フィナステリド5倍のプロスカーとフィンカー

プロスカーとフィンカー

AGA(男性型脱毛症)の代表的な治療薬であるプロペシアのフィナステリド含有量は0.2mgと1mgなのに対し、実に5倍となる5mgのフィナステリド含有量を誇るのが「プロスカー」と「フィンカー」です。

発毛剤としてフィナステリドを服用する際の1日の上限は1mgと決められているため、5mgを配合するプロスカーやフィンカーをそのまま飲むと明らかな過剰摂取となり強い副作用が出る恐れがあります。

しかし、分割して飲むことでプロペシアはもちろん、他のジェネリックとは比較にならないほど安くなるという大きなメリットがあります。

「発毛剤を少しでも安く使いたい」という人にはうってつけのプロスカーとフィンカー。そのコストパフォーマンスや注意点などを詳しく解説していきます。

プロスカー・フィンカーとは?

ここで取り上げるプロスカーとフィンカーは、プロペシアとフィンペシアの関係と同様に「先発薬」「後発薬」という位置づけで、プロスカーのジェネリックがフィンカーということになります。

プロスカーはプロペシア同様元々は前立腺肥大の治療薬として開発され、5αリダクターゼの働きを阻害し薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を生み出しづらくするという点も一緒。

大きく異なる点はプロペシアはAGA治療のための薬なのに対し、プロスカーやフィンカーは前立腺肥大症の治療のための薬。

前立腺肥大症の治療としてフィナステリドを服用する際には1日5mgが上限とされ、一方でAGA治療ではフィナステリドの1日の上限摂取量は1mg。ここからもプロスカーやフィンカーがAGA治療のために作られた薬ではないことが分かります。

ただ、前立腺肥大症の治療薬であれAGA治療薬であれフィナステリドを使用していることに変わりないため、これを薄毛治療に活用する人が多くなっているのです。

プロスカーとフィンカーの使い方

フィンカーの使い方

薄毛やハゲという健康上まったく問題ない環境でフィナステリドを5mg摂取するというのは副作用などの観点から好ましくありません。…というか、絶対に避けるべきです。

しかしプロスカーやフィンカーは個人輸入代行で売買されるAGA治療薬の中でも人気が高く、多くの方が服用している現実があります。

ただ、それには理由があって、大半の方は1錠をピルカッターなどで4分割し1日ひとかけら飲むことによって量を調節しつつ薬代を節約しているのです。

もちろん4分割ではひとかけら1.25mgと1日の摂取上限を若干オーバーしているのですが、プロペシアやフィンペシアの効果に満足できない方やコストパフォーマンスを重視する方が積極的に利用しているのが現状です。

これによって日本で処方されるプロペシアはもちろん、その7分の1程度の価格で購入できるフィンペシアフィナロイドをも遥かに上回るコストパフォーマンスを発揮します。

フィンカー4分割でフィンペシアを遥か上回るコスパに

ではプロスカーやフィンカーを4分割すると薬代はどれほど安く済むのか、同じく格安のフィナステリド内服薬として最も人気のあるフィンペシアと1日の費用を比較しつつ価格も見ていきたいと思います。

まずはプロスカー、フィンカー、フィンペシアの価格と1錠当たりの単価。

商品名 内容量 価格 1錠の単価
フィンペシア 1mg100錠 3,034円 30.3円
プロスカー 5mg28錠 3,095円 110.5円
フィンカー 5mg100錠 4,187円 41.8円

この時点でフィンカー100錠とフィンペシア100錠の価格差は約1,150円。1錠当たりの単価は11.5円高いことになります。先発薬であるプロスカーは28錠しか入っていないため、フィンペシアの約4倍という値段に。

しかし、プロスカーやフィンカーを4分割したとするとどうなるか?

商品名 内容量 価格 1錠の単価
フィンペシア 1mg100錠 3,034円 30.3円
プロスカー 5mg28錠×4 3,095円 27.6円
フィンカー 5mg100錠×4 4,187円 10.4円

先発薬である純正品のプロスカーですらフィンペシアの30.3円を上回る27.6円となり、フィンカーに至っては驚愕の10.4円。これは1ヶ月あたり300円で使用できることを意味しており、1箱で1年以上持つ計算になります。

日本でプロペシアを処方してもらうと28日分で7,000円前後。フィンカーなら28日分で約300円。プロペシアと同じ信頼性を誇る純正品のプロスカーですら約800円。日本で処方してもらうのがちょっと馬鹿らしくなってきますよね。

薬代を安く済ますという目的であれば高価な先発薬であるプロスカーを使う理由は見当たりませんが、信頼性もある程度重視したいならプロスカーを使用するのもありかと。

フィンカーをどうやって分割するのか?

錠剤を分割して使うケースというのは病院の処方薬でも見受けられますので、それほど珍しいことではありません。ただし多くの場合2分割であり、4分割となると勝手が違ってきます。

フィンカーとピルカッター 錠剤の真ん中に割れ目が入っていて、かつ上下が丸みを帯びているものであれば、まず2分割したうえでテーブルなどに置き指の腹でグッと押すと概ね綺麗に4分割できるのですが、フィンカーは真ん中に割れ目が入っていないため、右図のようなピルカッターを使わないと4分割は難しかったりします。

ただし、ピルカッターを使ったとしても完璧に4分割できるわけではありませんので毎日の服用量には若干のムラができ、むしろそれが「毎日決まった量ではたいため薬の効果を弱める抗体が出来づらい」と歓迎する意見もある一方、日によってフィナステリドの服用量が変わることによる発毛への悪影響を懸念する声もあるのは事実です。

また、4分割し理屈の上ではプロペシアやフィンペシアに比べフィナステリドの摂取量が多くなるにもかかわらず、「フィンカー4分の1では効果がなかった」「フィンペシアやプロペシアに代えたら発毛を実感できた」という意見もあります。

単純にフィナステリドの量で見ればそんなはずはないのですが、もしかしたら薬によっての製造方法の違いが効果にも違いをもたらしている…という可能性も否定できません。

当然ながら「フィンペシアは効かなかったけどフィンカーは効いた」という声もありますので、こればかりは使ってみないと分からないというのが実情でしょうか。

プロスカーやフィンカーの副作用は?

気になるプロスカーやフィンカーの副作用ですが、これはプロペシアやフィンペシアと同様と思って間違いありません。

ちなみにプロペシア1mgの副作用はこちら。

副作用の種類/頻度 頻度不明 1~5%未満 1%未満
過敏症 痒痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)
生殖器
性機能障害
睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等) リビドー減退 勃起機能不全、射精障害、精液量減少
肝機能 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇
その他 乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

精液の質の低下、射精障害や精液減少、性欲減退といった男性としてはなんとも悲しい副作用が並びますが、その頻度は概ね1%程度となっており過度な心配をする必要はありません。全体的な副作用の発現率は5%ほど。

プロスカーやフィンカーを綺麗に4分割すると1かけらで1.25mgとなりますので、もしかしたら副作用発現率は若干上がるかもしれません。気にするほどではないと思いますが。

しかしそれは1日に4分の1かけらに抑えていればの話であり、あまり効き目がないからといって1日に2分の1…フィナステリド2.5mg摂取したりすれば副作用の頻度は上昇しその症状も重くなる可能性があります。

当然1日1錠など絶対に避けてください。

ただ、薄毛・ハゲという男性としては極力避けたいデリケートかつ深刻な問題ゆえ1日1錠服用する方も確かに存在し、副作用の強いミノキシジルタブレットも併用したりする猛者もいらっしゃいます。

仮にそれで髪の毛が生えたとしても薬の性質上半永久的に続けなければならないので、長年の使用でダメージは確実に蓄積されるでしょう。

基本的に個人輸入でしか手に入らない薬剤なので様々な面で自己責任と言ってしまえばそれまでですが、長期服用を見据えて用法用量は守るようにして下さい。

家族に妊婦や子供がいる場合は使用を控える

妊婦や子供にフィンカーは禁物

フィナステリドは妊婦や子供は服用してはいけないどころか、触れることも禁じられています。その理由は男性ホルモンであるDHTの生成を抑えることによって胎児や男児の生殖器の成長を阻害する恐れがあるため。

コーティングされている薬剤であれば妊婦や子供が間違って飲まないよう気を付ければいいだけですが、プロスカーやフィンカーのように分割する場合は注意が必要になります。

薬剤自体はコーティングされていたとしても分割することで成分の部分がむき出しになってしまいますし、割る際に飛散する可能性もあります。

それを妊婦や子供が吸い込むと非常に危険であるため、奥さんが妊娠していたり小さなお子さんがいる場合はプロスカーやフィンカーの使用は避けるべき。そういった場合はプロペシアやフィンペシアなどを使用するようにして下さい。

プロスカー・フィンカーの総評

日本で発毛剤といえばプロペシアやザガーロ、リアップくらいしか選択肢がなく、最も安いであろうプロペシアですら28日分で7,000円前後と高価。

一応2015年からファイザーや沢井製薬などから正式なプロペシアジェネリックが販売されるようになったものの、それでも28日分で5,000円前後と決して安くはありません。

そんな背景もあって安い海外製ジェネリックであるフィンペシアが高い人気を誇っているわけですが、さらに費用を抑えたいという人はフィンカーを4分割して使用しています。

ただし、完全な4分割は難しいことに加え手間がかかることも確かであり、フィンペシアとの1ヶ月分の価格差約700円を節約するだけの価値がそこにあるかどうかの判断は分かれるところ。

ただ、正規品であるプロスカーであればインドの製薬会社が勝手に作った感のあるフィンペシアに比べ信頼性が高いため、そういった面を重視しつつ安く済ませたい人にとってプロスカーはうってつけかもしれません。

年単位で飲み続ける必要がある発毛剤だけに、少しでも安く済ませたいが本音。

これまでフィナステリド内服薬を使ったことがない人にフィンカーやプロスカーの4分割はあまりおすすめできませんが、現在フィナステリドを飲んでいる人は一度試してみてもいいかもしれませんね。

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧