薬用プランテルとMSTT1は全く同じ成分構成

薬用プランテルとMSTT1は同じ?

当サイトでは様々な育毛商品を紹介しておりますが、その中で気づいたのが薬用プランテルとMSTT1という育毛剤が完全に同成分だという事です。

育毛剤のOEM(他ブランド向け商品)は天真堂のソヴール08が有名で、かつてソヴール08を使っていた、もしくは現在もそのまま使用している育毛剤としてチャップアップ、ブブカ、イクオス、マイナチュレと大人気の育毛剤が名を連ねています。

参照:育毛剤のベストセラーはソヴール08という真実

そして今回取り上げる薬用プランテルとMSTT1について、後者の育毛剤に関してはあまり有名ではないものの、プランテルの方はかなりの人気育毛剤。この2つ、成分はまったく同じなのに非常に興味深い食い違いが見て取れます。

知っておいて損はない薬用プランテルとMSTT1の同成分問題について言及していきます。

薬用プランテルとMSTT1の成分比較

プランテルとMSTT1の成分比較 まずはプランテルとMSTT1の箱や容器の裏面に記載されている成分を比較してみます。

上がプランテルで下がMSTT1。成分の並びはもちろん一字一句完全に一致しているのが見て取れるでしょうか。

個別に研究開発をしたとしても、ある程度成分が似てしまう偶然はあるかもしれませんが、ここまで完璧に一致する事は通常考えられません。であれば何かしらのOEMである可能性が考えられます。

まず「この2つの育毛剤は同じ会社が別ブランドとして販売しているのではないか」と考え販売会社を調べてみましたが、プランテルの販売会社は福岡県、一方のMSTT1は東京都となっており、少なくとも表面上繋がりは無いように見えます。

次に注目したのがMSTT1の容器の一番上に見える「ヘアーローションM」の文字。

例えば、かつて天真堂というOEM企業の「ソヴール08」という育毛剤をそのまま使用していたイクオスやチャップアップ、ブブカはどれも「販売名 ソヴール08」となっていました。

今現在はソヴール08をベースに成分を追加、増量し別の販売名になっているチャップアップやイクオスも、かつてはソヴール08の販売名であった事から、MSTT1の販売名「ヘアーローションM」というのがOME商品の名前なのではないかと思いプランテルの箱の一番下を見てみると…

プランテルのヘアーローションM ありました。

やはりこの2つは「ヘアーローションM」という同一の育毛剤であり、少なくとも製造元は同じである事が考えられます。

実はこのヘアーローションMを調べていく内にカーナカリス化粧品の薬用ヘアローションがやはり「ヘアーローションM」を使用していました。

表記の仕方は若干違うものの、公式ホームページに載っていた成分はプランテルなどと非常に似通っています。裏面の詳細な成分は確認できなかったので確信はできませんが、これも多分同じ育毛剤なのでしょう。

■薬用プランテルとMSTT1は完全な同成分となっている
■双方「ヘアーローションM」という販売名である事から同一の育毛剤と推測

同じ商品でありながら異なる用途

薬用プランテルとMSTT1が完全に同じ育毛剤である事は疑いようがないものの、興味深いのはこの2つの育毛剤のアプローチが全く異なっている点。

というのも、プランテルは男性型脱毛症(AGA)の中でも最も割合が大きいとされる“M字ハゲ”に特化していると謳っている一方、MSTT1は“頭頂部の薄毛専門”を謳っているからです

M字ハゲも頭頂部ハゲもAGAの典型的なハゲ方であるものの、頭頂部に比べ生え際の薄毛は育毛剤の効果が出にくい事でも知られております。薄毛に悩みを抱え、ある程度の知識を有している方なら聞いたことがあるのではないでしょうか?

まったく同じ成分、内容でありながら片やM字特化を売りし、もう一方は頭頂部専門と謳う…

AGAのメカニズムは、男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼと結びつきジヒドロテストステロン(DHT)を生成。そのDHTが毛母細胞の成長を阻害することによって髪の毛が薄くなってしまいます。

AGAの進行を食い止め、かつ改善させる効果があるのであればM字特化も頭頂部専門もあながち間違ってはいないのですが…

考えようによっては「M字にも頭頂部にも効果がある」と好意的に受け止められる一方、「M字にも頭頂部にも効果がない」となりかねない。まあプランテルとMSTT1が同成分だという事実を知っている人は少ないのでしょうから問題にならないのかもしれません。

■プランテルとMSTT1は同成分でありながら片やM字特化、片や頭頂部専門

プランテルとMSTT1の大きな違い

薬用プランテルとMSTT1の違いは他にもあります。それは内容量が違う事と、MSTT1は「ヘアレーザープレミアム」という低周波を用いた育毛機器の併用を前提としている点です。

内容量に関してはプランテルが150mlで使用期間は約50日、一方のMSTT1の内容量は120mlで使用期間は1ヶ月。

一方価格を見ると、育毛剤単品で8,200円のプランテルに対しMSTT1は9,800円となっています。育毛剤単体で見れば完全に同成分なのですから、価格面で考慮すればMSTT1を使う理由はありません。

しかしMSTT1は前述の通りヘアレーザープレミアムという育毛機器の併用を前提としており、これを用いた6ヶ月、1年という長期使用がメイン。長期使用を見据えたコースでは割安感もあるため判断に迷うところです。

ただ、このヘアレーザープレミアム、口コミや評判が少ないうえにネット上の「効果あり」の情報はアフィリエイト報酬を目的とした提灯記事ばかりなので、その効果は未知数と言わざるを得ません。

■内容量や使用期間はプランテルの方が多く長い上に価格はMSTT1の方が高い
■MSTT1の虎の子ヘアレーザープレミアムの効果は未知数

薬用プランテルとMSTT1の価格を比較

同じ商品と言っても過言ではないこの2つの育毛剤。改めて詳しく価格を比較してみたいと思います。

まずは薬用プランテル。

商品名 内容量 使用期間 価格
プランテル単品 150ml 50日 8,200円(税込)
定期コース 150ml 50日 6,980円(税込)
(2018年5月現在)  

次にMSTT1で、下記の実感プロジェクトではヘアレーザープレミアムと育毛剤が込みの値段となります。

商品名 内容量 使用期間 価格
MSTT1単品 120ml 1ヶ月 9,800円(税別)
6ヶ月発毛実感プロジェクト 120ml×6 6ヶ月 58,880円(税別)
年間発毛実感プロジェクト 120ml×12 1年 81,760円(税別)
(2016年1月現在)  

単品価格では内容量、使用期間、価格共にプランテルが優れており比較するのもバカらしいレベル。

一方、ヘアレーザープレミアムがセットになったMSTT1の年間発毛実感プロジェクトでは税込で88,300円。1ヶ月あたりの単価は7,358円。

これは薬用プランテルの定期コース6,980円に肉薄する価格であり、育毛剤にヘアレーザープレミアムという育毛機器も付いてのこの価格と考えれば一考する価値は十分にあるのかもしれません。

ただ、これらの育毛剤の効果も分からぬままいきなりMSTT1の年間発毛実感プロジェクトに申し込むのはかなりの冒険となります。

私のおすすめとしては、薬用プランテルの定期コースでこの育毛剤の効果と頭皮への相性を確かめ、効果を実感できたのであればMSTT1の年間発毛実感プロジェクトに申し込むという方法。これが現実的かつ一番無駄がないと考えます。

ソヴール08も含めこういったOEM商品には若干の手抜き感が漂うものの、色々な選択肢が広がるという面や開発費がかからない分価格が安くなるといったメリットもありますから、変な先入観は持たず試してみるのが吉でしょう。

薬用プランテルの詳細

頭頂部専用育毛剤MSTT1の詳細


効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため、インターネットを中心に販売する育毛剤で1番売れているチャップアップ。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧