話題の育毛成分M-034に発毛効果は?

ブブカやチャップアップでおなじみのM-034

チャップアップやブブカ(BUBKA)を紹介するサイトで必ずといっていいほど目にするのが「M-034」という成分。

チャップアップもブブカも様々な育毛成分が入っている中でM-034がなぜこれほどまでに注目されるのでしょうか?

M-034の効果を謳う上でお決まりのように出てくる図があり、それが以下のものになります。

M-034の効果

チャップアップやブブカを紹介するサイトでやたら目にするこの画像の出所はブブカの公式サイトで、ブブカではこのデータを根拠に大々的に広告しています。

ブブカのサイトではこのデータの出所として「岐阜本単研究所調べ」と書いていますから一応ちゃんとしたデータなのは間違いなさそうです。

そして信憑性のあるこのデータを見るに、確かにミノキシジルと同等レベルの効果があるとされていますが、本当にそうなのでしょうか?

M-034のデータに隠されたカラクリ

何も考えずこのデータだけを見れば確かに「すげ~」となりそうなものですが、上の図の赤線の部分を見ると「グラフは同一対照(人物の)頭髪部分を五厘刈りに剃り、生えてくるスピードを実験した結果です」とあります。

ん? 生えてくるスピード勝負?

確かに「育毛」や「育毛剤」の定義についてはこちらでも書いたとおり「脱毛を抑えつつ毛根や毛母細胞などに働きかけ髪の毛の成長を促しヘアサイクルを正常化、太くコシのある髪の毛を生み出す事を目的としたもの」となっていますから、髪の毛の伸びるスピードが早まる事を「育毛」と言ってもなんら間違いではない。

でも…チャップアップやブブカなどを使う方が求めるのはおそらく髪が抜け落ちてしまったところから再び髪を生やす「発毛」の方だと思います。

まあそれを言ってしまったら発毛させたいのに、なぜ発毛剤ではなく育毛剤を使っているのか? という話になってしまいますが。

話を戻しますが、上記のデータはミノキシジルとM-034の“発毛力”を比べたものではなく“育毛力”を比べたものに他ならず、発毛させる事を第一の効果、目標としているミノキシジルとは方向性が全然違います。

ミノキシジルは発毛させるために使う医薬品であり、その発毛という部分をバッサリと切り捨て「M-034はミノキシジルと同等の育毛力で副作用の心配もありません」という文言には若干違和感を感じます。

正直、上記のデータやそれを使った商品の宣伝というのは言葉のマジックを巧みに使い髪が生える(発毛する)と錯覚させている印象すら与えかねません。

ただし、確かにこれらを勘案すれば上図のようなM-034のデータを全面に押し出して宣伝するのは悪意を感じる部分もあるのですが、チャップアップやブブカといったM-034を使う育毛剤の立場になると別の見方もできます。

■M-034が着目しているのはミノキシジルの「発毛力」ではなく「育毛力」
■発毛が売りのミノキシジルとは土俵が違う印象を受ける

M-034のデータは育毛剤の宣伝の限界ではないか

世の中に出回っている育毛剤のほとんどは「医薬部外品」であり、これはチャップアップやブブカ、ポリピュアといった大人気の育毛剤も同様です。

医薬部外品の育毛剤は効果や効能に「育毛」「発毛促進」とは謳えても「発毛」とは謳えず「髪の毛が生える」と書いてしまうと薬事法違反になるので、「効果を実感」とか「納得の効果」といった曖昧な表現しかできないという背景があります。

つまり上図のデータでも発毛剤であるミノキシジルと同等の効果とは謳えないため「ミノキシジルと同等の育毛効果」と表現するのが精一杯で、実際は発毛効果もある…という見方もできなくはありません。

育毛剤が発毛効果を明記できない以上、可能な限り発毛を匂わすそれっぽい表現をするしかなく、それが結果として上図のような胡散臭いものになったのかもしれません。

「ミノキシジルは高い効果があるからこそ副作用もあるのだ」という意見もありますが、そもそもミノキシジルの発毛効果が「多毛症」という副作用であり、本来は高血圧患者向けの血管拡張剤である事から副作用は強いに決まっています。

ゆえに育毛や発毛を目的として研究された成分とミノキシジルを同列に語るのには違和感があり、副作用がほとんど無い発毛剤があっても不思議ではありません。

■医薬部外品の育毛剤は発毛効果を謳う事は出来ないため育毛効果の比較に

M-034に発毛効果はあるのか?の結論

私自身M-034配合育毛剤であるイクオスを数ヶ月使ったことがあるのですが、フィンペシアとの併用であったため厳密にM-034が発毛効果の面でもミノキシジルに匹敵する効果があるかどうかまでは実感できませんでした。

ただイクオスを使用するにあたりそれまで使っていたミノキシジル5%配合のカークランドと入れ替える形になったのですが、育毛剤や発毛剤の切り替えの際にありがちな初期脱毛は無く、またカークランドで感じたかゆみなどの副作用が無くなったのも事実です。

イクオスは定期コースでノコギリヤシや亜鉛などが配合されるサプリメントが付属しており、イクオス切り替え後も徐々にではありますがM字部分に産毛が生えてきたのがフィンペシアの効果なのか、それともイクオスのM-034やサプリメントの効果なのは判断しづらいのですが、カークランドからイクオスに切り替えた事によるネガティブな部分を実感する事はありませんでした。

結論としては「M-034がミノキシジルと同等の効果」というのは若干胡散臭さを感じるものの、M-034を配合する人気の育毛剤であるチャップアップやブブカ、イクオスはどれも定期コースでは育毛効果の期待できるサプリメントを付けており、これを含め実際に使用した実感としてはミノキシジル配合の発毛剤と比べ特に劣っている面はないというものでした

これは付属のサプリメントが亜鉛やアミノ酸、ノコギリヤシなど髪の毛の成長に欠かせない栄養素を含んでいる効果も大きいと感じるものの、これらは従来のミノキシジル外用薬とは違う発毛アプローチであり、ミノキシジルに限界を感じている方などは試してみる価値は十分にあると感じさせます。

個人的にM-034単体で見ればあくまでも育毛剤の域を出ないものであり発毛効果に多大な期待するべきではなく、プロペシアやフィンペシアといった発毛剤の補助、もしくはリアップやロゲインなどのミノキシジル外用薬が肌に合わなかった、副作用が心配といった方が使うべきものと考えます。

しかし付属するサプリメントを含めた総合的な観点から見ればその効果は決して馬鹿に出来るものではなく、食生活や生活習慣に薄毛の大きな原因があるような方であればむしろこれらの育毛剤の方が効果があるのかもしれないと感じさせるには十分な内容と感じました。

■M-034単体で見た場合の効果は現状では未知数
■M-034育毛剤の多くに付くサプリメントを含めれば効果は十分に期待できる

チャップアップの詳細

無添加育毛剤イクオスの詳細

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため高い人気を集めています。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧