ザガーロ 日本で唯一認可を受けたデュタステリド

2015年9月に厚生労働省の認可を受けたザガーロ

デュタステリド配合ザガーロ 日本で正式に認可された発毛効果のある成分はプロペシアに配合される「フィナステリド」とリアップなどの「ミノキシジル」の2つでした。

しかし2015年9月に第3の発毛剤となるデュタステリドを主成分とした「ザガーロ」が厚生労働省によって認可され、プロペシアなどのフィナステリド内服薬に大きな効果を感じなかった方の大きな希望となっています。

日本においてはフィナステリドなら「プロペシア」、ミノキシジルなら「リアップ」のみの認可となっており、これらの価格の高さから個人輸入でフィンペシアやカークランド、ポラリスといった海外のジェネリックを購入する動きが活発化しているものの、「信頼性」という面を重視するならやはり厚生労働省に認可された薬を選ぶべきでしょう。

そういった意味でもデュタステリドを主成分とする「ザガーロ」の存在は大きく、その効果からプロペシアに置き換わる可能性すら感じさせますので、ここでは期待の新星ザガーロについて徹底的に掘り下げてみたいと思います。

ザガーロの主成分であるデュタステリドとは?

まず疑問に感じるのは第3の発毛剤であるザガーロの主成分である“デュタステリド”はどういったものなのか?という点だと思います。

デュタステリドは名前の印象からも読み取れるようにプロペシアやフィンペシアの主成分で薄毛・ハゲ治療に効果のある発毛成分「フィナステリド」に近い働きを持っています。

その働きとは男性ホルモンである“テストステロン”を薄毛の原因となる“ジヒドロテストステロン(DHT)”に変えてしまう酵素「5αリダクターゼ」の働きを阻害するというもの。

この作用によってフィナステリドは世界中で薄毛治療薬として使われるようになったのですが、薄毛・ハゲの原因となる5αリダクターゼは「1型5α還元酵素」と「2型5α還元酵素」の2種類存在する事が分かっています。

2種類の5αリダクターゼ

フィナステリドが阻害できるのは「2型5αリダクターゼ」のみで1型5αリダクターゼに対する阻害効果はなく、それが「フィナステリドはある程度の効果や現状維持は認められるものの劇的な発毛はない」と言われる所以でもありました。

そんな中登場したデュタステリドはフィナステリド同様2型リダクターゼの阻害作用はもちろん、1型リダクターゼを阻害する効果もあるためフィナステリドを超える発毛剤としていっきに注目を集める事になります。

デュタステリドの効果

臨床試験でもデュタステリドを0.1mg配合したザガーロでフィナステリド内服薬として最も使われている1mgと同等の効果を示し、0.5mgに至ってはフィナステリドのおよそ1.5倍の効果を残しています。

■デュタステリドは1型・2型の5αリダクターゼ双方に阻害効果
■デュタステリド0.5mg配合ザガーロはフィナステリド1mgの1.5倍の効果

ザガーロの問題点やデメリット

そんな大注目のザガーロですが、2015年9月に厚生労働省に認可され同11月に発売予定でしたが、発売元であるグラクソ・スミスクライン社が「委託製造工場であるキャタレント社ベインハイム工場(フランス)において、フランス当局の指摘を受けたことにより、現在、新たな生産が停止している状況」として発売を延期しており、2016年2月現在においても販売の目処は立っておりません。

また価格面にも懸念があり、まだ販売されていないザガーロは価格も未定となっているものの、医療機関での処方ではプロペシアがいまだ1ヶ月6,000~7,000円かかる事を考えるとザガーロはかなり高価になると思われます。

ザガーロに個人輸入で買えるものがないため価格の予想は難しいものの、今現在プロペシアジェネリックとデュタステリド0.5mg含有のジェネリックの価格差が2倍近い事や、女性用育毛剤として人気のパントガールが個人輸入で6,000~7,000円である一方医療機関での処方は10,000~15,000円になる事を考慮すると、医療機関で処方されるザガーロ0.5mgは10,000円くらいになっても不思議はありません。

また、「デュタステリドはフィナステリドの1.5倍の効果」とは謳われるものの、それはあくまでもデータ上での話であり実際に使ってみた方による生の声や情報は不足しておりますので効果が未知数である事は否めません。

とはいえプロペシアなどにいまいち効果を感じない方などにとってデュタステリドを含有するザガーロの登場は大きな望みでもあり発売が待たれます。

■ザガーロは発売延期されており価格未定であるものの10,000円程度は想定内
■フィナステリドに比べ有意な差があるのかどうかのデータが出揃っていない

ザガーロの総評・まとめ

ザガーロはまだ発売されていないのであまりにも情報が不足しており現段階で色々と批評するのは難しい面があります。

個人輸入を用いればザガーロとまったく同じデュタステリド0.5mgの薬が買えるとあって、すでにそこでのレビューも活発に行われており否定的な意見は少なく概ね好意的に受け入れられているものの、これらの薬も新しい上に発毛剤は最低でも3ヶ月は使用しないと効果を発揮しないため、効果に言及する評価は少ないのが現状です。

ただ、今現在個人輸入で買えるデュタステリド0.5mg錠は最も安いデュプロストで100錠5,500円くらいとフィンペシアの100錠3,000円に比べれば高いものの、さらなる効果への期待も込めれば1ヶ月1,500円程度というのは十分許容範囲と思える額なのではないでしょうか。

私は現在フィナステリド内服薬としてフィンカーを4分割して服用しておりますが、これを使い終わったらデュタステリドを試してみようかと考えています。

デュタステリドが普及し効果が出揃うにはザガーロの発売が必須ですから、少しでも早い発売に期待し、また何か新しい動きがあれば追記したいと思います。

追記 : ザガーロが発売されました

2015年9月に正式に認可され同11月に発売される予定だったザガーロは、その後延期に次ぐ延期で「もう発売されないんじゃないか」という雰囲気が漂っていましたが、2016年6月13日から日本での販売が開始されました。

ただ、その値段はAGAクリニックなどでの処方でおよそ9,000~10,000円と予想どおり高価なものとなっており、またAGAクリニックでは特別な治療を行うわけではなく結局は薬に頼る事になるので、個人輸入を用いてデュタステリド内服薬を安く購入するというのもひとつの手だと思っています。

信頼性を優先しザガーロと同じグラクソ・スミスクライン社製の正規品アボダートですら3分の1の値段で購入できますし、ジェネリックでも構わないというならデュタスやデュプロストはザガーロの6分の1~8分の1の値段で購入できます。

商品名 内容量 価格 1錠の単価
デュタス 0.5mg300錠 12,477円(税込) 41.6円
デュプロスト 0.5mg100錠 5,137円(税込) 51.4円
アボダート 0.5mg30錠 3,221円(税込) 107.4円
ザガーロ 0.5mg30錠 10,000円前後(税込) 333.3円
(2016年6月現在)  

日本では30日分で6,000~7,000円するプロペシアも、フィンペシアに代表される個人輸入のジェネリックなら30日分1,000円くらいで買えるため非常に高い人気を誇っているのと同様に、ザガーロ発売によってデュタステリドの知名度が上がってくれば相当数が個人輸入に流れる事になるでしょう。

一度AGAクリニックに行くと分かりますが、適当に頭を見て問診して薬を出すだけと期待外れになる事も多いので、デュタステリドを使うにしても私は個人輸入で十分です。



当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧