アボダート(アボルブ) 海外の正規デュタステリド薬

デュタステリド先発薬であるアボダート(アボルブ)

日本においてはデュタステリド内服薬である「ザガーロ」が2015年9月に正式に認可され、紆余曲折を経て2016年6月に発売されました。

このザガーロは当然ながら“先発薬”となるのですが、海外ではすでにデュタステリド内服薬は先発薬・後発薬問わず複数存在し、その中でザガーロ同様先発薬となるのがアボダート(アボルブ)になります。

先発薬はジェネリックに比べ価格面では不利であるものの、安定した効果や品質といった信頼性は非常に高いのが最大の魅力になります。

プロペシアなどのフィナステリドに比べ1.5倍ほどの効果があるデュタステリドですが、日本ではまだ馴染みが少なくジェネリックに不安を感じている方もいらっしゃると思いますので、先発薬であるアボダート(アボルブ)に焦点を当ててみます。

デュタステリドってどんなもの?

日本ではやっとザガーロが発売されましたが、まだ認知・普及は広がっていないのでデュタステリドについて軽く触れておきます。

アボダートやアボルブはどちらもグラクソ・スミスクライン社が作る前立腺肥大・AGA治療薬で、日本においてはアボルブ、他国などではアボダートと呼び名が違うだけで全く同じものになります。

ちなみにザガーロもグラクソ・スミスクライン社が製造する薬なので、アボダート(アボルブ)の信頼性は日本で処方されるザガーロと同等と見てよいでしょう。

デュタステリドはプロペシアの主成分であるフィナステリド同様元々は前立腺肥大の治療薬として開発されたもので、後に薄毛の治療効果があるとしてAGA治療薬に転用されたのもフィナステリド同様です。

大きく違うのは下図のように2型5αリダクターゼのみの阻害効果しかないフィナステリドに対し、デュタステリドは1型と2型両方の阻害効果がある点です。

デュタステリドの5αリダクターゼ阻害効果

5αリダクターゼ(5α還元酵素)は男性ホルモンであるテストステロンと結びつきAGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を生み出す原因となる酵素なので、フィナステリドより阻害効果の高いデュタステリドは約1.5倍の高い発毛効果を望めるのです。

長らく発毛剤市場はフィナステリドとミノキシジルのみが占めておりましたが、デュタステリドの登場は発毛を一歩前に進める可能性を大いに秘めています。

■デュタステリドは1型・2型の5αリダクターゼに対し阻害効果を発揮
■従来のフィナステリドに比べデュタステリドの発毛効果はおよそ1.5倍

アボダート(アボルブ)の副作用は?

プロペシアに代表されるフィナステリド内服薬の1.5倍ほどの発毛効果があると言われるアボダート等のデュタステリド内服薬ですが、その分フィナステリドに比べ副作用も強めに出る傾向にあります。

フィナステリドもデュタステリドも元は前立腺肥大の治療薬で、効果も5αリダクターゼを阻害しジヒドロテストステロンの生成を抑えるという点で共通するため、副作用も下記のようにほぼ同じになります。

  • ■性欲の減少
  • ■勃起不全
  • ■射精障害

多くの場合デュタステリドの副作用は上記のような性機能障害ではあるものの、まれに女性化乳房…つまり女性のようにおっぱいが少し出てくる事があるようです。

男としては性機能障害は避けたいところではあるものの、個人的にはハゲには代えられないというのが本音です。

■アボダート(アボルブ)の主な副作用は性欲減退や勃起不全など性機能障害
■副作用の恐れはあるがハゲるよりかはまし

アボダート(アボルブ)の価格は?

個人輸入を用いる場合、様々なデュタステリド内服薬があり正規品であるアボダートはどうしても高くなってしまいます。下でデュタステリド内服薬のジェネリックや日本で処方されるザガーロなどと比べてみました。

商品名 内容量 価格 1錠の単価
アボダート 0.5mg30錠 3,221円(税込) 107.4円
アボルブジェネリック 0.5mg30錠 2,598円(税込) 86.6円
デュタス 0.5mg300錠 12,477円(税込) 41.6円
デュプロスト 0.5mg100錠 5,137円(税込) 51.4円
ザガーロ 0.5mg30錠 10,000円前後(税込) 333.3円
(2016年6月現在)    

デュタステリド内服薬で圧倒的に安いのはデュタスデュプロストで、この2つは最も人気のあるデュタステリド薬になります。

それに比べると先発薬であるアボダートは2倍以上の価格と決して安くはないものの、アボダートは日本の医療機関で処方されるザガーロと同じグラクソ・スミスクライン社製と信頼性は抜群で、なおかつ価格は3分の1と考えればむしろお得に感じるくらい。

品質や安全性で海外製のジェネリックに不安を感じている方にとって正規品であるアボダートは価格面でも信頼性でも満足のいくものだと思います。

■正規品であるアボダートは安いジェネリックに比べると価格は2倍以上
■ザガーロと同じグラクソ・スミスクライン社製で価格は3分の1と廉価

アボダート(アボルブ)の総評・まとめ

薄毛の治療を行う場合ちゃんとしたAGA専門の医療機関にかかり薬を処方してもらって…という段階を踏む方が安心できると感じるかもしれませんが、AGAクリニックは特に何か治療するというわけではなく、多くの場合は少し問診してから薬を処方し終わりとなります。

ちょっとした生活習慣のアドバイスはもらえるものの、ほぼ100%薬頼みである上に処方されるAGA治療薬はみな個人輸入でも購入できるものばかりで、しかも価格はかなり割高になります。

日本で正式に認可されているザガーロは確かに信頼性抜群ではあるものの、医療機関での処方は安くても30日分8,000円~となってしまいます。

デュタステリド内服薬が日本の医療機関でしか購入できないのであればこの価格も致し方ないと感じるかもしれませんが、個人輸入を用いれば数分の1の価格で買えますし、ザガーロと同じグラクソ・スミスクライン社の正規品アボダートですら3分の1です。

医療機関を受診しても特別な治療が行われないのであればわざわざAGAクリニックに通う必要性も感じず、個人輸入で買える格安のデュタステリド薬で十分と私は考えています。

信頼性を求めるならアボダートを、安さを求めるならデュタスやデュプロストなど上手に使い分けると良いでしょう。

ただデュタスは300錠、デュプロストは100錠と内容量が多いので初めて使う場合は信頼性が高く30錠のアボダートをおすすめします。



当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧