30代でハゲてきた場合の原因と対処法

30代の薄毛は微妙なライン

30代でハゲ

薄毛になる年齢というのは個人差が非常に大きく、10代でなる人もいれば一生ハゲない人もいます。そんな中で30代というのはやや早いと感じる一方で数的には相当数存在する微妙なライン。

実際に街中を見渡してみれば30代で薄毛になっている人はかなり多く、20代で薄毛が始まった私としては「十分持ったじゃん」と感じるものの、中年というにはまだ早い30代で薄毛になりだすのはやっぱりショックですよね。

実際にはかなりの人が悩んでいるであろう30代での薄毛。

ハゲてしまう原因にはどういったものが考えられるのか。そしてどう対策すればいいのかを詳しく取り上げてみます。

30代の薄毛率は?

そこそこいるが、それほど多くない」と感じる30代の薄毛人口はどの程度のものなのか?以前20代の薄毛について取り上げた際にも使ったデータを今一度見てみましょう。

ネット上をはじめ世に多く出回っているのは下記のデータで、実際に目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

年齢 割合(%)
20代 6%
30代 12%
40代 32%
50代 44%
60代 51%
70代 61%
全年齢平均 32%

このデータを見ると30代は12%しか薄毛がいないことになりますが、実際に薄毛に深く関わっている人間からすると、いくらなんでもこれは少なすぎる。

若くしてハゲた人間からすると「30歳で12%」なら分かりますが、「30代全体で12%」という事はないだろう…と思いたい感情的な想いもある。

ただし、こういったデータはいくつか存在し、大手製薬会社であるファイザーが出しているものになると割合も大きく変わってきます。

年齢 薄毛と感じている人の割合(%)
30代 45.0%(90人/200人)
40代 53.0%(106人/200人)
50代 64.0%(128人/200人)
60代 77.0%(154人/200人)

ここでは30代で薄毛を感じている人は45%にのぼり、育毛を行う企業として有名なリーブ21による同様のデータでも30代は38.2%と近しい数字が出ています。

体力や見た目的にも30代というのは20代に比べガクッと老けだす年齢でもあり、30代半ばにもなれば3人に1人くらいはは薄毛になりだしているというのが実情。

割合という面ではやや少数派ながら、実際の数としては相当数ハゲているというのが30代なのです。

30代でハゲてしまう原因

では、30代の薄毛の原因とはどういったものなのでしょうか?

男性の薄毛の9割以上は男性型脱毛症(AGA)といわれるもので、これは男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼ(5α還元酵素)と結びついて生成されるジヒドロテストステロン(DHT)が原因です。

このDHTの数は個人差が大きく、それが「ハゲるかハゲないか」を決める要素。

そして、DHTを増やしてしまう原因というのは多岐にわたり、中でも30代男性が陥りやすそうなものとしては…

■遺伝・体質

ハゲは遺伝と言われてしまうと、もはやどうにもならないよ

そう感じる人も多いかもしれませんが、それは半分正しくもあり、半分間違いでもあります。

薄毛の原因となるDHTを作り出す5αリダクターゼの分泌量や感受性は遺伝の影響を大きく受けるとされており、薄毛を発症するの年齢が早ければ早いほど遺伝の影響が大きいのは間違いありません。

しかし、30代ともなるとその他の要因も関わってくるようになり、厳密には「遺伝は無視できないが、その他の要因も大きい」となるのです。

遺伝や体質はいわば「薄毛になりやすいかどうか」を決める要因であり、その引き金を引くのは別の要因も関わっていますので、それをこれから書いていきます。

■肥満

薄毛に大きく関わっているのが肥満。

肥満が直接薄毛の原因となるわけではありませんが、肥満になってしまう生活習慣や、それによって引き起こされる病気などが薄毛の大きな原因になるのです。

具体的には、太っている人の多くは食事の栄養バランスが崩れていることが多く、髪の毛に必要なビタミンやミネラルといったものがバランスよく摂取できていない状況が想定されます。

また、汗をかきやすいため頭皮の環境は悪くなりがち。肥満でない人に比べ過剰な皮脂や汗が頭皮や毛穴を覆う状況が長くなるため、髪の毛の成長が阻害されてしまうのです。

加えて、肥満の人はそうでない人に比べ糖尿病のリスクが約5倍になります。

糖尿病は血液をドロドロにするだけでなく、血液中の高い糖濃度が常に血管を傷つけますから、毛細血管が徐々に詰まったり破壊されたりしてしまいます。

そうなると頭皮に栄養や酸素が行き渡らなくなり、髪の毛の成長を阻害、薄毛になってしまうのです。

肥満が薄毛を引き起こす要因はこれだけに留まらず、それは世の中の肥満の薄毛率を見ても明らか。若い人でも一定以上の肥満になると一気にハゲやすくなってしまいます。

20代は筋肉量が多いため基礎代謝も十分ですが、30代ともなると筋肉と基礎代謝が落ちると共に動くことが億劫になりがちで、一気に太りやすくなります。

■喫煙

タバコは体内のDHTを増やしてしまうという研究結果が出ており、喫煙習慣のない人に比べ喫煙者は平均して13%多くなるとされています。

近年はタバコう吸う人は減少の一途を辿っているものの、30代40代男性というのは最も喫煙率が高い年代で、その割合はおよそ40%前後となっています。

タバコを吸う人が必ずしもハゲるわけではありませんが、ハゲやすくなるのも間違いありません。

■過度な飲酒

タバコと同様に飲酒率が高いのが30代40代。

適量であればそれほど悪影響を与えない飲酒ですが、30代というのは何かとストレスも多い上、酒にもまだまだ強い年齢ですので、どうしても飲酒量は増えがち。

しかし、飲酒量が過度になると肝臓で分解しきれなかったアセトアルデヒドが血中に漏れ出し二日酔いの原因になるのはもちろん、薄毛の原因となるDHTを増やしてしまうのです

適量とされるのは1日に日本酒で1合(180ml)、ビールで500ml缶1本。統計的に健康に影響を与えない限界とされるのが日本酒2合(360ml)、ビールでは500ml缶2本までです。

ちょっと少ない気もしますが、日常的にこれを上回る量を飲んでいる場合、薄毛になるリスクが高まりますので注意しましょう。

どういった対策があるのか?

薄毛になってしまう要因は多々あれど、その中でも大きく影響を与えるのは上でも挙げた「遺伝・体質」と「生活習慣」の2つ。

それを踏まえた上で具体的にどういった対策があるのかというと…

■生活習慣を改める

とにかくまずは普段の生活を改善することが重要。

特に肥満は薄毛に大きな影響を与えますので、食事を見直しつつ適度な運動を取り入れる事が薄毛改善の大きな一歩と言えるでしょう。

タバコやお酒に関しても、理想を言えば止めることがベストであるものの、これを楽しみにしている人も多いと思いますので、タバコであればできるだけ本数を減らす、お酒は適量を守るなどを心がけてみて下さい。

■発毛剤・育毛剤を使う

生活習慣は薄毛に大きな影響を与えますが、薄毛の遺伝や体質が強い場合はそれに立ち向かえるだけの力を持った発毛剤や育毛剤を使う必要があります。

まずはプロペシアなど発毛剤が選択肢に入るものの、性欲減退や勃起障害など性機能障害の副作用が出るリスクがある上に、妊婦や小さいお子さんにとって触れる事すら危険な薬なので、恋愛はもちろん結婚・出産の機会が多い30代にとっては厳しい面も。

そういった場合は育毛剤とサプリメントで体の内側と外側から育毛に取り組めるチャップアップイクオスが第一選択になるでしょうか。

育毛剤・発毛剤の効き目は相性も影響してくるため100%効くとは言い切れないものの、現状では自分の髪の毛を生やせる最良の選択と言えます。

チャップアップの詳細

■かつらや増毛・自毛植毛を行う

かつらや増毛・自毛植毛に関しては「確実に増やせる」というメリットがある一方で費用がかさみがち。

特に自毛植毛は1回の施術で100万円を超えることもザラで、また薄毛の進行に合わせて複数回施術しないと不自然になるため、それを考慮するとトータル数百万円を覚悟する必要が。

増毛やかつらに関しては初期費用とメンテナンス料がある程度かかるものの、技術の向上により非常に自然に仕上がります。

育毛剤では考えられないほどフサフサになるというメリットがあるものの、やはりこちらも決して安いものではないため、興味があるにしてもまずは資料請求やカウンセリングを行い熟考するようにして下さい。

スヴェンソンの無料資料請求へ≫

■諦める

ある意味最良とも言える選択が「薄毛を受け入れる」。

これから恋愛をしたいというのであれば諦めるという選択肢は非常に厳しいものの、すでに結婚をしている場合などはこういう選択もありかと。

…まあ、男としては“終わった感”も否めないが…

受け入れるか、抗うか

20代であればどんなことがあっても薄毛を改善するべきですが、30代になるとその状況にも微妙に変化が訪れます。

すでに結婚をしていて、色々な女性とチョメチョメ(死語)したいという欲求がないのであれば、素直に薄毛を受け入れると精神的に楽になるでしょう。

ただ、まだ結婚をしていない、結婚はしているが別の女性ともアレしたいという不謹慎な人にとって“ハゲ”は巨大な十字架となりえますので、そういった場合は薄毛の改善に取り組んでみて下さい。

薄毛もある程度進行してしまうと増毛やかつらなどを使用しない限りフサフサに戻るのは困難になりますが、30代であれば若い頃のような髪に戻ることは十分可能なはず。

そのために必要なのは手遅れにならないうちに行う、一刻も早い対策です。

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため高い人気を集めています。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

おすすめ育毛剤


チャップアップ おすすめ育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 永久
初回割引 ×
1本購入 7,400円(税込)
定期コース 9,090円(税込)
■チャップアップの特徴
星の数ほどある育毛剤の中でもトップクラスの人気を誇るチャップアップ。中でもサプリメントが無料で付いてくる定期コースは非常に人気が高くなっています。
チャップアップの詳細ページへ チャップアップの公式ホームページへ
イクオス おすすめ育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 45日
初回割引 ×
1本購入 9,698円(税込)
定期コース 7,538円(税込)
■イクオス(IQOS)の特徴
2016年の大幅リニューアルで成分量は61種と倍増し「Algas-2(アルガス-2)」という注目の新成分も配合。定期コースの値下げも行い死角のない最強育毛剤に。
イクオス(IQOS)の詳細ページへ イクオスの公式サイトへ
当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事