育毛剤の有効成分とその他の成分の違いや効果

育毛剤で重要なのは有効成分? その他の成分?

育毛剤の有効成分とその他の成分 世の中には多くの育毛剤が存在しその成分や成分量は様々で、商品によってすべての成分が10種類未満のものから50種類を超えるものまであり、それら成分はどの育毛剤も「有効成分」と「その他の成分」の2つに分けられています。

その有効成分とその他の成分ですが、どんなに多くの成分を含有した育毛剤でも有効成分は概ね2〜4種で、ほとんどはその他の成分となります。

ではそもそも有効成分とはなんなのか?

有効成分と聞くと「育毛剤の成分の中で特に育毛させる力が強い主要な成分」という印象を受けますが、これは若干正解でもあり、大半が外れでもあります。

育毛剤の有効成分とは具体的にどんなものなのか?

実は育毛剤における有効成分には明確な定義があり、薬事法のもとに厚生労働省によって育毛に有効であると承認を受けた成分という事になります。

そしてその育毛に有効であると承認された有効成分を含有して初めて「育毛剤」と名乗る事が許され、またその有効成分は有効性や安全性を確保するため配合量が決められており、勝手にそれを変更する事はできません。

いくつかの育毛剤の成分表を見た事がある方なら「どの育毛剤も有効成分が似通っているな」と感じた事があるかもしれませんが、それもそのはず、薬事法で承認された育毛に関する有効成分はそれほど多くないからです。

中でも一番目にする有効成分が「センブリエキス」で、次いで「グリチルリチン酸」あたりでしょうか。

ちなみにグリチルリチン酸は「グリチルリチン酸ジカリウム」「グリチルリチン酸2K」「グリチルリチン酸二カリウム」などいくつかの呼び方がありますが、すべて同じ成分です。

そして有効成分は血行促進作用や保湿作用、抗炎症作用であるものが多く、正直書いてしまうと「これで本当に髪の毛生えるの?」と感じてしまいます。

薬事法で承認を受けた有効成分も実際の育毛効果は「?」ですし、これだけではどの育毛剤も似たりよったりになってしまうため、育毛剤を開発、発売しているメーカーは独自の成分を「その他の成分」として配合し効果を高めつつ他社との差別化も図っているのです。

育毛剤の特性や効果を決めるその他の成分

育毛剤を作るメーカーがその他の成分に力を入れているのは売れ筋の育毛剤の成分を見ても分かると思います。

代表的なものに成分表には「海藻エキス(1)」と表示しミツイシコンブから抽出されミノキシジルと同等の育毛効果を謳う「M-034」で、育毛剤の中でもトップクラスの人気を誇るブブカチャップアップイクオスといった育毛剤に配合されています。

一方、BOSTONスカルプエッセンスDeeper3Dザスカルプ5.0Cなどに配合され最近注目を集めている「ミノキシジルの3倍の育毛効果」を謳うキャピキシルも有効成分には入らないその他の成分なのですが、そもそもキャピキシル配合のものは、当サイトでも便宜上「育毛剤」として紹介しているものの、厳密には厚生労働省認可ではない「化粧品」となります。

その理由は…私も薬事法に詳しいわけではないのである程度は推測になりますが、有効成分が入っているものの規定の含有量になっていない、もしくはキャピキシル配合の育毛剤は配合量5%のものが多く、その他の成分を5%配合している時点で育毛剤とは名乗れないなどの理由だと思われます。

「有効成分に囚われず自由に成分を配合できる」なんて都合の良い解釈も散見され、仮に5%のキャピキシル配合が育毛剤NGなのであればその通りだと思われますが、育毛効果や訴求効果を高めた結果が「化粧品」とは何とも皮肉な話です。

育毛剤のその他の成分の効果は玉石混交

M-034やキャピキシル以外にも数多くのその他の成分があり、多くの育毛剤メーカーはこれを前面に押し出して効きそうな文言を並べますが、その他の成分は効果を認可されていない成分である事を忘れてはいけません。

効果が認可されていないから効かないという話ではなく、ちゃんとした効果のあるものもあるのでしょうが、ほとんど効果のない成分もかなり多いと思われその効果は玉石混交と言わざるを得ないでしょう。

一応有名で効果が高い、もしくは注目されている「その他の成分」を挙げると…

  • ■M-034
  • ■キャピキシル
  • ■オウゴンエキス
  • ■ピディオキシジル
  • ■ヒオウギエキス
  • ■ビワ葉エキス

…あたりでしょうか。

他にも色々とあるのですが挙げだしたらきりがありませんし、育毛剤の中では効果が高いとされるM-034やキャピキシルもミノキシジルやフィナステリドに比べればその効果には疑問を投げかけざるを得ず、個人的な感覚では「育毛剤はしょせん育毛剤であり、発毛剤には敵わない」と感じています。

もちろん、合う合わない、効く効かないは個人差が大きいので人によってはミノキシジルを配合したリアップなどより他の育毛剤のほうが効くという方もいらっしゃるでしょうし、あくまでもミノキシジルやフィナステリドの方が効くというのは統計的に見て…という話です。

少し話が逸れましたが、最後に有効成分とその他の成分についてまとめます。

  • ■有効成分は効果があると厚生労働省に承認された成分
  • ■その数は多くないため多くの育毛剤で似たり寄ったりの成分になる
  • ■決まった有効成分を決まった量配合してはじめて育毛剤を名乗れる
  • ■その他の成分は効果があると認可を受けていない成分
  • ■上記の理由からキャピキシル配合の育毛剤は厳密には化粧品扱い
  • ■その他の成分は認可を受けていないため効果は玉石混交

どの育毛剤もあまり変わり映えしない有効成分に注目するよりは、その他の成分に注目し自分にとってベストな育毛剤を選ぶようにして下さい。

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため高い人気を集めています。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

おすすめ育毛剤


チャップアップ おすすめ育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 永久
初回割引 ×
1本購入 7,400円(税込)
定期コース 9,090円(税込)
■チャップアップの特徴
星の数ほどある育毛剤の中でもトップクラスの人気を誇るチャップアップ。中でもサプリメントが無料で付いてくる定期コースは非常に人気が高くなっています。
チャップアップの詳細ページへ チャップアップの公式ホームページへ
イクオス おすすめ育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 45日
初回割引 ×
1本購入 9,698円(税込)
定期コース 7,538円(税込)
■イクオス(IQOS)の特徴
2016年の大幅リニューアルで成分量は61種と倍増し「Algas-2(アルガス-2)」という注目の新成分も配合。定期コースの値下げも行い死角のない最強育毛剤に。
イクオス(IQOS)の詳細ページへ イクオスの公式サイトへ
当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事