フィナステリドやデュタステリドの外用は効く?

フィナステリドやデュタステリドといえば内服薬

フィナステリドやデュタステリドの外用薬の効果は?

男性用の発毛剤としてミノキシジルと並んで高い効果を示すのがプロペシアに代表される「フィナステリド」という成分で、5αリダクターゼの働きを阻害し薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制する効果があります。

また2016年3月に日本でザガーロが発売されたようにフィナステリド同様5αリダクターゼの阻害効果があり効果は1.5倍とされる「デュタステリド」が用いられた発毛剤も注目を集めています。

しかしフィナステリドもデュタステリドも内服薬が主であり、内服薬・外用薬両方で活躍しているミノキシジルとは一線を画しています。

なぜフィナステリドやデュタステリドの外用薬は少ないのか?
そして数少ないフィナ・デュタ外用薬の効果は?

フィナステリドやデュタステリド外用薬が少ない理由

ミノキシジルはリアップやロゲイン、カークランドなど発毛剤分野では外用薬として有名で、さらなる効果を求める人にはミノキシジル本来の用途である内服薬(ミノキシジルタブレット)での使用も積極的に行われています。

ミノキシジルの場合、効果はほどほどだが副作用の心配がほとんどない外用薬と、効果は抜群だが副作用への覚悟も必要な内服薬という棲み分けができていますが、フィナステリドやデュタステリドに関してはほぼ内服薬一本で外用薬は数える程度しかありません。

なぜフィナステリドやデュタステリドの外用薬は少ないのか?

これには諸説ありますが、少ない理由として考えられるものは…

  • ■フィナステリドやデュタステリドは頭皮に吸収されにくい
  • ■作用の問題から外用には向かない
  • ■これまで製薬会社が本腰を入れて外用薬の研究開発をしなかった
  • ■女性や子供への危険性を考えて

この辺をテーマに見ていきましょう。

フィナステリドやデュタステリドは頭皮に吸収される

まずもっとも安易に考えられる理由である「フィナステリドやデュタステリドは頭皮に吸収されにくいのではないか?」という問題ですが、ここでひとつ思い出されるのが「妊婦はプロペシアを飲むどころか触れることも禁忌」という点です。

これは妊婦がフィナステリドやデュタステリドを体内に取り込むと男児の生殖器の成長を阻害する恐れがあるためで、小さな子供も触れるべきではないとされています。

なぜ触れてはいけないのか?それは皮膚から吸収されるからです

コーティングされたものであれば一応大丈夫ではあるものの、分割などしてコーティングがない部分では触るだけで肌に吸収されることが分かっており、それはつまり「フィナステリドやデュタステリドは頭皮に吸収されにくい」という疑念を晴らすものでもあります。

錠剤の状態でもコーティングが剥がれれば肌に吸収されるので、ローションやクリームなどの外用薬ではそれなりの吸収が見込めるのは間違いないでしょう。

■妊婦は触ることすら禁止されるフィナステリドやデュタステリド
■錠剤でも肌に吸収されるのだからローションが頭皮に吸収されないわけない

作用として外用薬では効果を発揮しない?

フィナステリドやデュタステリドがある程度頭皮に吸収されるのは間違いないとして、問題は吸収された成分が発毛に結びつくかどうかです。

外用薬として多く用いられるミノキシジルはそもそもが高血圧患者向けの血管拡張薬で、その効果による血流の改善に加え副作用の1つである多毛症と相まって発毛すると言われています。

一方のフィナ・デュタは男性ホルモンに働きかけるものでミノキシジルとは「発毛剤」というくくりでは一緒でも作用という面ではまったく異なります。

薄毛の原因となるDHTを生成する5αリダクターゼは全身から分泌されるものの、特に前頭部から頭頂部にかけてや前立腺周辺に多いため、この働きを阻害する成分を頭皮に吸収させれば一定の効果を示しそうな気もしますが…

再び持ち出しますが、妊婦の手などから吸収されたフィナステリドが胎児の生殖器に悪影響を与える恐れがあることを考えると、フィナステリドやデュタステリドの外用薬には一定の効果が望めるのではないでしょうか。

なぜ製薬会社は外用薬を積極的に製造しないのか?

妊婦が触ることすら禁止されている事実などからフィナ・デュタの外用薬には一定の効果が望めそうなものですが、ミノキシジル外用薬を作る会社は世界中にあれどフィナステリド外用薬を作る会社はほとんど存在せず、議論は最終的にはここに行きついてしまうでしょう。

つまり、なぜ製薬会社はフィナステリド外用薬を作らないのか?

考えられる線は「検証・試験をしてみたものの思うような効果が出なかった」「コスト・費用対効果の面でうまみがなかった」あたりになるでしょうか。

発毛剤として比較的新しいデュタステリドならまだしも、長年使われてきて実績も十分なフィナステリドの外用薬を製薬会社が考えないわけはなく、それがほとんど登場していないのですから“商品化するに値しない大きな理由”があると考えるのが自然でしょうか。

それが効果面なのかコスト面なのかは、はたまたその両方なのか…

■製薬会社が商品化しない大きな理由があると考えるのが自然

フィナステリド・デュタステリド外用薬の効果は?

前述のようにフィナステリドやデュタステリドを使った外用薬は数少ないものの、いくつかは存在しています。

有名なのはミノキシジルの圧倒的な含有量で知られる「ポラリス」で、ミノキシジルを16%配合しもっとも人気の高い「NR-10」やミノキシジル12%配合の「NR-11」にはフィナステリドが0.1%配合されています。

また最近発売されたドクターゼロの「5HP」や「7HP」にはそれぞれミノキシジル5%、7%のほかにデュタステリドが配合されており、私が知る限りでは今現在デュタステリドを配合した外用薬はこれ以外知りません。

いずれも日本で有名なリアップX5と同等以上のミノキシジルをメインとした上でフィナステリドやデュタステリドを配合していることから、これら単体での効果は高くないと推測されますが、肌への吸収や胎児への影響が懸念されていることから多少の効果は期待できると考えます。

ポラリスなどはミノキシジルが十二分に配合されているためフィナ・デュタの効果を単体で抜き出すことは困難であるものの、現在販売が停止している純粋なフィナステリド外用薬である「ジェンヘアー フィナステリド0.25%ローション」が一定の評価を得ていることを考えれば、これらの外用薬も一定の効果はあると見るべき。

多くの男性に効果があるとされているプロペシアやミノキシジルでさえ「効く人もいれば効かない人もいる」という個人差があるように、フィナステリドやデュタステリド外用薬の効果にも個人差があると思われますので、現状の薄毛治療に限界を感じている人はフィナ・デュタの外用薬を試してみるという選択肢もあるのではないでしょうか。

≫[ドクターゼロ]5HP・7HPの詳細

【追記】ポラリス販売終了でフォリックスへ

他の追随を許さないミノキシジル濃度によって人気を集めたポラリスシリーズですが、商品の確保が難しいとのことで2017年8月から取り扱う個人輸入業者が減少してきました。

今後はほぼ同成分である「フォリックスシリーズ」に移行することが発表されており、これからはこちらが主流になりそうです。

フォリックスシリーズはポラリスシリーズとほぼ同じ成分を使用し、高い浸透力を実現する「リポスフィアテクノロジー」もポラリス同様に採用していることから、何らかの繋がりがある企業と推測されます。

ポラリスと違い商品名の数字はミノキシジル濃度を示すようになり、気になる価格も完全同価格での提供になりますので、今後はこちらを使用していただければと存じます。

フォリックスFR16の詳細

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため高い人気を集めています。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧