デュタス 安く買える注目のデュタステリド内服薬

人気が高く入荷待ちになっていたデュタス

プロペシアが日本で認可されて以降、薄毛やハゲの治療薬はプロペシアフィンペシアなどのフィナステリド内服薬とミノキシジルが主流でした。

しかし近年はフィナステリドの1.5倍の効果があるとされるデュタステリドが登場し、日本においても2015年9月に「ザガーロ」が認可されています。

しかしこのザガーロは2015年11月に発売される予定でしたが、延期に次ぐ延期でなかなか発売されず、2016年6月13日にやっと発売されました。

しかし価格は病院での処方に限る上30日分で10,000円前後とプロペシアの7,000円前後を上回る高価な設定となっています。

そんな中人気が高く入荷待ちとなっていたデュタステリド内服薬「デュタス」が販売を再開しておりますので、ここではザガーロはじめ他のデュタステリド内服薬とデュタスを比較しながら紹介していきます。

デュタステリドの特徴は?

デュタステリドはプロペシアなどのフィナステリド同様前立腺肥大の治療薬として開発されたもので、男性ホルモンであるテストステロンと結びつき薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を生み出す5αリダクターゼ(5α還元酵素)の働きを阻害します。

従来のフィナステリドと違う点は、フィナステリドが2型5αリダクターゼの阻害効果しかないのに対し、デュタステリドは1型・2型双方の5αリダクターゼの働きを阻害するという点。

デュタスの5αリダクターゼ阻害効果

それによってデュタステリドはフィナステリドの1.5倍の効果が期待できるとされ、フィナステリドが「男性における男性型脱毛症の進行遅延」の効果があるとして認可を受けたのに対し、デュタステリドは「進行遅延」の部分が外れ「男性における男性型脱毛症」の治療薬として認可されています。

ただし、効果が強い分副作用も強めという報告もあり、性欲減退や勃起障害といった性機能障害の副作用が出る可能性も考慮しておく必要があります。

個人的には多少の性機能障害は覚悟する必要があるものの髪の毛には変えられないと感じており、考えようによってはオナ禁育毛法の補助になるかも…

■デュタステリドはフィナステリドの1.5倍の効果
■性欲減退や勃起不全の副作用が出る事があり頻度はフィナステリドより多い

デュタスは他のデュタステリド内服薬と何が違う?

現在デュタステリドの内服薬は日本で認可された「ザガーロ」をはじめ先発薬である「アボダート」やジェネリックである「デュプロスト」そしてここで取り上げるデュタスとあります。

これらの内服薬は現段階においてデュタステリドの含有量はすべて0.5mgとなっておりプロペシアの0.5mgからプロスカーやフィンカーの5mgまでと幅のあるあるフィナステリド内服薬のような含有量の違いはありません。

一方、後述しますが価格の違いはかなり大きく、特に日本で2016年6月13日から発売されたザガーロは圧倒的に高くなっています。

あとは製造国や先発薬・後発薬の違いくらいで基本的な違いはないため、日本で正式に発売されているものが安心と感じるのであればザガーロを、ザガーロより安い先発薬が良い場合はアボダートを、とにかく安くデュタステリドを使いたいのであればジェネリックであるデュタスやデュプロストを…といった感じになるでしょうか。

■デュタステリド内服薬はどれも含有量0.5mg
■効果に違いはないが、製造国や先発薬・後発薬、価格の違いはある

デュタスの価格は?

デュタスには300錠が入った大容量のものしかなく価格は1万円を超えてしまいますが、それだけに1錠あたりの単価を見るとデュタステリド内服薬の中で最も安くなります。

各デュタステリド内服薬を1錠あたりの単価が安い順に並べ比べてみると…

商品名 内容量 価格 1錠の単価
デュタス 0.5mg300錠 12,477円(税込) 41.6円
デュプロスト 0.5mg100錠 5,137円(税込) 51.4円
アボダート 0.5mg30錠 3,221円(税込) 107.4円
ザガーロ 0.5mg30錠 10,000円前後(税込) 333.3円
(2016年6月現在)    

こうやって見てみると改めてザガーロの高さが意識され、日本で処方してもらうと1錠200~250円するプロペシアがフィンペシアなどの海外の安いジェネリックだと1錠30円程度で買えるとの同様のようです。

経済的なことを考えればデュタスかデュプロストがベストではあるものの、どちらも錠数が多いためまずは30錠のアボダートやアボルブジェネリックなどで効果や副作用を確かめてからデュタスやデュプロストに移行すると安心です。

■デュプロストの価格はフィンペシアに比べ約2倍
■2倍とはいえ月々1,500円くらいなので本気で髪を生やしたいなら十分安い

デュタスの総評・まとめ

日本で正式に認可されたザガーロを購入するにはAGAクリニックなどに通院し処方してもらう必要があり、価格も非常に高くなってしまい経済的な負担が大きくなってしまうので、デュタステリドの含有量や効果が同じで圧倒的に安いデュタスを使うべきと考えます。

気になる副作用に関しては性欲減退や勃起障害が出る事があるものの個人差が非常に大きく、「副作用が出るのかどうか」「どの程度出るのか」は実際に使ってみないと分からず、効果と副作用を天秤にかけ使用するかどうかを判断する必要があります。

ただ、薄毛の治療を始めるのは早ければ早いほど良く、ある程度進行してしまうと効果が出てもやっぱりハゲ…という事にもなりかねません。

性欲と髪の毛…ある意味究極の選択ではありますが、副作用に関しては薬をやめれば無くなる一方薄毛の進行は待ってはくれないため、とにかくまずは使ってみてから判断する事をおすすめします。

また、デュタスは一時入荷待ちの状態になっており、これを書いている現在はデュタスが販売再開している一方デュプロストが入荷待ち状態と安定しない面があるので、状況に応じて使い分けるようにすると安心だと思います。



当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧