ミノタブとプロペシアの併用は大丈夫?

プロペシアとミノタブの併用は副作用が心配

プロペシアやフィンペシアといったフィナステリド内服薬は日本の医療機関によるAGA治療にも用いられており、それだけに信頼性や安心感は確かなものです。

しかし薬である以上副作用は必ず存在し、プロペシアも例外ではありません。
プロペシアの副作用で主なものは以下のようになっています。

  • ■肝機能障害
  • ■性欲の低下
  • ■精子濃度減少 無精子症
  • ■勃起不全(ED) 射精障害

プロペシアやフィンペシアの主成分であるフィナステリドは本来前立腺肥大を治療する薬であり男性ホルモンに働きかけるため性欲の減退や勃起不全(ED)という男性としてはちょっと悲しくなる副作用が並んでいます。

ただプロペシアとプラセボ(偽薬)を用いて副作用の頻度を調べた臨床試験では大きな差異は認められず、副作用が出る頻度は1%未満となっており、この辺は日本で正式に認可されているだけあって心配するレベルではない事が分かります。

稀に重篤な副作用として肝機能障害が出るとありますが、この頻度は相当低く服用をプロペシアやフィンペシアだけに留めておけばあまり問題になりません。

しかしここにミノキシジルを併用するとどうなるのでしょうか?

ミノキシジルタブレットは本来血管拡張剤

薄毛・ハゲ治療に国内で認可を受けているプロペシアやリアップをはじめ、個人輸入などを用い海外製のフィンペシアやミノキシジルを使用する方はたくさんいらっしゃいますが、その多くは効果と副作用のバランスを考えプロペシアなどのフィナステリド内服薬とリアップやカークランドといったミノキシジル外用薬を併用しています。

本来高血圧患者向けの血管拡張剤であるミノキシジルですが、外用薬として頭皮に塗る分には血管拡張剤としての副作用はほとんど表れないからです。

しかしそれでもあまり効果を感じない場合、次の選択肢に入るのがより効果の強いミノキシジルタブレット(ミノタブ)というミノキシジル内服薬になります。

肌に直接塗布する外用薬であれば副作用は「かゆみ」や「かぶれ」「湿疹」程度の軽微なもので済みますが、内服薬となれば話は別で血管拡張剤としての顔を覗かせます。

現在「毛が生える」としてもてはやされ発毛剤として認識している方も多いミノタブですが、今現在も主作用は「発毛」ではなく「血管拡張による高血圧の改善」となっており、発毛に繋がる多毛症の方が副作用なのです。

血管拡張剤は高血圧の方の血管を広げ血圧を下げる薬ですから、発毛を目的とした健康な人間が飲めば低血圧やそれに伴う心臓への負担は想像に難くありません。

そして本題ですが、そんな副作用の心配があるミノキシジルタブレットとプロペシアを併用すると体への負担はどうなるのか?

プロペシアとミノタブの併用は肝臓に悪影響

冒頭で書いたプロペシアの副作用の中の「肝機能障害」ですが、確かにプロペシアやフィンペシアなどのフィナステリド内服薬だけを使用していれば心配するレベルではなく、リアップやロゲインといったミノキシジル外用薬を併用してもこれは変わりません。

しかしミノキシジル内服薬であるミノタブを併用すれば状況は違ってきます。

基本的に内服薬というのは胃で溶け出し小腸で吸収され肝臓に運ばれます。
肝臓にとって薬は異物ですのでそれを分解しようとしますが、薬などは分解されづらいよう作られており、それが血中に流れ効果を発揮し再び肝臓に戻り分解…という過程を踏み薬の血中濃度は徐々に低下していきます。

薬が体内に入ってくれば肝臓の仕事量は増え負担になりますが、肝臓は修復能力も備えていますから薬剤が少量であれば大きな問題にはなりません。

プロペシアの副作用に挙げられる肝機能障害をあまり心配する必要がないというのはこれが根拠なのですが、そこにミノキシジルという強い薬が追加されれば肝臓の負担は一気に増す事でしょう。

これが1ヶ月、2ヶ月程度の短期間であればまだ良いのですが、フィナステリドやミノキシジルによる薄毛治療は停止してしまうと、それによって維持、増量していた髪の毛は抜け落ち元に戻ってしまうため、その恩恵を享受するには健康体であるにも関わらず血管拡張剤や前立腺肥大の薬を半永久的に飲み続ける必要があります。(詳細はこちら

ただ、病気がちの方は多くの薬を日常的に飲んでいるわけですし、健康体であるがゆえに多少の薬を服用しても問題ないという考え方もできます。

プロペシアとミノタブの併用ならアルコールは適量で

とはいえフィナステリドとミノタブの併用は多かれ少なかれ肝臓にダメージを与えるのは間違いありませんので、これらを併用するならこれ以外の要素で肝臓に負担をかけないように心がけるべきでしょう。

真っ先に思い浮かぶのがお酒のアルコール。

アルコールも適量であれば肝臓で分解できますが、過度な飲酒では肝臓の処理能力が追いつかず大きな負担をかけますから、「髪の毛のためなら…」と言い聞かせ過度な飲酒は極力控えてください。

あとは高たんぱく高脂肪の食事を控える事でしょうか。
「肉ばっか食ってないで魚と草も食え」という事になります。

適度な飲酒や食生活の改善はそれだけでも薄毛の予防になりますので、プロペシアやフィンペシアとミノキシジルタブレットを併用するのであれば、肝臓の負担軽減と薄毛治療の相乗効果をモチベーションとし取り組んでください。

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため高い人気を集めています。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

おすすめ育毛剤


チャップアップ おすすめ育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 永久
初回割引 ×
1本購入 7,400円(税込)
定期コース 9,090円(税込)
■チャップアップの特徴
星の数ほどある育毛剤の中でもトップクラスの人気を誇るチャップアップ。中でもサプリメントが無料で付いてくる定期コースは非常に人気が高くなっています。
チャップアップの詳細ページへ チャップアップの公式ホームページへ
イクオス おすすめ育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 45日
初回割引 ×
1本購入 9,698円(税込)
定期コース 7,538円(税込)
■イクオス(IQOS)の特徴
2016年の大幅リニューアルで成分量は61種と倍増し「Algas-2(アルガス-2)」という注目の新成分も配合。定期コースの値下げも行い死角のない最強育毛剤に。
イクオス(IQOS)の詳細ページへ イクオスの公式サイトへ
当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事