フォリックスFR16に副作用や危険性は?

ポラリスNR-10からフォリックスFR16へ

フォリックスFR16の危険性

ミノキシジルを用いた育毛剤はこれまで同成分を16%配合したポラリスNR-10が最強の座に君臨していました。しかし供給が安定しないという理由から取り扱いを中止する業者が相次ぎ、フォリックスFR16に移行する動きが加速。

このフォリックスFR16、NR-10同様ミノキシジル16%やフィナステリドを配合するなど主な成分は踏襲しながらも、アデノシンなど新たな成分も配合する意欲作なのですが、副作用や信頼性などに懸念はないのでしょうか?

ましてやミノキシジル16%ともなると副作用のリスクは無視できず、しかもフォリックスを製造するメーカーは新たな企業との話。

「興味はあるけどちょっと怖い」と感じている人も多いと思いますので、フォリックスFR16の副作用や信頼性、危険性などに焦点を当て詳しく検証してみたいと思います。

    目次
  1. フォリックスFR16って何?
  2. 製造メーカーの信頼性は?
  3. 成分から考えられる効果
  4. フォリックスFR16の副作用
  5. フォリックスFR16はお得なのか?
  6. フォリックスFR16に対する個人的見解
  7. フォリックスFR16の総評・まとめ

フォリックスFR16って何?

従来のポラリスシリーズは海外製の育毛剤の中でもかなりの人気と知名度を誇っていたためご存知の方も多いと思いますが、フォリックスと聞いても「知らん」という人がほとんどなのではないでしょうか?

それもそのはず、フォリックスはポラリスが市場を急速に縮小するのと時を同じくして出てきた、いわば「代替品」であり、ブランドも2017年に立ち上げた新しい育毛剤だから。

ポラリスにはミノキシジル5~16%までの5種の育毛剤が存在し、品番的にはNR-07~11までがそれにあたりました。フォリックスではこれに女性用と思われる2%を含め計6種が存在し、商品名の数字はミノキシジル濃度を示すように。

中でも「最強」と名高かったのがミノキシジルを16%配合するポラリスNR-10で、フォリックスではFR16がそれに該当します。

今後はこのフォリックスがポラリスに代わると目されているものの、ぽっと出の新ブランドに不安を感じる人も多いのではないでしょうか。

製造メーカーの信頼性は?

ポラリスNR-10とフォリックスFR16はミノキシジルやフィナステリドなど主な成分が同じで、しかもポラリスの独自技術とされた「リポスフィアテクノロジー」を採用していることから、「同じ会社が製造?」という印象を受けがち。

しかしこの2つは別々の会社のもの。

ポラリスは「Polaris Research laboratories(ポラリスリサーチラボラトリーズ社)」が製造・販売しているのに対し、フォリックスは「Sapphire Healthcare LLC(サファイアヘルスケアLLC)」というメーカーが製造・販売しています。

どちらもアメリカの会社で、かつ成分が似ている、リポスフィアテクノロジーを使用している点など共通点が多い事から、何らかの理由でポラリスの製造が難しくなり、別会社を立ち上げたのではないかという見方も。

これがインドなどの会社であれば「海賊版だろう」と見て間違いないでしょうが、訴訟大国のアメリカにおいてここまで酷似する商品を別の会社が販売することはちょっと考えづらいことから、この2社には何らかの深い関わりがあると見るのが自然でしょうか。

とはいえ、私達日本人から見ればぽっと出の企業が作っている感は否めず、実績のあるポラリスに比べれば信頼性は低いと言わざるを得ません。

せめてポラリス社とどういう関係があって、どういう経緯でフォリックスに移行したのかなどを詳しく説明してくれればいいのですが…

信頼性に関しては時間と共に解決する問題なのかもしれませんが、副作用のリスクがある発毛成分を高濃度で配合していることを考えれば、会社の詳細をもう少し公表して欲しいところ。

成分から考えられる効果

メーカーの信頼性についてはこれからの課題と評するとして、成分的にはどの程度の発毛効果が得られるのか。まずはフォリックスFR16の全成分を見てみましょう。

フォリックスFR16
成分
純水
プロパンジオール
ミノキシジル16%
ベヘントリモニウムメトサルフェート
セタノール
香料
フェノキシエタノール
ホホバ油
エミュー油
加水分解コラーゲン
スペアミント油
アゼライン酸
アデノシン
BG

PPG-26ブテス-26
PEG-40水添ヒマシ油
アピゲニン
オレアノール酸
ビオチノイルトリペプチド-1
プロパンジオール
レシチン
リン脂質
フィナステリド
グリセリン
ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド
トリペプチド-1銅
アロエベラ液汁
サフラワー油
水溶性コラーゲン
加水分解野菜タンパク
パンテノール
オタネニンジンエキス
ニンジン種子油
オリーブ油
水添野菜油

肝となる成分はミノキシジルとフィナステリドですが、アデノシンやプロキャピル、アゼライン酸など注目の成分を配合しているのもポイント。

これらの効果や副作用を個別に見てみると…

ミノキシジル

フォリックスFR16の象徴ともいえるのが16%という高濃度で配合するミノキシジルで、これを5%配合したリアップX5では下図のようなデータが出ています。

ミノキシジルの効果

5%でこれだけの効果が出るということは、16%を配合するフォリックスFR16はさらなる効果が望めると思って間違いないでしょう。

ミノキシジルは内服すると全身の毛が濃くなる「多毛症」が見られ、体毛が濃くなる現象はミノキシジルタブレットを服用する人の悩みの種でもありますが、頭皮の塗布することでその効果を頭皮に集中させることができます。

従来の5%のものと16%を比べた場合、効果をどの程度上乗せできるのか具体的なデータは示されていませんが、1%や2%のものより5%の方が効果が大きい事を考えれば、フォリックスFR16の効果も想像できるかと。

フィナステリド

プロペシアの成分であるフィナステリドは本来内服薬として使用されるもの。そんな同成分を配合しているのがフォリックスFR16の特徴でもあります。

フィナステリドの効果

フィナステリドの効果は、薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を作り出す5αリダクターゼを阻害するというもので、ミノキシジルと違い薄毛の原因に直接働きかけるのが特徴。

フィナステリドを頭皮に塗布してどの程度の効果があるのか示したデータは存在しないものの、ポラリスNR-10に0.1%配合され好評を博していたことを考えると、それなりに効果を期待できるものと考えられます。

副作用のリスクは考えられるものの、「とにかく効果が欲しい」という人にはありがたい成分なのかもしれません。

プロキャピル

かなり新しい成分で、名前の響きからキャピキシルを連想するかもしれません。

このプロキャピルはザガーロの成分であるデュタステリド同様、1型2型の5αリダクターゼを阻害する効果があります。ちなみにフィナステリドの阻害効果は2型のみ。

プロキャピルの効果

加えて血行も促進するなど育毛に必要な要素の多くを併せ持つ注目の成分。

海外では培養した毛包や臨床試験でも成果を上げており、キャピキシルやリデンシル同様徐々に育毛剤に配合されるようになるかもしれません。

アデノシン

フォリックスFR16では「その他の成分」的な扱いのアデノシンですが、日本では資生堂のアデノゲンやアデノバイタルといった人気の育毛剤のメイン成分として配合されています。

このアデノシンは厚生労働省に育毛効果があると認めら有効成分に指定されているもの。臨床試験を行い良好な結果も残しています。

プロキャピル同様ポラリスNR-10には入っていなかった成分。

フォリックスFR16の副作用

フォリックスFR16はミノキシジル16%に加え様々な有効成分を配合しているため、効果面で見れば非常に魅力的に見えますが、副作用も忘れてはなりません。

アデノシンやプロキャピルは育毛剤にも使用される成分で副作用の心配はほとんどない一方で、やはり心配なのはミノキシジルとフィナステリド。

これら成分で考えられる副作用を詳しく見てみましょう。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは発毛剤として開発されたものはなく、元々は血圧を下げるための血管拡張剤であるため、発毛効果と共に以下のような副作用が出る恐れがあります。

  • ■めまい
  • ■動悸
  • ■むくみ
  • ■顔など肌の潮紅
  • ■血圧低下
  • ■心臓への負担

本来は血圧が高い人が使用する薬であるため、健康な人が使用すれば低血圧と、それに伴うめまいや動悸、むくみなどの症状が出る可能性があり、血圧を正常に保とうとする働きから心臓への負担も懸念されます。

ただしこれはあくまでの内服薬での副作用であり、フォリックスFR16のような外用薬の場合、これらの副作用リスクや危険性はかなり軽減されます。

とはいえそこは医薬品、当然リスクはゼロにはなりません。下記の表はミノキシジル5%を配合したリアップX5のものになります。

ミノキシジルの副作用

副作用のほとんどは塗った頭皮のかゆみや発疹などですが、その発現率は9%弱。注意書きには循環器系や代謝系の副作用の可能性も示唆されています。

ミノキシジル5%のリアップX5ですら副作用のリスクがあるということは、16%を配合するフォリックスFR16の副作用発現率はもっと高いものになるでしょう。

外用薬ですからほとんどは頭皮の炎症やかゆみといった軽度なものでしょうが、「万が一」の可能性もないとは言い切れません。もし血圧が下がったり動悸があったりすれば心臓に負担をかけるなどの危険性も無視できません。

ただ、ポラリスを含めても重篤な副作用は報告されていないので、過度に恐れる必要まではないと思いますけどね。

フィナステリドの副作用

プロペシアやフィンペシアに代表されるフィナステリドの副作用といえば、性欲減退や勃起障害(ED)などの性機能障害。男にとっては辛いことこの上ない。

しかし、ミノキシジル同様この副作用はあくまでも内服薬のもの。頭皮に塗布する外用薬の場合、そういった副作用はかなり弱まると予想されます。

とはいえ、フィナステリドを外用薬として使用している育毛剤はほとんど存在せず、臨床試験を行っているわけではないため、正確なデータが存在せずどういった副作用がどの程度出るのか分からないというのが実情。

フィナステリドは皮膚からもある程度吸収されると見られており、それは頭皮に塗っても効果があることの裏付けになっています。しかし妊婦が触れると胎児に悪影響を与える懸念が示唆されていることから、経皮吸収でも全身に影響を及ぼす可能性も。

フォリックスFR16に含まれるフィナステリドはそれほど多くない上に頭皮に塗布するため副作用のリスクはほとんどないものの、「100%出ない」と言い切れる根拠がないのも確か。

フォリックスFR16はお得なのか?

フォリックスFR16の価格についても見てきましょう。

商品名 送料 価格
フォリックスFR16 無料 5,180円
ポラリスNR-10 無料 5,180円

同じくミノキシジル16%のポラリスNR-10と全く同じ価格設定なので、これまでのユーザーであれば違和感なく移行することができるはず。

ミノキシジル5%のリアップX5プラスが約7,600円することを考えると、バーゲンプライスのように感じると思いますが、これはフォリックスFR16が安いというよりはリアップが高すぎるだけ。

一方、日本の育毛剤の中でも育毛サプリメントが付くとあって特にお得感があるチャップアップやイクオスあたりと比べると判断が分かれるところか。

育毛剤のみに効果であればフォリックスFR16に軍配が上がるでしょうが、チャップアップやイクオスが育毛サプリメントで体の内側から育毛できること、そして副作用がないことまで考慮すると…

この辺は相性や育毛に対する考え方も大きく左右するところなので一概に「どちらがお得」とは言い切れないものの、フォリックスFR16が必ずしも最上・最良でないことは確か。

フォリックスFR16に対する個人的見解

フォリックスFR16は基本的な成分はポラリスNR-10と同じであるため、これまでポラリスを使っていた人にとっては乗り換えもさほど問題にはならないでしょう。

ただ、フォリックスを製造するサファイアヘルスケアLLCは同商品が出回る2017年10月のわずか2ヶ月前に作られた会社とあり、どこまで信用していいのか分からない。いきなりこんな商品を作れるということはポラリス社や大手との関わりがあると見て間違いないので、この辺を明らかにしてくれるだけでも安心感は違うのだが。

それでなくても、ミノキシジルやフィナステリドといった副作用の懸念がある医薬品なのですから、メーカーの信頼性はバカにできない。

とはいえ、アメリカで製造される以上一定以上の品質は担保されると思われ、ミノキシジルやフィナステリドの副作用に関しても外用薬であればあまり神経質になる必要がないのも事実。

ぶっちゃけ7,600円出してリアップX5プラスを使うくらいなら、効果面・価格面においてフォリックスFR16を使った方が良いのは間違いない。

日本製のミノキシジルにどうしてもこだわるなら別だが。

フォリックスFR16の総評・まとめ

フォリックスとポラリスが併売しているのであれば、実績や信頼性のあるポラリスを選びますが、高濃度のミノキシジルを配合したものは現状フォリックスしか選択肢がありません。

幸い、フォリックスFR16はミノキシジルの本場であるアメリカ製とあって信頼性に大きな不安はないので、これまでポラリスを使っていた人、高濃度ミノキシジルに興味がある人は一度使ってみて効果や使用感を確かめてみるといいでしょう。

ただ、メーカーの信頼性うんぬん以前に、16%のミノキシジルやフィナステリドには副作用のリスクも存在します。フォリックスFR16は臨床試験をしていないだけに程度が分からない点も不安材料か。

そうはいっても育毛剤のみで効果を比べれば現状フォリックスFR16を上回るものは存在しないと言っても過言ではないので、とにかく効果の大きい育毛剤が必要な人はフォリックスFR16を、副作用や個人輸入に懸念を抱くなら育毛サプリメントが付くチャップアップやイクオスがおすすめになるでしょうか。

フォリックスFR16の詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧