フィナロとフィナバルドの効果と価格は?

フィンペシアより安いフィナロと同額のフィナバルド

プロペシアのジェネリックで圧倒的に有名なのは「フィンペシア」ですが、あえてフィンペシアを使わずに同成分のフィナロやフィナバルドを好んで使う方も多くいらっしゃいます。

まずフィナロですが、これは安いと言われるフィンペシアよりさらに低価格である事が人気の理由で、これを書いている時点でフィンペシア1mg100錠の価格が3,251円なのに対しフィナロ1mg100錠は2,646円となっています。

フィンペシアと成分は同様、海外製という面も同じで価格は安いわけですから、「売れている=信頼できる」というフィンペシアのアドバンテージを重視しなければフィナロという選択は理にかなっています。

フィナステリド内服薬を服用し髪が増えれば、それを維持するには薬を飲み続けなければならず、それを考えれば「安さ」は正義といえます。

そしてもう一方のプロペシアジェネリックである「フィナバルド」。

フィナバルドとフィンペシアの違いは?

フィナロはフィンペシアに比べて価格が安いという明確なメリットがありましたが、フィナバルドはどうなのでしょう?

個人輸入代行業者であるオオサカ堂でフィンペシアとフィナバルドの価格を比べてみるとどちらも1mg100錠で3,251円と同額になっています。

成分が一緒、効果も価格も同じであればどちらを使っても構わないのですが、それはあくまでも現在の話であり、数年前はちょっと事情が違っていました。

個人輸入の薬品は為替などの影響か頻繁に価格が改定され、一時はフィナバルドの方が安い時期もあり価格面でメリットがありました。

そして少し前までのフィンペシアには「キノリンイエロー」という発がん性が疑われる物質が薬を覆うコーティングとして使われており、これを嫌った方々がフィナロやフィナバルドに流れたという背景があります。

現在のフィンペシアにはキノリンイエローは使われておらず特にフィナバルドを選ぶ理由は無くなってしまいましたが、だからといってフィンペシアを選ぶ理由もなく、もはや「好み」の問題となっています。

ただ、人によっては同様の成分であるはずのプロペシアやフィンペシア、フィナロ、フィナバルドでも効果が違うと感じるようで、「やはりプロペシアが一番効く」という方もいれば「フィンペシアは効かなかったけどフィナバルドは効いた」といった方まで様々です。

理想を言えば何らかのフィナステリド内服薬を半年以上使い効果が出てきてから他のフィナステリド内服薬を試してみるのがいいのかもしれませんが、もしそれが合わず抜けてしまったら…と考えると二の足を踏んでしまいますよね。

考えようによっては一番売れているフィンペシアは偽物も多そうな気がしますので、そういった面ではフィナバルドの方が良い…という見方もできます。

一番使われているフィンペシアを使うか、一番安いフィナロを使うか、あえてフィナバルドを使うか…悩ましい問題ですね。

おすすめ育毛剤


チャップアップ おすすめ育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 永久
初回割引 ×
1本購入 7,400円(税込)
定期コース 9,090円(税込)
■チャップアップの特徴
星の数ほどある育毛剤の中でも一番の人気と信頼性を誇るチャップアップ。中でもサプリメントが無料で付いてくる定期コースは非常に人気が高くなっています。
チャップアップの詳細ページへ チャップアップの公式ホームページへ
イクオス おすすめ育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 45日
初回割引 ×
1本購入 9,698円(税込)
定期コース 7,538円(税込)
■イクオス(IQOS)の特徴
2016年の大幅リニューアルで成分量は61種と倍増し「Algas-2(アルガス-2)」という注目の新成分も配合。定期コースの値下げも行い死角のない最強育毛剤に。
イクオス(IQOS)の詳細ページへ イクオスの公式サイトへ
当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事