プロペシアとミノタブ、効果が高いのはどっち?

ミノキシジルタブレットの本来の効果

薄毛やハゲを憂い本気で発毛に取り組んでいる方の多くはプロペシアフィンペシアといったフィナステリド内服薬とリアップなどに代表されるミノキシジル外用薬を併用しています。

しかしさらなる猛者は最強の発毛剤として名高いミノキシジル内服薬…いわゆる「ミノキシジルタブレット(ミノタブ)」を使用しておりますが、これは効果が高い一方で副作用も強いのが玉に瑕です。

当然プロペシアなどのフィナステリド内服薬にも副作用があり、この2つの併用は非常に高い発毛効果を期待できる一方で副作用の心配もつきまとい、その事から使用に二の足を踏んでいる方も多いと思います。

ここではこれからフィナステリド内服薬とミノキシジルタブレットの服用を考えている方、どちらか一方に絞って使ってみようと考えている方などを対象に、どちらの内服薬がより効果が高くおすすめかを比較してみたいと思います。

プロペシアなどフィナステリド内服薬の効果は?

フィナステリド内服薬とミノキシジルタブレットを比較するにあたり、まずはこの2つの効果をおさらいする必要があります。

まずプロペシアやフィンペシアに代表されるフィナステリド内服薬の効果から見て行きます。

多くの男性が悩まされる男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンである「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素と結びつく事よってジヒドロテストステロン(DHT)が生み出され、これが髪の毛の成長を阻害するという仕組みになっています。

AGAの仕組み

フィナステリドはDHTを生み出す原因となるテストステロンと5αリダクターゼが結びつくのを阻害する事によってAGAの進行を止め改善させるのが特徴となります。

プロペシアなどのフィナステリド内服薬は元々前立腺肥大の治療薬として開発された経緯があり、ゆえに男性ホルモンの働きを抑制するのが主な作用となっているのです。

■テストステロンと5αリダクターゼが結びつきDHTが生み出されAGAになる
■フィナステリドはテストステロンと5αリダクターゼの結合を阻害しAGA治療

ミノキシジルタブレットの効果は?

一方のミノキシジルタブレットの効果はどうなっているのでしょうか?

まず「ミノキシジル」という成分は高血圧患者に向け血圧を下げるために開発された“血管拡張剤”であり、元々は発毛とはまったく関係のない薬でした。

それが発毛剤として注目されるようになったのは体中の毛が濃くなる「多毛症」という副作用があったからで、ここに焦点が当たる事によって現在のミノキシジルは主作用が「発毛」、副作用が「血圧低下」という受け止め方をされています。

つまり男性ホルモンに働きかけるフィナステリドに対し、ミノキシジルは多毛症という副作用が主作用に変わっただけのものとなります。

これは頭皮に塗る外用薬でも服用するミノキシジルタブレットでも同様で、違いは「本来飲む事によって多毛症の副作用が出ていたのだから、飲んだ方が発毛効果が高い」というもの。

ただ、ミノキシジルの本分はあくまでも血管拡張剤であり、発毛を期待してミノキシジルタブレットを飲めば当然その効果も出てくる事になり、これがミノキシジルタブレットの副作用が強いといわれる所以になっています。

…副作用も何も、本来それが主作用なんですけどね。

■ミノキシジルは本来血管拡張剤であり発毛(多毛症)はあくまでも副作用
■多毛症が注目され発毛剤として使われるようになったが血管拡張効果は健在

プロペシアとミノタブはどちらの方が効果が高い?

上記を踏まえ改めてフィナステリド内服薬とミノキシジルタブレットどちらの方が効果が高いのかを考えてみます。

この2つは作用が全く異なり、また体質などの影響により人によって効果が違ってくるため単純な比較は難しいと前置きした上で、あえて比較をしてみると…

まずプロペシア等フィナステリド内服薬は男性ホルモンに働きかけるため、それが少ない女性に効果は無い事が実証されている一方で、ミノキシジルは女性にも効果があるという性質があります。

つまり薄毛の原因によっては効かない可能性もあるフィナステリドに対しミノキシジルタブレットは万人に効果が出やすいと推測でるでしょう。

ミノキシジルタブレットの発毛メカニズムが「多毛症」である事からも整合性は取れます。

一方、髪の毛のみならず体中の毛を濃くしてしまうミノキシジルタブレットに比べフィナステリドは薄毛を引き起こす男性ホルモンの生成を抑えるというピンポイントな性質があるため、明らかな男性型脱毛症(AGA)である場合はプロペシアの方が効果を発揮する可能性も考えられます。

しかし男性の薄毛やハゲは遺伝や体質が大きいとはいえ、生活習慣や食生活、ストレス、喫煙など様々な要因も無視できないため、あくまでも広い目で見た「統計的」という点ではミノキシジルタブレットの方が効果が高いと推測されます。

ただ、ミノキシジルが主に外用薬で使われる理由は副作用の強さが大きく寄与しておりますので、内服薬であるミノキシジルタブレットはフィナステリド内服薬より相対的に副作用は強いと考えておいた方がいいでしょう。

ちなみにミノキシジルタブレットを使っている方は基本的に「ハゲに比べれば副作用など些細な問題だ」という猛者なので、その多くは当然のようにプロペシアなどのフィナステリド内服薬も併用しておりますので、これからミノタブの使用を考えている方は「自分がそんな猛者になれるか?」を今一度自身に問いかけて下さい。



当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧