最も安くお得に使える発毛剤の組み合わせは?

とにかく安く発毛剤を使いたい

いざ覚悟を決めて発毛剤を使ってみようとしたけど、色々な商品があってどれを使っていいか分からないし、価格も様々で訳分からない。

そう感じていませんか?

一般的な認識では「発毛剤=効果も副作用も強い」というものだと思われ、発毛剤を使うにはちょっとした覚悟が必要になります。

特に発毛剤を使うにあたって最大のハードルは「一生使い続けなければならない」というものであり、これを覚悟すれば1つ使うより効果的な2つを併用しようと考えるのは自然な事。

だからこそ様々な発毛剤を価格の面で比べたらどっちの方が高いのかは気になる点なので、いくつかのパターンを用い比較していきたいと思います。

人気高いフィナステリド1mgとミノキシジル5%外用薬

発毛剤を使っている方において最も人気の高い組み合わせとなるのがフィナステリド内服薬1mgと5%のミノキシジル外用薬の併用です。

まずフィナステリド内服薬で最も価格が高いのは医療機関で処方される「プロペシア」で、個人輸入を用いた場合若干安くなるものの、それでもフィナステリド内服薬で最も高い事に変わりはありません。

一方、フィナステリド内服薬を最も安く使う事を考えるなら人気のフィンペシアでもフィナロでもなく「フィナステリド5mgのフィンカーを4分割して使う」になり、その安さは圧倒的なものになります。

具体的に故人輸入を用いた場合のプロペシアとフィンカー、そして参考にフィンペシアも交えて価格を比較してみます。

商品名 錠数 価格 1錠当たりの価格
プロペシア(オーストラリア) 28錠 4,591円 約164円
フィンペシア 100錠 3,090円 約31円
フィンカー4分割 100錠×4 4,347円 約11円
(2016年2月現在)    

以上のようにフィナステリド5mgのフィンカーを4分割して服用すれば1箱で1年以上持つ事になり、しかも1回あたり約11円と圧倒的に安くなります。

ただ、「ピルカッターなどで分割するのが面倒臭い」「綺麗に4分割できず効果にムラが出てしまう」という方も多く、この方法は賛否分かれるところです。

一方、フィンペシアやフィンカーが安いとは言ってもジェネリックである事に変わりはなく、信頼性が高く馴染みのあるプロペシアにこだわって使い続ける方もおり、この辺はもはや価値観によるところなのでしょう。

プロペシアは個人輸入を用いれば医療機関での処方より1か月分で2,000円ほど安く済みますし、しかも時間や診療代なども払わなくて済むため、高いとは言っても大人気商品である事は間違いありません。

■フィンカー4分割は圧倒的に安いが分割の手間やムラを嫌う方も多い
■あえてプロペシアを使い続ける方も

ミノキシジル外用薬はどうか?

一方、フィナステリド内服薬と併用している方が非常に多いミノキシジル外用薬は、いくつかの種類があり、ポラリスやジェンヘアーのような10%を超える濃度のものもあるので単純な比較は難しいものの、これらの最高濃度のものなども合わせ比較します。

商品名 内容量 ミノキシジル濃度 価格
リアップX5 60ml 5% 7,611円
カークランド 60ml×2 5% 3,557円
ポラリス 60ml 16% 5,180円
ジェンヘアー 60ml 15% 3,521円
(2016年2月現在)    

日本では唯一のミノキシジル外用薬として非常に有名な「リアップX5」も価格面では非常に高いと言わざるを得ず、これを使うくらいなら同じミノキシジル濃度で1本あたり1,800円に満たないアメリカ製のカークランドをおすすめします。

ミノキシジル濃度の高いポラリスやジェンヘアーに関しては、価格面ではジェンヘアーに軍配が上がるものの、使用感や知名度などからポラリスが好まれる印象を受けます。

個人的にはリアップX5と同じミノキシジル濃度のカークランドを使ってみて、効果がイマイチ感じられない場合はポラリスやジェンヘアーの使用を考えてみるというスタンスで良いのではないかと思います。

ちなみに、もしミノキシジル内服薬である「ミノキシジルタブレット」の使用を考えているのであれば、こちらはほぼ「ノキシジル」択一となり、これは最も含有量の多いミノキシジル10mgのもので100錠3,500円程度となっています。

※2017年9月現在、ジェンヘアーは販売終了、ポラリスも終了予定となっており、同成分のフォリックスシリーズに移行しています。

■リアップX5と同じミノキシジル5%であればカークランドをおすすめ
■より高い効果を求めるならポラリスやジェンヘアーという選択肢も

国産と個人輸入の価格比較

仮に国産のものでフィナステリド内服薬とミノキシジル外用薬を揃えようとすれば、医療機関で処方されるプロペシアとリアップX5以外の選択肢はありません。

その場合の費用は医療機関でのプロペシアが1錠200~250円、リアップX5が60ml1か月分7,500円として、毎月14,000~15,000円に診療代や処方代が加わったものになり、負担は馬鹿になりません。

一方、個人輸入であればプロペシアとリアップX5と同じ成分量のフィンカー4分割とカークランドの使用で1ヶ月2,000円強、フィンカーの分割を嫌いフィンペシアを用いたとしても3,000円でおつりがきます。

さらなる効果を求めミノキシジルタブレットを追加しても月額は+1,000円程度で済むので、ネットでしっかり情報収集している方は皆さん個人輸入で発毛剤を購入しています。

発毛剤が効果を示すのは使用している間のみであり場合によっては一生使い続ける必要があるので、コストや費用は長い目で見る必要があります。

国産と外国産、正規品とジェネリックの効果に差はありませんので、負担を少なく、かつ永く髪を維持するためにも毎月のコストは抑えるに越した事はありません。


当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧