増毛やかつらと発毛剤・育毛剤の併用

かつらと育毛剤の併用

髪の毛が薄くなってきたため増毛やかつらを考えているものの、自分の髪も諦めたくない…可能であればプロペシアなどの発毛剤や市販の育毛剤を用いた発毛や育毛も同時進行で行いたい。

できる限り自分の髪の毛を少しでも維持、増加させたいと思うのは自然なこと。そういう場合にまず選択肢に入るのがプロペシアやチャップアップ、イクオスなどの育毛剤になりますが、これらが効果を表すまでには最低3~6ヶ月ほどかかり、また初期脱毛が起きる可能性もあることから増毛やかつらで髪の毛を増やしつつ発毛に取り組みたいと考える方は少なくありません。

この方法であれば、初期脱毛で髪の毛が抜けてしまう上に効果が出るまで時間がかかる発毛や育毛をかつらや増毛で補うことができ、また万が一育毛の効果が出なかった場合の保険という意味でも賢い選択といえます。

しかし、ここで特に気になるのは下記の2点だと思います。

  • 増毛やかつらと、発毛・育毛の同時進行は可能なのか?
  • これら併用による金銭的負担

アデランスアートネイチャーに代表される増毛やかつらを使うにあたって頭皮や毛根へのダメージ、そして発毛や育毛の足を引っ張らないかどうかは非常に気になるところです。

また発毛剤や育毛剤は思いのほか価格が高く、かつらや増毛もそれなりの出費を覚悟しなければならないとあって、これらの同時進行には金銭的負担をしっかり把握しておく必要があります。

増毛やかつらと育毛剤使用の同時進行は現実的に可能なのか、費用面や育毛への影響について詳しく見ていきたいと思います。

マープなど自毛に結ぶ増毛と発毛・育毛の同時進行

いくら育毛剤や発毛剤によって自毛を育てようとしても、かつらや増毛がそれを阻害してしまえば意味がありません。

このへんについては別ページの「かつら・増毛による頭皮や髪の毛への悪影響は?」で詳しく書いていますのでここでは要点のみを書いて行きます。

まずアートネイチャーのマープ増毛法やアデランスのピンポイントシリーズに代表される自毛1本1本に人工毛などを結う増毛法について考えてみましょう。

結んだ髪の毛自体に若干の負担増は考えられるものの、それが健康な髪であれば万が一切れたり抜けたりしてもすぐに新たな髪が生えてきますし、もしそれが男性型脱毛症(AGA)の影響を受けた髪だった場合は遅かれ早かれ抜けてしまうでしょうから大きな問題にはなりません。

無論、これらの増毛は頭皮自体にダメージを与えるものではありませんので、こういった増毛を行いながら発毛や育毛を同時進行させるというのは、発毛の初期脱毛や効果が表れるまでに進行する薄毛を補うという意味で理にかなっています。

そして半年ほどして発毛や育毛の効果が出てきたら増毛の本数を徐々に減らしていき、最終的には増毛から卒業し発毛や育毛にて髪の毛を維持すれば周囲に増毛がばれる事もなく自然に移行できるでしょう。

一度でも周囲に「あの人ハゲてる」という印象を与えてしまうと、その後発毛や増毛に成功したとしても「かつら被ってんじゃないの?」という穿った見方をされてしまう可能性があります。

そのため周囲に薄毛であるという認識を極力持たれないためにも発毛剤や育毛剤の効果が出るまで増毛で乗り切るという選択は検討に値するでしょう。

発毛、育毛を行いながら増毛やかつらなど何かしらの施術をする点において、髪の毛1本1本に結ぶ増毛法は最善の選択と言えるのではないでしょうか。

■マープなど結ぶ増毛と発毛・育毛は相性が良い
■発毛効果が出始めたら増毛を減らすことで周囲に変化を悟られずに済む

接着式のかつらと発毛・育毛の同時進行は?

一方で注意が必要になるのがかつらと発毛・育毛の同時進行です。

現在主流となっているかつらは特殊な接着剤や粘着剤を用い頭皮に密着させるもので、アデランスのヘアパーフェクトやアートネイチャーのヘアフォーライフがこれにあたります。

これらは人工毛を植え付けた0.1mm前後の非常に薄いベースを頭皮に貼り付けるため、ずれたり外れたりする心配がなく見た目も自然。自毛に近い感覚で扱えるという大きな利点があります。

一方で、細かい網目状にすることで通気性を確保しているとはいえ何も付けていない状態に比べれば蒸れやすく、接着剤を用いるため毛穴が塞がれる傾向に。またメンテナンス時の脱着で髪の毛が抜けてしまう心配もあります。

つまり、頭皮に貼り付けるタイプのかつらと発毛・育毛の同時進行では、せっかく生えてきた髪の毛をかつらが押さえつけてしまう可能性が十分に考えられるのです。また脱着時に発毛によって生え始めた産毛を抜いてしまう恐れも。

基本的にずっと付けっぱなしの接着式かつらは、洗髪によってその下の頭皮を清潔に保つことが難しくなり、育毛剤との併用は髪の毛を育てるという観点で見るとマイナス面が目立ってしまいます。

当然頭皮に接着しているのでミノキシジル外用薬をはじめとした頭皮に塗布する様々な育毛剤は使えず、使用できるものはプロペシアやミノキシジルタブレットのような内服薬に限られてしまうというのもマイナスです。

「自毛はもう諦めている」というレベルまで薄毛やハゲが進行しているのであればまだしも、まだまだ自分の毛も諦めたくはないという場合には接着剤を用いたかつらの使用は避けるべきでしょう。

■接着式のかつらは毛穴を塞ぎ蒸れやすいため、頭皮の環境は悪くなる
■頭皮に塗布する発毛剤や育毛剤は使えない
■接着式かつらと育毛・発毛の同時進行は避けるべき

発毛・育毛と相性のよいかつらは編み込み式

ここまで書いてきたように、接着剤や粘着剤を用いた密着式のかつらが発毛や育毛と相性が悪いのは疑いようがありません。では外用の育毛剤と併用できるかつらは存在しないのか?

例えば昔から使用される世間一般の「かつら」の認識に一致するであろう簡単に取り外しができるタイプのものであれば発毛や育毛の邪魔をしないのではないか?

これは頭皮に直接触れるベースの部分によってその見解は異なます。

通気性の悪化や髪の毛の成長を阻害する可能性が高いであろう頭皮を覆ってしまうタイプのかつらはNGである一方、大きな網目に自毛を通して馴染ませるタイプであれば頭皮への悪影響は少なく育毛剤と併用しても問題ないでしょう。

ただ、こういったウィッグも安物の場合、網目状で通気性はある程度確保されていてもベース部分がプラスチックなど硬質なものも多く、擦れることで頭皮にダメージを与え脱毛を進行させる可能性も否定できません。

また、何らかのきっかけによってずれたりや外れたりといった可能性もあるため「外れるのでは…」という恐怖から行動に制限ができてしまいがち。

そういったネガティブな要素の大部分を解消してくれるのがスヴェンソンに代表される編み込み式のかつらです。

例えばスヴェンソンのかつらであれば下図のように薄毛になりにくい側頭部や後頭部の髪の毛を利用することでベースを作り、そこに網目が大きく通気性のいい布製ベースのかつらを糸で固定していきます。

スヴェンソン式増毛法

固定部分は薄毛になる心配がない側頭部や後頭部なので頭頂部や生え際にダメージを与えることはなく、下図赤丸の部分に悪影響を与えたくない、もしくは髪の毛が無い場合でもU字のベースによりフォローできます。

かつら部分の網目は非常に大きいため通気性が良く頭皮をしっかり洗うことが可能。糸で固定しているため外れる心配もなく、自毛の成育の邪魔をすることもないため発毛や育毛との相性が非常によいかつらとなっています。

費用面でも密着式のかつらよりリーズナブルなので、長期間の使用によって出費がかさみがちになる育毛剤との併用も行いやすくなるでしょう。

■スヴェンソンなどの編みこみ式のかつらは頭皮や自毛への悪影響が少ない
■費用は接着式のかつらに比べリーズナブル

かつらや増毛と育毛剤の併用にかかる費用は?

かつらや増毛と育毛剤を併用することで不自然なく髪の毛を増やすことができるとはいえ、先立つものがないと…ということで、増毛やかつらと育毛・発毛を同時に行った場合にかかる費用を考えていきます。

まずマープやピンポイントシリーズに代表される自毛1本1本に人工毛などを結ぶ増毛法の場合、増やす本数や施術する業者にもよりますが一般的な量となる2000~4000本の増毛で10~20万円くらいの初期費用がかかります。

それに加えメンテナンスの費用が月に1~2万円というのが相場。

一方のかつらはというと、アデランスの密着式かつらであるヘアパーフェクトやスヴェンソンの編み込み式かつらで定額制を選べば年間の費用でおよそ50万円前後、アートネイチャーのヘアフォーライフあたりだと年間100万円ほどかかる事も。

これらをおおよその額で月額換算すると…

月額
マープやピンポイントシリーズなど結ぶタイプ 2~3万円
ヘアパーフェクトやスヴェンソン式かつらの定額制 4~5万円
アートネイチャーのヘアフォーライフ 7~8万円

一方、育毛剤や発毛剤はというと、信頼性の非常に高い日本製にこだわるのであれば医療機関で処方されるプロペシアと大正製薬のリアップX5の組み合わせが主流。この二つの併用は診療費込みでおおよそ月15,000円くらいになります。

一方、個人輸入などを駆使し海外の安いジェネリックなどを使うのであればフィンペシアフィンカーフォリックスミノキシジルタブレットの組み合わせで月々の出費は月3,000~5,000円程度で済みます。

発毛剤の副作用を懸念するのであれば、育毛剤と育毛サプリメントがセットになったチャップアップやイクオスがおすすめ。高い育毛効果があるうえ、セットでも1万円でお釣りが来ます。

つまり、自毛1本1本に結ぶタイプの増毛を選択しつつ本数はある程度抑え、個人輸入の発毛剤や育毛サプリメントがセットになった育毛剤を使えば、高い効果が望めるうえに費用は両方合わせて月3万円程度に収まるでしょう。

あまり薄毛が進行していない場合これが一番現実的かつ無駄のない選択に。

もう少し薄毛やハゲが進行しており自毛に結ぶタイプの増毛を行うほど髪の毛が残っていない場合などはスヴェンソンの編み込み式かつらと育毛剤の併用がベスト。

こちらであれば個人輸入の発毛剤や日本の育毛剤を使って月5万円、日本製のプロペシアとリアップX5使用で月6万円といったところでしょうか。

密着式のかつらになるともう少し出費がかさむうえ、外用の育毛剤や発毛剤と相性が悪いため、併用を考えるのであればこれらは選択するべきではないかと。

■現実的な選択となる結ぶ増毛と個人輸入の発毛剤、育毛剤の併用で月3万円
■編み込み式のかつらと育毛剤の併用なら月5~6万円

増毛やかつらと発毛・育毛の同時進行のまとめ

これまで長々と書いてきましたが、私なりの結論としてはかつらや増毛と育毛を同時進行するのであればマープやピンポイントシリーズのような増毛に比較的リーズナブルな育毛剤を購入して使うのがベストとなります。

これですら月3万円ほどの出費になってしまうことから決して安いとは言えません。しかし、もしあなたが結婚しているのであればまだしも、独身であれば「女性は男性のハゲをどこまで気にするのか?」で記事にしたデータが示す通り、薄毛が今後の人生を大きく左右する可能性もあります。

薄毛やハゲは見た目で損をすると同時にコンプレックスで自信を喪失しがち。卑屈になっている男性を嫌う女性が非常に多いことから、男としての自信を失うくらいなら多少の出費を覚悟して対策に乗り出すべき。

これから育毛や増毛に取り組むのであれば、育毛剤の効果によって1年後くらいには自毛が増えていることが十分期待できます。そうなれば一番お金がかかる増毛を止めるという選択も現実的に。

また、今現在の技術では若い頃のようなフサフサ状態まで回復するのは難しいと言わざるを得ない発毛剤や育毛剤も、近い将来もっと高い効果のある治療法が出てくるかもしれません。それまで毛根や髪の毛、そして見た目を少しでも維持しておきたいという未来志向の考え方も。

これも自分への投資の一環と考え、取り返しが付かない状態になる前に適切な判断をするようにして下さい。

■男としての自信を失うくらいなら、すぐにでも増毛や発毛に取り組むべき
■増毛や育毛は自分の将来への投資と考える

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため、インターネットを中心に販売する育毛剤で1番売れているチャップアップ。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧