爆毛根 独自路線のミノ+デュタ外用発毛剤

珍しいデュタステリド配合外用薬の爆毛根

爆毛根 デュタステリド配合外用薬

頭皮に塗布する外用の発毛剤はミノキシジルがほぼ独占状態ですが、「爆毛根」はこれにデュタステリドを加えた珍しい発毛剤。とはいえ内服薬で使われる事の多いデュタステリドを頭皮に塗って効果があるのでしょうか?

ミノキシジルに加えデュタステリドを配合した外用の発毛剤というのは珍しいものの、ドクターゼロの5HP・7HPも同様なので、それとの違いも気になるところ。

爆毛根の成分のベースはミノキシジルなので効果は十分に期待できるでしょうが、ミノキシジル外用薬であればもっと安いものがいくらでも存在するため、デュタステリドの効果とそれ以外のメリットを見極める必要があります。

価格面も考慮し爆毛根に使う価値はあるのか徹底検証してみたいと思います。

爆毛根ローションの成分

爆毛根にはミノキシジルを5%配合したものと7%配合したものの2種類存在するため、併せて成分を見ていきたいと思います。

爆毛根ローション5% 爆毛根ローション7%
有用成分
ミノキシジル硫酸塩 5%
デュタステリド 0.1%
オキシトシン 0.1%


ミノキシジル硫酸塩 7%
デュタステリド 0.1%
オキシトシン 0.1%

ミノキシジル濃度以外何も変わらん。

しかもミノキシジル5、7%にデュタステリド0.1%、オキシトシン0.1%って完全に5HP/7HPと成分がかぶっています。まあどちらもポラリスを製造・販売する会社と同じグループ企業なので、別ブランドとして使い分けているのかもしれません。

爆毛根に配合される有効成分を簡単に解説しておきましょう。

■ミノキシジル

プロペシア(成分名:フィナステリド)に並ぶ発毛成分としてリアップシリーズのみが採用していることで有名です。日本で厚生労働省により発毛すると認められているのはフィナステリドとデュタステリド、ミノキシジルの3つしかありません。

最大の発毛効果を得るには内服薬として服用するのがベストで、本気で発毛させたい場合は海外製のミノキシジルタブレットを服用する人もいますが、そもそもミノキシジルは高血圧治療を目的とする降圧剤なので、低血圧やめまい、動悸、心臓への負担などの副作用が懸念されます。

そのため内服薬に比べ効果は低下するものの副作用のリスクがほとんどない外用薬として用いられるのが一般的。とはいえミノキシジル5%を配合するリアップX5では下図のように優秀な結果を残しています。

ミノキシジルの効果

爆毛根では5%と7%の2種類が用意されているため、5%のリアップX5以上の効果があるのは間違いありません。

■デュタステリド

2015年に日本で認可された第3の発毛成分。

プロペシアの成分であるフィナステリドと同じく前立腺肥大症の治療薬から転用された経緯を持ち、作用も薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成に関わる5αリダクターゼという酵素の働きを阻害するというもの。

大きく違うのは、従来のフィナステリドが2型の5αリダクターゼへの阻害効果しかないのに対し、デュタステリドは1、2型のどちらも阻害する点で、DHTの生成をより強力に抑制することができます。

デュタステリドの効果

一般的にデュタステリドは内服薬で使用されますが、妊娠している場合、お腹の胎児の生殖器成長に悪影響が出る可能性があるとして妊婦はフィナステリドやデュタステリドに触ることすら禁じられているように、皮膚から吸収されるとされています。

デュタステリドを外用薬で使用している発毛剤は非常に少ないためデュタステリドを頭皮に塗ってどの程度の効果を示すかは未知数な面はあるものの、ジェンヘアーにフィナステリド0.25%を主成分とした外用薬があるように、それなりの効果は期待できるかと。

■オキシトシン

「幸せホルモン」や「愛情ホルモン」などと呼ばれることもあるオキシトシン。

爆毛根や5HP/7HPに配合されており、説明文の中では「刺激性を持つ育毛成分がもたらす頭皮へのストレスを緩和する」とある。

オキシトシンにストレスを解消・軽減させる効果があるのは確かですが、それってセロトニンなどと同じように心理的な面での作用で、物理的なストレスではないんじゃないかとツッコミを入れたくなった。

…まあストレスを軽減して間接的に育毛をサポートしようという感じか?

エアレスポンプと小分けが特徴

爆毛根の特徴のひとつとしてエアレスポンプというものがあります。

爆毛根のエアレスポンプ

これは上図のようにボトル内にピストンが入っており、内容量が減るにつれ上昇することによって空気に触れないような仕組みになっています。

新鮮な醤油は赤い…的な?

バリバリの化学物質であるミノキシジルやデュタステリドが多少空気に触れたからといって劣化するかどうかは議論の余地がありそうが気もしますが、まあ触れないよりはマシなのでしょう、きっと。

■容器が12本に分かれている

一般的なミノキシジル外用薬の内容量はほとんどが1本60mlとなっており爆毛根も同様に60mlながら、それは“合計”であり厳密には5ml×12本となっています。

上記のエアレスポンプに加え容器を12本に小分けすることにより空気接触を極力避け常に新しいものを使えるようにという考えからこうなったらしい。

一つひとつの容器が小さいため持ち運びに便利というメリットもあるらしいが…こだわるところが微妙にずれている感も否めない。

爆毛根の副作用

爆毛根に使われるミノキシジルやデュタステリドは発毛効果が見込める強力な医薬品であるがゆえに、副作用のリスクも考慮しなければなりません。

この2つの主な副作用は以下のようになっています。

ミノキシジル デュタステリド
副作用
めまい
むくみ
低血圧
顔の潮紅
多毛症


性欲減退
勃起障害
射精障害
乳房障害

ただしこれらはあくまでも内服薬として服用した場合のものですので、外用薬である爆毛根でこれらの副作用が出る可能性はほとんどありません。

出てもせいぜい肌に合わないことによる頭皮のかゆみやかぶれ程度がほとんどですが、商品の注意書きには胸痛やめまいなどが出る可能性に言及しています。

ただ、これはあくまでも万が一の場合の予防線であり、「発毛剤を使った」という思い込みによる症状以外でこういった副作用が出る可能性はほとんどないと思っていいでしょう。

最も気を付けるべきは妊婦や乳児には絶対に触れさせないこと。

男性が外用薬として使う分には副作用のリスクは少ないものの、胎児や乳児の生殖器の成長を阻害する可能性があるデュタステリドが入っているため、妊娠している女性や乳児に触れさせるのは禁忌です。

そういった家族がいる人は影響が出ないよう妊婦や子供が立ち入らない部屋で使うなどの対策をするようにして下さい。

爆毛根の価格

5、7%のミノキシジルに加えデュタステリドも配合しているという希少な外用薬である爆毛根ですが、価格はどうなっているのでしょうか?

商品名 内容量 送料 価格
爆毛根ローション5% 5ml×12本 無料 8,900円(税込)
爆毛根ローション7% 5ml×12本 無料 9,800円(税込)
(2017年4月現在)  

ハッキリ言って高い。

海外製の同等品に比べクソ高い日本のリアップX5ですら税込7,600円程度である一方、爆毛根はリアップX5と同じミノキシジル5%のものでも8,900円と割高。デュタステリドが入っているというアドバンテージはあるものの、もう少し安くならなかったものか。

エアレスポンプ構造や小分けにしていることによるコストもあるとは思いますが、最低でも3ヶ月は使わないと効果が実感できない発毛剤においてこの価格はちょっと厳しいかなという印象を抱かずにはいられません。

同社のほぼ同じ成分である5HP/7HPが5,000円前後ですから、やはり割高感は否めないのかなと。

海外製発毛剤としては珍しい返金保証付き

ほぼ同じ成分の5PH/7HPに比べ割高感のある爆毛根ですが、エアレスポンプ以外にも30日間の返金保証を行っているという強みがあります。

イクオスなど日本の育毛剤では常識である返金保証も、個人輸入で購入する海外製の発毛剤としては極めて珍しく、「頭皮に合わなかった」「やっぱいらね」など万が一の事態において返金してくれるというのは大きなメリットです。

対象は1箱のみで、返品の送料はこちらが負担、事務手数料として2,500円が差し引かれるため、8,900円の5%での返金額は6,400円、9,800円の7%で7,300円が返金され、そこに送り返す分の送料がかかる…といった具合。

日本の育毛剤の全額返金保証に比べ条件はあまり良いとは言えないものの、返品の送料含め3,500円程度で爆毛根を試すことができるというのは大きな強みなのではないでしょうか。

爆毛根の総評・まとめ

ミノキシジルを使った外用薬は個人輸入を用いればいくらでも選択肢があるものの、デュタステリドを配合しているものとなれば選択肢はかなり限られるため、そういった意味で爆毛根は魅力的な商品と言えます。

ただ、やはり価格はかなりのネック。

成分的にほぼ同じである同社の5HP・7HPが2017年5月現在5,000~5,500円で買えるのに対し、爆毛根は8,900~9,800円と4,000円ほど高い。

しかも5HP/7HPは爆毛根と同等のミノキシジルとデュタステリド、オキシトシンに加え高濃度の馬プラセンタも配合しているため、成分的には爆毛根のほうが劣っていることになります。

エアレスポンプと5mlずつ小分けにしている事による「空気に触れず劣化を抑える」という点、そして30日間の返金保証に対応しているという点に4,000円割増の価値を見いだせるかどうかが焦点になるでしょうか。

そこに価値を見いだせるなら爆毛根を、そこまでする必要はないという人は5HP・7HPを選択するのがベストという結論になります。

ちなみに、ミノキシジル5%と7%のどちらが人気かというと、爆毛根、5HP/7HP共に7%の方に人気が集まっています

リアップX5に代表されるミノキシジル5%というのは世界的に“最低基準”となっていますので、デュタステリドを配合しているとはいえミノキシジル5%では物足りないという事なのでしょう。参考にして下さい。

爆毛根ローションの詳細

ドクターゼロ7HP・5HPの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧