ロゲインとカークランドの効果や価格の比較

ロゲインとカークランド、リアップの違いは?

日本ではミノキシジルを5%配合した外用薬といえば「リアップX5」ですが、その先駆けとなったのはアメリカ製の「ロゲイン」というミノキシジル外用薬で、これもリアップ同様ミノキシジル5%配合となっています。

そしてロゲインのジェネリック医薬品として作られたのが「カークランド」となります。

特許の切れていないプロペシアを特許に疎いインドが勝手に作ったジェネリック“もどき”のフィンペシアなどと違い、カークランドはアメリカの企業がロゲインの特許切れを待って正式なジェネリックとして作った信頼性の高いものです。

ロゲインとカークランドの違いに関しては製造会社と名前、価格くらいで溶剤を含めた成分は同一なため値段の安いカークランドは人気の商品となっています。

一方でロゲインとリアップX5はミノキシジル5%配合という面では同じでも、溶剤の違いによる使用感の違いなどが明確であり好みが分かれるところですが、価格面では下記のようにリアップX5が圧倒的に高くなっています。

ではロゲインやカークランドとリアップX5の使用感の違いや副作用はどうなのでしょうか?

べたつくリアップ、かゆみが出やすいロゲイン

使ってみると分かるのですが、比較的サラッとしているロゲインに比べリアップは粘性が高くドロッとしています。

これはベースになる溶剤の質によるものなのでしょうが、仕事前などにリアップを塗るとゴワゴワしてちょっと気持ち悪い感じになるのは否めません。

そう考えるとロゲインやカークランドのようにサラサラしていて乾きやすいというのはメリットのようにも感じますが、「サラサラしていて乾きやすい」というのは裏を返せば「垂れやすく浸透する前に乾いてしまう」ともなりかねません。

ロゲインやリアップX5の用法用量では1日2回となっていますので朝晩使う事となり、多くの場合人と接する機会の少ない夜であれば多少髪の毛がゴワゴワしたりしても構いませんが、これから仕事という朝にはちょっと気を使う事になるでしょう。

そして副作用は、リアップは前のページでも書いたように10%未満ながらかゆみや湿疹といった副作用が確認されていますが、ロゲインやカークランドはリアップより刺激の強いプロピレングリコールという溶剤を使っている事もあってリアップに比べかゆみやかぶれが出る頻度は高くなっています。

それ以外はロゲインでもカークランドでもリアップX5でも違いは特になく、初期脱毛や効果が出るまで時間がかかるもの同様です。

ロゲインとカークランドとリアップX5どれがいい

ロゲインとカークランド、リアップX5はどれもミノキシジル5%配合と薄毛・ハゲへの効果という面では大きな違いはないため、「どれが良いか?」と問われれば「何に重きを置くかによって異なる」と答えざるを得ません。

リアップX5のメリットは国産という絶対的な安心感と信頼感、そして思い立った時にドラッグストアなどでいつでも買える手軽さであり、デメリットは言うまでもなく「価格」となります。

一方でロゲインやカークランドのメリットは「価格」以外これといったものはなく、あえていうなら使用感の好みが関わってくるくらいで、デメリットは個人輸入という若干の胡散臭さが漂う購入方法と、それに伴う入手までのタイムラグでしょうか。

ロゲインやカークランドには「偽物がある」という情報もあり、もしその偽物を買い頭皮に塗ろうものなら悪化の可能性もあるわけですから、安心感を買うならやはりリアップX5が圧倒的であり、逆に価格にこだわるのであれば中途半端に安いロゲインではなくリアップX5の4分の1以下で済むカークランドを買うべきと考えます。

もしミノキシジル5%では物足りず「もっと濃度の高いものを」というのであれば次のページで取り上げる「ポラリス」という選択肢もありますが、ポラリスは最大濃度16%と効果を期待できる一方、副作用の可能性も高くなる事を覚悟しなければなりません。

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧