信頼性と知名度が高いAGA治療薬「プロペシア」

AGA、薄毛治療でまず試すべきはプロペシア

薄毛・ハゲの治療に際しAGA専門医や皮膚科を受診すれば、医療機関によってはいくつかの種類の薬が処方されますが、その中に必ずといって入っているのがプロペシアです。

薄毛に効果が認められているフィナステリドを主成分とするプロペシアは、薄毛治療としては日本国内で厚生労働省により認可された唯一の内服薬であり、AGA(男性型脱毛症)と診断されれば、体質的に合わないなど特別な理由がない限り必ず処方されるでしょう。

厚生労働省から正式に認可が下りているという事実から信頼性は抜群で、「同成分を謳っているが本当に大丈夫なのだろうか…」という心配が付きまとうフィンペシアに代表される海外のジェネリック医薬品にはない絶対的な安心感があります。

ただし「絶対的な安心感」とは言ってもプロペシアを服用するすべての人に効果がある訳ではありませんし、薬である以上多かれ少なかれ副作用がありますから、「これを飲めば万事OK」とはなりません。

気になるプロペシアの効果と副作用

プロペシアの詳しい効果を知るためにはまずAGAの仕組みを理解する必要があるので簡単に説明します。

AGAで薄毛・ハゲが引き起こされるメカニズムは男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結び付いて生まれるジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンが毛乳頭にあるアンドロゲンレセプターという受容体と結合し脱毛を引き起こすというもの。

プロペシアの主成分であるフィナステリドは5αリダクターゼの働きを阻害しジヒドロテストステロン(DHT)を生成させない事により発毛を促進します。

そして気になる副作用ですが、ごくごく稀に起きる重大な副作用として肝機能障害が挙げられ、その他には男性ホルモンに働きかける影響か性欲減退、精液の質の低下、射精障害や精液減少といった生殖に関わるものが多くなっています。

その頻度は概ね1%前後とあまり心配するレベルではないものの、もし今現在子作りの真っ最中だというのであれば服用は避けた方が無難かもしれません。

プロペシアを服用する際のメリット・デメリット

プロペシアのメリット・デメリットを語る上でまず挙げられるのが「価格」と「信頼性」です。

プロペシアの最大のメリットは先で書いたように厚生労働省認可、そして多くの医療機関で効果を実証してきたという「信頼性」であり何者にも代えがたいもの。

しかしその信頼性の高さゆえに価格設定は強気と言わざるを得ず、ファイザー社が正式なジェネリックを発売し若干価格は下がったものの、それでも1錠200円前後というのは健康保険の効かない自由診療という事もあって薬剤としては中々に高価な部類になります。

薬価は2015年8月現在、一ヶ月分30錠で6,000~6,500円となっています。

プロペシアをはじめとしたフィナステリド内服薬は飲み始めてから人によって2週間~2ヶ月の間に初期脱毛があり、薬による発毛を実感するのに早くても3ヶ月、遅ければ1年以上かかりそれまでにかかる薬代も馬鹿になりません。

そういった事もあってフィンペシアやフィンカーといった海外製の安いジェネリックに切り替える方も多いのですが、フィンペシアなどの海外のジェネリックは輸入代行業者によっては偽物が含まれていたりしますので注意が必要です。

その点プロペシアに関しては輸入代行業者でもアメリカやニュージーランドといった信頼性の高いものしか扱っていないので、病院に行きたくない、病院に行くのが億劫という方はこちらを利用する方法もあります。

当サイトでも様々なジェネリック医薬品を紹介していますが、体の中に入り副作用などもあるものですから、1年ほどは信頼性の高いプロペシアを使って副作用などの出方を見ながら、大丈夫そうであればフィンペシアなどのジェネリックに切り替えるというのが安全面、費用面でバランスの取れた方法と感じています。

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧