芸能人のハゲの少なさは異常じゃない?

ハゲない芸能人

テレビを見ていてこう感じることはありませんか?「なんで男性俳優や歌手はこんなに薄毛が少ないんだ?」と。自分のハゲをきっかけに他人の薄毛に対し敏感になっている我々としてはなおさら。

世の中の30代40代の男性を見渡せば、我々のような立派なハゲ…とまではいかなくても「ちょっと薄いな」と感じる方が非常に多くなります。

髪の毛の本数自体はほとんど変わらなくても、中年になれば老化現象により1本1本が細くなりボリュームがなくなってきます。その結果「薄くなった?」と感じたりするものです。

しかし芸能人…とりわけ俳優さんや歌手などは驚くほどみんなフサフサ。40代50代でも何事もなかったように黒々とした毛がアホみたいに生えています。

どう考えてもおかしい…そこには何かしらのカラクリがあると見るのが自然。というわけで、下衆の勘繰りならぬ“ハゲの勘繰り”全開で芸能人の薄毛事情を考察してみたいと思います。

芸人にはハゲが多い事実

俳優は歌手はいくつになっても髪の毛フサフサの人が多い一方で、芸人に目をむけると、30代40代でもハゲが多いこと多いこと。

FUJIWARAのお2人、狩野英孝さん、岡村さんはもとより最近は矢部さんもやばくなっていますし、トレンディーエンジェルの二人は言うまでもありません。

ナイツの塙さん、アンガールズの田中さん、竹山さん、ザキヤマさん、天野さん、小杉さん、小峠さん、とにかく明るい安村さんなど挙げ出したらきりがない。

ひな壇に並んでいる芸人さんの半分くらいはハゲている印象。芸人にはなぜこんなにハゲが多いのか?

理由は簡単、芸人さんにとってハゲはむしろ美味しいネタであり、隠す必要はないからだと推測されます。実際ハゲを売りにしている芸人も散見されますしね。トレンディエンジェルとかブラマヨの小杉さんとか。

中堅の芸人さんの年齢が35~50歳くらいということを考えると、このくらいのハゲ率は現実に即していると思われます。これが30代以降の中年の実態のはず。

なぜ2枚目俳優や歌手はみんなフサフサなのか

芸人の方々のハゲっぷりは極めて現実的なレベルであるのに対し、俳優や歌手に目を向けると状況は一変します。

福山と稲葉はハゲ? 例えば右の超が付くほどの2枚目な二人。

これを書いている現在、福山雅治さんは40代半ば、稲葉浩志さんは50代前半で、そりゃもうお二人とも格好良くて腹立たしいくらい。しかしこの二人には前々から「ハゲ疑惑」が出ていましたよね。

その疑惑が出ていたのがすでに10年以上前。私も音楽番組で歌っている稲葉さんの髪の毛を見て「なんかちょっとキテない?」と感じた記憶があります。

10年以上前から男性型脱毛症(AGA)が始まっていたのであれば、常識的に考えて今現在はかなり悲惨な事になっているはず。しかし歳を取ってボリュームが減るどころか、むしろボリュームアップしている感すらあるこの2人。

もしこの2人が何かしらの対策をしているとして、考えられるのはプロペシアやミノキシジルのような発毛剤ではないという点

これら発毛剤が薄毛に対し一定の効果を示すといっても、中年の薄毛がここまでフサフサになるほどの効果は期待できません。考えられるのはかつらか増毛、自毛植毛になるでしょう。

■福山、一時怪しかったのに、40代半ばの現在毛多すぎ
■稲葉、一時怪しかったのに、50代前半の現在毛多すぎ
■プロペシアなどの発毛剤は考えられず、かつら、増毛、自毛植毛が有力か

世の中と芸能人のハゲギャップに驚き

世間では40代~50代ともなれば角野卓三さんやトレンディーエンジェルの斉藤さんのような生き物がうんざりするほど生息しているのに、芸能界の一線で活躍している俳優の方でそのレベルのハゲなどほとんどお目にかかりません。

佐藤浩市さんや三浦友和さん、哀川翔さん、江口洋介さんなど、髪の毛フサフサの中年俳優を挙げだしたらきりがない。

世の中を見渡してみれば40~50代でもフサフサの人などいくらでも存在するのは間違いない。しかし問題なのはその割合。

冒頭でも書きましたが30代を過ぎると、「ハゲ」とまではいえないもののパッと見て「ああ、この人少し薄いな」と感じる人がかなり多くなりますよね。最近の調査では40~50代の薄毛率は50%前後とされていますしね。

芸人などはその現状に即しているのに、俳優や歌手になると明らかに異常と感じるほどのドフサ率。40歳にも50歳にも60歳にもなってフサフサ人間がそんなに多いはずないだろう!

「誰々が増やしている!」と断言できるほどの情報網はありませんし、断言したらしたで変に目をつけられても困るので個人名は避けますが、中居さんや草なぎさんやISSAさん、宮迫さんあたりはガチ。

世間の薄毛率に照らし合わせれば、40代以降の俳優や歌手の3~4割くらいは何かしらの薄毛対策をしていても不思議ではない。

異様にハゲが少ない俳優や歌手はどんな増毛法を?

私のイメージでは、芸能人は外見を“お直し”する際、即効性があるものを好む傾向にあると感じます。

顕著なのが「」。

歯並びに問題があるなら、歯列矯正をすることで自分の歯をほぼ完全な形で残せますし、終わってしまえばこれといったメンテナンスも必要ない最善の方法。しかし芸能界の場合、ほとんどの人は自分の健康な歯を削り人工物を被せる差し歯を採用しています。

確かに差し歯は手っ取り早い。事前に型さえ取っておけば施術は1日で済みますからね。ただ、差し歯は歯茎の形が不自然になったり、根元が黒ずんだり、メンテナンスが必要だったりと「手軽さ」以外にメリットはありません。

「矯正になると器具が目立って…」という懸念もあるのかもしれませんが、近年は歯の裏に器具を取り付ける矯正方法もあり、時間と費用がかかる事以外にネガティブな部分ってほとんどないと感じるのですが…

話が少し逸れました。とにかく手っ取り早く確実にという考えが横行している印象を受ける芸能界であればプロペシアやミノキシジルといった効果が出るかどうかも分からない発毛剤を毎日シコシコ使っている事は考えづらい。

であれば、ほとんどはアートネイチャーやアデランスなどが提供する頭皮に薄いベースを貼り付けるタイプのかつらか、マープのような自毛に人工毛を結う増毛と見ていいでしょう。

中居さんやISSAさんのように常日頃から帽子を被っている場合や、定期的に長期休養に取るような歌手は自毛植毛の可能性も考えられます。どちらにしても相当なお金を使っていることは間違いないでしょう。

こういった方法であれば確実かつ自然に増やすことができますからね。

以前、坂東英二さんが申告漏れを指摘された際に多額の費用をつぎ込んだ植毛をカミングアウトしていましたが、増毛疑惑など出ていなかったタレントの突然の告白に「ああ、見た目が重要な芸能人はやっぱりみんなやっているんだろうな」と感じずにはいられませんでした。

おそらく芸能界御用達のかつらや増毛を行う会社があって、そういう所で多くの芸能人が秘密厳守でひっそりと“施術”や“メンテナンス”を行っているんでしょうね。

■芸能人は発毛剤など使わずかつらか増毛を使用していると思われる
■長期休養や帽子を被っている人は自毛植毛の可能性も

芸能人と私たちは違う

見た目が極めて重要な要素となる芸能人は年齢を重ねてもある程度の毛量を維持する必要があります。ハゲ散らかした福山雅治とか誰も見たくないでしょう?

しかし芸能人も私たちと同じ人間。

私たちと同様に若ハゲもいれば、てっぺんハゲもいます。当然ながらハゲる割合も私たちと同様のはず。そう考えれば、相当数の芸能人が植毛やかつら、増毛を行っているの間違いありません。

じゃあ私たちもそれを行うかと問われれば、それはまた別の話。私たちには売れっ子芸能人のような潤沢な資金はありませんし、そもそもそこまで必死になって髪の毛を維持する必要もないからです。

薄毛に悩んでいるのであれば、育毛剤などを使い髪の毛を延命させつつも、年齢に合わせて徐々に薄毛を受けれていければいいのかなと感じます。

…というのは綺麗ごと。薄毛を受け入れるべきと頭では分かっていながらも、意地でもハゲたくない自分が存在するんですけどね。

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため、インターネットを中心に販売する育毛剤で1番売れているチャップアップ。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧