ハゲは頭皮のコラーゲン減少が原因と医学的に解明

薄毛の原因を東京医科歯科大学が解明

薄毛の原因が解明した? 男性にとって薄毛やハゲは切っても切れない関係で、大半の男性は遅かれ早かれハゲてしまいます。

プロペシアなどのフィナステリドやミノキシジルといった医学的に認められた治療薬があり、昔に比べれば薄毛治療は進歩しているものの、劇的に回復するには至らず、良くても「ある程度」の回復に留まってしまっているのが現状です。

そんな中2016年2月5日に衝撃的なニュースが飛び込んできました。

東京医科歯科大学の西村栄美教授らがマウスを使った実験で薄毛の原因を突き止めたと言うのです。

17型コラーゲンの減少がもたらす薄毛のメカニズムとは

その仕組みとは加齢と共に髪の毛を作り出す毛包幹細胞の働きが弱まってくるというもので、最終的にはこの毛包幹細胞は毛穴から排出されてしまい、毛穴も小さくなっていくという。

その鍵を握っているのが「17型コラーゲン」というもので、加齢や老化により17型コラーゲンを分解する酵素が多く分泌されるようになると毛包幹細胞が縮小していき、最終的には毛が生えなくなってしまうそうです。

17型コラーゲン分解による薄毛

これは男性のみならず女性にも起こる現象である事が研究で判明しており、薄毛になりにくい女性であっても加齢による髪の減少は避けられないようです。

この17型コラーゲンを失われないように出来れば毛包幹細胞や毛穴の維持が期待できると見られるため、この研究結果を元に5~10年を目処に治療薬を開発したいとしています。

17型コラーゲンと薄毛の関連についての報道を受けて

今回の東京医科歯科大学の発表は「薄毛の原因の解明」という事で非常の興味深く、また期待の出来るものですが、気になるのは現在薄毛の原因の多くを占めるとされるテストステロンや5αリダクターゼ、そしてジヒドロテストステロン(DHT)の文言が一切出てきていない事です。

これはどういう事なのか?

これまで薄毛の原因とされたDHTと今回の17型コラーゲン云々は時間軸が異なり、DHTが働く事によって毛包幹細胞の働きが弱くなったり17型コラーゲンが分解されてしまうという事なのでしょうか?

それともまさか今までのDHTによる薄毛という説は間違っていたという事なのか?

しかしそれではプロペシアなどの主成分であり5αリダクターゼの働きを弱めDHTの生成を阻害する作用のあるフィナステリドの効果も無い事になってしまいます。

とりあえず現段階では情報が少なすぎて見えてこない部分も多いので続報が待たれますし、なにか新たな動きがあった場合は改めて紹介したいと思います。

もし仮にこの解明により画期的な治療薬が出てくるとしても、それが5年後10年後では髪が残っている保証などどこにもないんだが…もっと早くしてくれないかな…

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため高い人気を集めています。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧