発毛剤と育毛剤を効果・価格で徹底比較

そもそも発毛剤と育毛剤って何が違うの?

薄毛が気になってきた方にとって救世主となるであろう発毛剤と育毛剤。

えっ、同じものなんじゃないの?

そう感じる方も多いかもしれませんが、この2つには明確な違いがあり、発毛剤に関しては医療機関でも処方されるプロペシアの主成分である「フィナステリド」とリアップなどに配合される「ミノキシジル」の2成分のみとなっており、日本での扱いはどちらも“医薬品”です。

一方、育毛剤は厚生労働省が「育毛効果があるよ」と認可した成分を決められた量配合し、なおかつ各社が独自に色々な成分を配合したもので、分類はほとんどが“医薬部外品”となります。

ちなみに最近注目されているキャピキシル配合育毛剤は「厚生労働省に認可された成分を決められた量配合」という部分をクリアしていないので厳密には“化粧品”なのですが、ややこしいので便宜上育毛剤と呼びます。

つまり発毛剤と育毛剤の違いをザックリ書くと…

■発毛剤 … フィナステリドとミノキシジル
■育毛剤 … それ以外

…となります。

そして発毛剤と育毛剤、どちらが効果が高く価格面で優れるのかについて書いていきます。

発毛剤と育毛剤、髪を生やす効果が高いのは?

誰もが一番気になるのは「発毛剤と育毛剤、どちらの効果が高いのか?」という点だと思われますが、言うまでもなく“発毛剤”です。

まずフィナステリドやミノキシジルといった発毛剤は世界的かつ医学的に発毛効果…つまり髪が生えなくなってしまったところから新たな毛を生やす効果が認められています。

一方の育毛剤は成分紹介で「ミノキシジルと同等の育毛効果」といったような比較をする場合もありますが、比べるのは育毛効果…つまり今ある毛をより太く早く育てる効果を比べているに過ぎず、ちょっと的外れな感は否めません。

ただ育毛剤は発毛効果を謳ってはいけないと薬事法で決められているため、実際に発毛効果があったとしてそれを謳う事は出来ず育毛剤の効果は“未知数”と言わざるを得ないというのが現状です。

また、育毛剤の大きなメリットの1つに副作用が無い事が挙げられるのですが、強い作用を持つものには副作用があるのは当然で、この「副作用が無い」というメリットは考えようによっては「効果が無いからでは?」と思わせるデメリットにもなっている気がします。

現状では髪が生える根拠を示す事ができる成分はフィナステリドとミノキシジル以外になく、育毛剤に使われる成分はあくまでもメーカーなどが自称する参考値や自社データです。

今現在フィナステリドとミノキシジル以外に発毛効果が最もありそうな成分というのは、日本でも注目されボントレスローションという海外製の育毛剤も存在するキャピキシルだと思われます。

■今現在発毛効果が認めれれるのはフィナステリドとミノキシジルのみ
■フィナステリド、ミノキシジル以外で最も注目されるのはキャピキシル

サプリメントが付属する育毛剤と発毛剤の比較

今現在人気の高い育毛剤はチャップアップやブブカ、イクオスなど定期コースで育毛サプリメントが付属するもので、育毛剤単体では発毛剤に敵わなくとも体の内部から育毛をサポートするサプリメントを付ける事で高い効果を期待させるもの。

一方、発毛剤は多くの方がプロペシアなどのフィナステリド内服薬と頭皮に塗布するミノキシジル外用薬を併用しており、構図としてはフィナステリド内服薬+ミノキシジル外用薬vs育毛剤+育毛サプリメントの様相を呈しています。

どちらも「内服+外用」と体の内外から発毛や育毛にアプローチするという構図ながら、少なくとも“発毛効果”という観点から見れば当然ながらフィナステリドとミノキシジルに軍配が上がります。

というのも、サプリメントが付属し人気の育毛剤であるチャップアップやブブカ、イクオスはあくまでも“育毛剤”ですから発毛の根拠はなく、また育毛をサポートするサプリメントも髪の毛の成長に必要な栄養素を補うという性質のもので、フィナステリド内服薬のように薄毛を引き起こす男性ホルモンの生成を抑制するといった明確な根拠に乏しいからです。

育毛剤とサプリメントにある程度の育毛・発毛効果があると仮定しても、発毛において現状考えうる最強の組み合わせであるフィナステリドとミノキシジルに勝負を挑むのは分が悪いと言わざるを得ません。

■医学的根拠のない育毛剤+サプリメントは発毛剤に対して効果は薄い

発毛剤と育毛剤の価格は?

ヘアケア商品の使用を考える上で効果と共に忘れてはならないのが価格です。

発毛剤や育毛剤は効果が出るまで最低でも3~6ヶ月の期間を要し、しかもその効果を維持するには使い続けなければならないため月々の費用は非常に重要な要素となります。

一般的に“効果の高さ”は価格に比例しますので、フィナステリドやミノキシジルといった効果の高い発毛剤は育毛剤に比べて価格が高くなると考えるのが普通で、実際医療機関でのプロペシア処方とリアップX5の併用といった日本製にこだわれば月々の費用は15,000円前後になってしまうため、サプリメントが付属するチャップアップやブブカ、イクオスの価格帯6,800~11,000円に比べると割高になってしまいます。

しかしプロペシアやリアップとまったく同じ成分を配合した海外製の製品を個人輸入すると状況は一変し、「最も安くお得に使える発毛剤の組み合わせ」でも取り上げているようにプロペシア+リアップX5と同成分が月々2,000~3,000円で収まってしまいます。

実際、本気で発毛に取り組んでいる方の多くは10年単位の超長期的な使用を視野に個人輸入を活用し負担を減らしています。

より効果の高い発毛剤が育毛剤よりずっと安い費用で使えてしまっては育毛剤に出番は無い…と考えても不思議はありませんが、そこには“副作用”壁が存在し必ずしも発毛剤が良いとは言い切れない背景があります。

■個人輸入を活用すれば効果・費用共に発毛剤が圧倒

発毛剤・育毛剤のメリットデメリット

発毛剤と育毛剤を比較した時、効果の高さと個人輸入を用いた場合の費用の安さからすべての面において育毛剤に勝っているように感じますが、必ずしもそうではありません。

フィナステリドは前立腺肥大患者向けの治療薬、ミノキシジルは高血圧患者に向けた血管拡張剤という生い立ちがあり、それゆえに副作用はフィナステリドで勃起障害や精液の低下といった性機能障害、ミノキシジルで低血圧やめまいなどの副作用が出る恐れがあります。

一方の育毛剤は医薬品からの転用ではなく純粋に髪や頭皮に良い成分を配合しているため副作用が無く、育毛サプリメントに関しても基本は栄養補助食品ですからこちらも副作用の心配はなく、むしろ様々な栄養素を補給する分体にとってプラスになります。

この事から「効果が高くどうしても髪の毛を増やしたい人が使う発毛剤」と「育毛と体への負担のバランスを考えた育毛剤」という住み分けが出来ていると言えるのです。

私なりにひとつの提案として…

■恋を諦めない独身男性は発毛剤
■一通りの事はやった既婚男性は育毛剤

…という考え方もありだと思います、乱暴ですが。

また、先日「17型コラーゲン」の消失による薄毛の原因解明と、それを基にした薄毛治療の可能性が発表されたように、これからさらに効果的な治療法が確立されると思われますので、それまで少しでも髪の毛や毛根を残しておくために発毛剤を使うという考え方も。

ご自分の置かれている状況・環境を加味し育毛・発毛に対しどこまで望むのかを今一度冷静に考え、そして適切な発毛剤・育毛剤を選択するようにして下さい。


当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧