。

医薬品にも指定される同成分だけに高い発毛効果が期待できるものの、一方である程度のリスクがあるため薬剤師からしか購入できない「第一類医薬品」に指定されるなど副作用への懸念も存在します。

ミノキシジルは具体的にどういった成分でどんな効果やメカニズムがあるのか、そして副作用や治療薬の選択肢についても詳しく紹介していこうと思います。

世界的な効果実証はフィナステリドとミノキシジル

医学的に認められたミノキシジル

日本において現在医薬品として発毛の効果が実証されているのは前のページで取り上げたフィナステリドとデュタステリド、そしてここで取り上げるミノキシジルの3つのみ。

ただし、デュタステリドは日本の厚生労働省にあたるアメリカの食品医薬品局(FDA)などでは発毛成分として認められておらず、また発毛剤として使われてから日が浅いこともあって、世界的に発毛効果が認められているのはフィナステリドとミノキシジルの2つということになります。

プロペシアに代表されるフィナステリドは内服薬として使われることがほとんどですが、ミノキシジルは副作用の少ない外用薬と大きな効果を示す内服薬という使い分けが可能という特徴も。

ミノキシジル内服薬は強力な発毛効果を有する一方で副作用のリスクも無視できないため評価はまちまちながら、内服でも外用でも発毛効果が認められているのはミノキシジルのみと言っても過言ではないでしょう。

ミノキシジルの発毛メカニズムは?

ミノキシジルは元々高血圧患者の血圧を下げるために開発された血管拡張剤だったのですが、血管拡張作用による血行の改善と副作用として表れた全身の多毛症から発毛剤として転用された歴史があります。

ミノキシジルが薄毛・ハゲに効果を示すメカニズムですが、血管拡張剤という性質上「血管を広げ血流を良くして発毛を促す」と捉えがちですが、血流をよくしただけで発毛の効果が出るのであれば何もミノキシジルに頼る必要はありません。

ミノキシジルが薄毛治療に効果を示す理由は毛根部分を包み込んでいる「毛包」に働きかけ毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化、発毛を促すとされておりますが、これも完全に実証された訳ではなく未解明の部分も多いのが実情です。

FGF-7や血管内皮細胞増殖因子(VEGF)といった成長因子の生成を促したり活性化させたりといった説なども存在するものの、これも立証されたわけではない。

しかしメカニズムには不透明な部分があるものの薄毛・ハゲ治療に効果がある事は実証されていますから試してみて損はないでしょう。

ミノキシジル外用薬の発毛効果は?

そんなミノキシジルは多くの場合「外用薬」として使用され、薄毛が気になる部分に塗布するのが一般的になっています。

日本でミノキシジルを配合し厚生労働省が正式に認可した医薬品は大正製薬の「リアップ」シリーズのみとなっており、安心感のある国産にこだわるのであれば選択肢はリアップしかありません。

リアップの中でもミノキシジル5%と最も濃度が高いリアップX5プラスの臨床データでは以下のような結果を残してます。

ミノキシジルの臨床データ

このデータを見ても分かるように多くの人に効果が現れだすのは12週後(3ヶ月後)以降で、薄毛部分がほとんど隠れる「著明改善」が見られだすのは24週後(6ヶ月後)であることが分かります。

多くの育毛剤において「最低でも6ヶ月使用するべき」とされるのは、こういったデータに裏付けられた結果から導き出されているのです。

ミノキシジルの初期脱毛

上のデータを見て「髪の毛って1ヶ月で1cmくらい伸びるのに、効果が出るまでなんでこんなに時間がかかるんだ?」と感じませんか?

これには「初期脱毛」も関係しています。

強い効果がある育毛剤を使用すると、AGAによって細く弱々しくなってしまった髪の毛をいったん抜け落とし、正常なヘアサイクルを期待できる健康な髪を生やそうとする働きを促進させます。

それを「初期脱毛」と呼び、太く健康な髪の毛が生えてくるサインとなります。不健康な髪を抜くという動作が入る分、髪の毛が生えてきたと実感するまでに時間がかかってしまうのは仕方のないところ。

しかし、薄毛の人が初期脱毛に遭遇すると「むしろハゲが加速してるんだが…」と恐怖を感じるのは言うまでもなく、使用を止めてしまう人が後を絶ちません。

しかし、ここで止めてしまうとせっかくの効果が無駄になってしまうので、「初期脱毛=効いている」という正しい認識を持っておく必要があります。

ミノキシジル外用薬はミノキシジル内服薬に比べれば初期脱毛はそれほど激しくないものの、ある程度覚悟しておく必要があるのは間違いありません。

初期脱毛が始まったら「これから健康な髪が生えるぜ」と前向きに捉えるのが吉。

ミノキシジル外用薬の副作用

ミノキシジルはある程度のリスクが存在する「第一類医薬品」にカテゴライズされているだけに、副作用に懸念を抱く人も多いと思います。

元々が血管拡張剤であるミノキシジルには以下のような副作用が考えられます。

  • めまい
  • 動悸
  • 血圧低下
  • むくみ
  • 多毛症

ただしこれはミノキシジルタブレットのような内服薬でのもので、頭皮の直接塗布する外用薬にこれは当てはまりません。

ミノキシジルの副作用

外用薬で考えられる副作用のほとんどは塗った部分にかゆみや発疹などができるものばかり。ミノキシジルは水に溶けないという性質があるためエタノールなどを溶剤として使用する必要があり、肌が弱い人などはそれが刺激になってトラブルが起こる場合があります。

ただ、こういったトラブルは使用を止めれば収まるものがほとんどで、内服薬のような循環器系に影響が出るようなことはほとんどないため、ミノキシジルとはいえ外用薬であれば過度に恐れる必要はないでしょう。

よりどりみどりの海外製ミノキシジル外用薬

日本国内では大正製薬のリアップシリーズとアンファーのメディカルミノキ5のみとなるミノキシジルを用いた医薬品も、海外に目を向ければ様々な種類、濃度の外用薬が存在します。

リアップであればミノキシジル成分1%配合の「リアップジェット」か女性用の「リアップリジェンヌ」、5%配合の「リアップX5プラス」しかありませんが、海外製のミノキシジル外用薬は成分1~16%まで存在。

もちろんある程度成分濃度のあるものの方が効果が高いのですが、外用薬という性質上頭皮がミノキシジルを吸収し毛根まで届く量はそれほど多くなく、フィナステリド内服薬ほど効果を実感できない場合も多くなっています。

一方でミノキシジルの濃度が濃くなればなるほど副作用も強くなり、それは外用薬といえどあまり侮らないほうがよいかもしれません。

少しでも効果を実感したいからといきなり成分濃度16%のフォリックスFR16を使うというのは避けるべきで、まずはリアップX5プラスと同等の5%程度に抑えたほうがよいでしょう。

先ほども書いたようにミノキシジル外用薬はプロペシアやフィンペシアに代表されるフィナステリド内服薬に比べると効果を実感しづらい一方で、フィナステリドでは生えづらいという声も聞かれるM字部分にも効果があるので、月並みですがこれらと併用しお互いの欠点を補い相乗効果を期待するのが一番です。

ミノキシジル外用薬はいくらくらいで買える?

日本製のミノキシジル外用薬は大正製薬リアップシリーズとアンファーのメディカルミノキ5しか選択肢がなく価格もクソ高いものの、海外製のものに目を向ければ驚くほど安いものやより効果的なものが存在します。

気になるミノキシジル外用薬の値段を成分濃度5%で比べると…

商品名 ミノキシジル以外の主な成分 価格
リアップX5プラス なし 7,611円
メディカルミノキ5 なし 7,800円
ロゲイン なし 2,840円
カークランド なし 1,700円
5HP デュタステリド 4,980円

海外製の主なミノキシジル外用薬はアメリカ製が多く、上記のロゲイン、カークランド、5HPはすべてそれに該当します。

特にロゲインは日本のリアップシリーズより遥かに歴史のある元祖ミノキシジル外用薬であり先発薬。メディカルミノキ5はリアップX5の、カークランドや5HPはロゲインのジェネリック医薬品という位置付けに。

ちなみにロゲインとカークランドは2本1セットで売られている場合も多いので、1本当たりの価格に直しております。

成分的にはデュタステリドを配合している5HP以外ほとんど変わりないので、特にこだわりがないなら安価で信頼性も高いカークランドやロゲインで十分かと。

さらなる効果を望むならミノキシジル最大16%、それ以外にもフィナステリドやアデノシンを配合するフォリックスシリーズという選択肢もあります。

これは高濃度ミノキシジルで人気だったポラリスシリーズの後継商品で、どうしても髪の毛を生やしたい人を中心に非常に高い人気を誇っています。それでもリアップなどよりはずっと安いしね。

フォリックスFR16の詳細

ミノキシジルの総評

日本にはチャップアップやイクオスに代表される効果的な育毛剤が数多く存在します。しかし世界的にその効果が立証された医薬品の外用発毛剤というのはミノキシジル以外存在しません。

副作用のリスクはゼロではないもののその実績と信頼性は群を抜いていますので、本気で髪の毛を生やしたい人は一度使ってみるべきでしょう。

その際どうしても日本製にこだわるならリアップX5プラスかメディカルミノキ5しか選択肢がないものの、プロペシアなど別の発毛剤を使用していて少しでもコストを抑えたいのであればカークランドなどアメリカ製のものも検討してみて下さい。

そして、もうひとつのミノキシジルである内服薬ですが…これについては効果が高い反面色々と注意点もあるので次で1ページを使って詳しく書いていきたいと思います。

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため高い人気を集めています。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧