ミノキシジル内服薬(ミノタブ)の効果と副作用

ミノキシジルは頭皮に塗布する外用薬で使用されるのが一般的ですが、より強い効果を求める人の間では内服薬であるミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)の使用の多くなっています。

単刀直入に書くと、ミノキシジルの内服薬であるミノキシジルタブレットは頭皮に塗る外用のミノキシジルに比べ効果が高いというメリットがある反面デメリットも多い、いわば「最終手段」といえば分かりやすいか

最終手段と言われるほどの強力な発毛効果と、ちょっと怖い副作用。それがどれほどのものか詳しく解説していきます。

ミノキシジルタブレットの作用は?

ミノキシジルタブレットの作用

「ミノキシジル」という成分は高血圧の人に向けた血管拡張剤。血管を広げることによって血圧を下げる作用が主作用。

ミノキシジルを外用薬として使った発毛剤は多毛症の副作用を逆手に取った「発毛」を主作用としていますが、内服薬であるミノキシジルタブレットに発毛を目的としたものはなく、今現在も降圧剤であることに変わりはありません。

ただしこれは表面上の話であり、個人輸入代行などでは発毛を目的とした海外製のミノキシジルタブレットが色々と販売されていますけどね。

具体的な発毛のメカニズムは解明されていない部分があるものの、ある程度分かっている作用はというと…

多毛症

ミノキシジル内服薬を使用した高血圧患者の多くに体中の毛が濃くなる「多毛症」の副作用が発現し、それは髪の毛にも及んだことから発毛剤として使用されるようになりました。

毛包部分に働きかけることによって毛の基となる毛母細胞の分裂や増殖を促し発毛を促進させる効果があり、他の血管拡張剤では見られないミノキシジル独自の作用となっています。

外用薬であれば頭皮にピンポイントに作用させることが可能であるものの、内服薬であるミノキシジルタブレットだと体毛も濃くなってしまうデメリットも。

ただし、その発毛効果は外用薬の比ではありません。

血行促進作用

元が血管拡張剤だけあって強力な血行促進作用があり、頭皮に酸素や栄養を十二分に行き渡らせることが可能になります。

ただ、頭皮の血行を良くしたからといって髪の毛が生えるというエビデンス(医学的根拠)はなく、あまり関係ないという見方も。

血流は良いに越したことはないという位置付けか。

成長因子を増やす

多毛症が現れる理由は何らかの成長因子を増やし、それが毛の生長を促進させているのではないかという見方があります。

髪の毛の成長に関わる「FGF-7」や、新たな血管を作り出し血行を促進させる「血管内皮細胞増殖因子(VEGF)」あたりが有力視されている。

しかしこれも推測の域を出ないがの実情。


具体的な作用は分からないが、発毛効果に関しては世界中で認められている医薬品…それがミノキシジルなのです。

どれほどの効果が期待できるのか?

メカニズムの完全解明には至っていないミノキシジル。しかし頭皮に塗る外用薬でも十分な効果が期待できる同成分は内服することによってより強力な発毛効果が得られます。

ただ、ミノキシジルが発毛剤として正式に認められているのは外用薬のみであり、内服薬であるミノキシジルタブレットはそもそも発毛剤として認められているわけではないので、外用薬のように発毛効果を実証した臨床試験データは存在しません。

しかしそれでは効果がいまいち見えてこないので、発毛に関して活発な議論が行われている2chなどの掲示板からミノキシジルタブレット(ミノタブ)の効果に関するものを見てみましょう。

3ヶ月ちょっとで髪も増えたが腕毛が伸びまくってきてるな 髪と同じで腕毛とかも半年までは伸び続けるのかね? 腕毛が切ったほうがいいんじゃないかぐらい伸びてきた

ミノキシジルタブレットは強力な発毛作用がありますが、内服薬という性質上全身に作用するので色々な部位の毛が濃くなってしまいます。

髪の毛が生えるのは嬉しいんだけどね…

ぬりミノからミノタブ5mgに変えたけど(今は2.5にまた変えたけど) 初期脱毛はあったよ 一月くらいでおさまった M字だったのがかなりふさるよ

後述しますが、ミノキシジルタブレットに限らず強い発毛効果がある医薬品には「初期脱毛」が付きものだったりします。

それが収まればしっかりとした毛が生えてくるので、それまで我慢。

ミノフィナがてきめんに効くのはいいんだが、全体の毛量が増えすぎて散髪代がかさむ 生え際が完全復活したらミノタブは抜こう

ミノキシジルタブレットに手を出す猛者の多くはプロペシアに代表されるフィナステリド内服薬も服用している。

まずは医療機関でも処方されるフィナステリドを試して、それでもいまいちな場合にミノキシジルタブレットを試すというのが一般的でしょうか。

1年ぐらいしてるけど ミノタブ飲んでも実感出来るものは無かった
でも個人差はあるからやらざるを得んだろ

最終手段のミノキシジルタブレットとはいえ万人に効果が出るわけではなく、効かないと感じる人も一定数存在します。

中には体毛ばかりが濃くなって髪の毛はさっぱり…なんて声も。


ミノキシジルタブレットに強い発毛作用があるのは間違いないものの、発毛剤としては認められていないこともあり、自己責任で使用する必要があります。

とはいえ、どうしてもフサフサにしたい人にとって救世主であることに変わりはありませんが。

ミノキシジルタブレットの副作用

強力な発毛効果があるミノキシジルタブレットですが、健康な人間が血管を広げる薬を飲めば様々な副作用が出るのは想像に難くなくないですよね。

考えられる副作用は以下のようになっています。

  • めまい
  • 動悸
  • 血圧低下
  • むくみ
  • 多毛症

血管を広げて血圧を下げる薬だけに動悸やめまい、血圧低下はもちろんのこと、それに伴って心臓に負担をかける可能性もあります。

そしてこれはプロペシアなどのフィナステリド内服薬にも言えることなのですが、これら薄毛・ハゲ治療は続けなければすぐに元に戻ってしまうという性質上、無理なく長く続けられる事が重要になるので、副作用が予想されるミノキシジルタブレットを試すのであればそれなりの覚悟が必要になります。

実際に私もミノキシジルタブレット5mgを試した事があるのですが、明らかな副作用が出て迷った挙句外用薬に切り替えたという経緯があります。

ただし副作用がどの程度出るかは個人差があり、私のように5mg程度でもそれなりの副作用が出る人間もいれば10mgでも特に副作用を感じないという方もいらっしゃいます。

ミノキシジルタブレットは「最強の発毛剤」とも呼ばれるようにプロペシアより効果が実感できる事もあるので、副作用がない、もしくは副作用が少ない方にとってはこれほど魅力的な薬もないと思いますけどね。

初期脱毛はほぼ確実に存在する

ミノキシジルタブレットの初期脱毛

強い効き目がある発毛剤には今生えいてる細くて不健康な髪の毛を抜いてリセットする「初期脱毛」が存在し、ミノキシジルタブレットはそれが顕著に現れます。

初期脱毛は男性型脱毛症(AGA)の影響を受けて寿命が短くなってしまった不健康な髪の毛を抜いて健康な毛を生やそうという作用。ゆえに本来は喜ばしいもののはずなのですが、実際に経験してみると凄まじい恐怖を感じます。

それでなくても薄い髪の毛がさらにガンガン抜けていけば、そりゃ戦慄を覚える。

「これはむしろ逆効果なのでは?」「このまま抜け続けたらどうしよう…」という恐怖を感じるのは当然で、初期脱毛の存在を十分承知していても実際に目の当たりにすると弱気になってしまうことでしょう。

初期脱毛の期間には個人差はあれど服用から2~4週間がピークで、それ以降は落ち着いてきます。こればかりはその後の発毛を信じて使用するしか方法はありません。最悪なのは初期脱毛に心が折れ使用を中止してしまうことです。

初期脱毛の症状が強ければ強いほど、不健康な髪の毛が元気な髪に置き換わる可能性が高まるので、グッと我慢して使用し続けるようにして下さい。

ミノキシジルタブレットの種類と価格

ミノキシジルタブレットの本家はアメリカのファイザー社が開発した「ロニテン」でジェネリック医薬品もすべて海外製となりますので、ミノキシジルタブレットを購入する場合個人輸入代行に頼る事になります。

ではミノキシジルタブレットの種類と価格を一番使われているであろう10mg100錠で比べてみます。

商品名 内容量 製造国 価格
ノキシジル 100錠 タイ 3,181円
ロイド社製 100錠 フィリピン 3,984円
USA製 100錠 アメリカ 6,161円

圧倒的に安いのはタイ製のノキシジル。これまではシートタイプが主流でしたが、近年はそれより手軽かつ若干ながら安価なボトルタイプのものも出てきているので、今はそちらの方がおすすめでしょうか。

価格の安さから一番人気のある商品になっています。

一方、フィリピンロイド社製のものは若干高くなってしまいますが、同社のフィナステリド内服薬である「フィナロイド」とセットのものであればかなり安くなるという特徴が。

フィナステリドとミノキシジルタブレットの組み合わせといえば「フィンペシア+ノキシジル」が定番でしたが、近年は同じ製造メーカーで揃えられるロイド社製のものも人気になっています。

信頼性を重視するならアメリカ製という選択肢もありますが、ノキシジルを製造するTO Med社やロイド社も大手製薬会社であるため、ノキシジルの倍の価格であるアメリカ製を選ぶ必要性はあまり感じません。

発毛剤は長期使用が前提となるためランニングコストは馬鹿にならず、他の育毛剤なども併用しているなら尚更。強いこだわりがない限りノキシジルやロイド社製のもので十分でしょう。

用法・用量

まず最初に書いておきますが、ミノキシジルタブレットを発毛剤として使う場合の1日の限度量は10mgです。

高血圧の人の治療では最大50mg服用することもありますが、健康な人が発毛目的で飲む場合は副作用の事も考えて一日の上限は10mgにしたほうが無難。

飲む回数は1日1回、もしくは2回とします。安定した効果を望むのであれば服用は1日1回よりかは朝晩の2回としたほうが良いという声も。もちろん上限の1日10mgは守ってくださいね。

…まあ、中にはオーバードースする人もいるんだけどね…

費用面や効果を考えるのであれば10mgを購入し一錠を二つに割って朝晩の2回に分けて飲むというのが最善といえます。

ただし、前述したようにミノキシジルタブレットはそれなりに副作用があります。いきなり1日10mgというのは副作用の面でも不安が残りますので、まずは5mgを購入し半分に分割して1日1錠もしくは朝晩2回の合計5mgとするべきです。

そうして副作用と効果の程度を見極めながら量を調整していって下さい。

ちなみに女性は1日2.5mgで十分ですので、それ以上は服用品ようにして下さい。

ミノキシジルタブレットのまとめ

「最強の発毛剤」と呼ばれるミノキシジルタブレットについて色々と書いてきましたが、いかがだったでしょうか。

ミノタブはプロペシアなどと同様に効果が出るまで早くても1ヶ月、平均すれば3~6ヶ月を要し、しかも飲み始めは髪が抜ける「初期脱毛」があるのもフィナステリド内服薬と同様なので、飲んでみたら抜け毛が多くなったからといって中断せずに飲み続ける事が重要です。

ただ、ミノキシジルタブレットはプロペシアなどのフィナステリド内服薬を上回る効果が期待できる一方で副作用も考慮しなければなりませんので、明らかなめまいや低血圧、動悸などといった症状が出て、それが続くようであれば直ちに服用を中止して下さい。

本来であれば血管拡張剤であるミノキシジルは外用薬に留めておくのがベスト。しかし男として、人間としてハゲはできる限り避けたいのも確かで、その近道がミノキシジルタブレットでもあるんですよね。

副作用の心配がほとんどない画期的な発毛剤はできないものかね。

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため高い人気を集めています。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧