世界で薄毛が多い国は?驚くべき日本の順位

最終更新日:

日本人のハゲ男性 もう何年も前になりますのでご存知の方も多いと思いますが、総合毛髪メーカーとして有名なアデランスが10年にわたり世界中で薄毛の調査を行い、国ごとの薄毛率をランキングして発表しました。

私たちが生活する日本は健康的な和食が国の代表的な食生活として存在し、長寿の国としても有名であるため、それほどハゲも多くないだろうと感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は…

できれば世界で薄毛の多い国を最新のデータでお送りしたかったのですが、どんなに探してもそんなデータを出しているところはないため、とりあえず2008年までのアデランスの調査から世界のハゲ事情を見てみたいと思います。

世界のハゲ人口は?

ではまずアデランスが1998~2008年まで行った世界のハゲ人口を調査したデータを見てみましょう。

世界のハゲ人口

これを見て真っ先に感じるのが「ヨーロッパはハゲが多い」という点で、身長が高くてスタイル良くてイケメンが多いイメージのある欧州ですが、ランキングでは上位を独占し成人の4割前後がハゲという衝撃の結果になっています。

イギリスのウィリアム王子があの若さであの頭…というのも納得できます。

そして我々日本人は世界で14位…成人の薄毛率は26%となかなか優秀(?)な数字をはじき出しておりますが、特筆すべきはアジアで堂々の1位という点でしょう。

なぜこんな悲惨な結果になっているのか、少し検証してみたいと思います。

■ヨーロッパはハゲが非常に多い
■このデータでは日本は世界14位だが、アジアに限れば1位

欧米諸国にハゲが多い理由

上のデータを見ても分るように、薄毛男性の割合は欧米が上位を独占しています。

これは肉中心の食生活に原因であると推測されますが、欧米は日本に比べ圧倒的に肥満が多いというのもひとつの理由かもしれません。

肥満率の高いアメリカでは3人に1人が肥満。日本でも成人の2~3割が肥満と言われています。しかしこれにはデータのカラクリがあるのはご存知でしょうか?

というのも、世界的にはBMIが30以上だと肥満に分類されるのですが、日本の場合BMIが25を超えると生活習慣病のリスクが有意に高まるという理由から、BMI25で肥満とされます。

このBMIは「体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))」で求められ、標準的な数値は22とされます。これを当てはめると身長170cmの人であれば標準体重は63.5、日本で肥満に分類される体重は約72kg、世界基準での肥満は約86kgとなっています。

アメリカでのBMI30以上が3割超に対し、日本でBMI30以上の割合は3%程度とされており、欧州でも2割前後あることから日本の肥満率の低さが見て取れます。同時に欧米の薄毛率の高さは肥満も影響しているのではないかと推測されます。

もちろん遺伝も重要な要素で、欧米にハゲが多いのは「遺伝+食生活+肥満」が大きな理由になっているのは間違いないでしょう。

ウィリアム王子に見るハゲ

ただ、イギリスのウイリアム王子はスラっとした体形にもかかわらず30代であのハゲっぷり。それを見ると食生活や肥満はあまり影響していないのかもしれません。

ハゲるウィリアム王子

若い頃はあんなに格好よかったのに…時間の流れは残酷です。

王室ですから食事は栄養バランスやカロリーなどもしっかりと管理されたものを食べているでしょう。それでもこれだけ一気にハゲてしまうのですから、やはり遺伝なんでしょうね。これを見てもヨーロッパの薄毛率の高さを実感します。

キャサリン妃は内心どう思っているんだろう?

欧米は日本ほどハゲを気にしないといわれますから、キャサリン妃も気にしていないのかも…ただ、もしかしたら内心「ジョージやルイに遺伝しないでくれよ」と思っている可能性も。

まあ、髪の毛がないよりはあった方がいいですよね。公衆の面前に出ることが多い方々ですしね。

日本人の薄毛率がアジアNO.1の理由

欧米にハゲが多いのは分かったが、ではなぜ日本人に薄毛が多いのか?

そこには食の欧米化という近年の問題点も絡んでくるとは思うのですが、やはり大きな原因は「遺伝」なのでしょう。DNAに刻み込まれた薄毛の遺伝子というのは非常に強力で、何もケアしないでいた場合はこれに抗う手段はないと言っても過言ではありません。

また日本の誇りのひとつでもある「長寿国」というのも関係している可能性も。一般的に歳を取れば取るほど薄毛になる可能性が高くなってくるため、長生きする人が多ければ多いほど成人の薄毛率が高くなるのは仕方のないことだと思われます。

ただ1つ気になる点として、日本でのこの調査は東京で行われているのですが、東京は全国的に見て若い人が多く都道府県別の平均年齢でも47都道府県中42位と、データの上でも平均年齢が低いことが証明されています。

その東京にあってこの数字ということは…もしかしたら日本全体の薄毛率はもっと高く、30%に迫る可能性があります。

以前、40歳の知り合いに同窓会の様子を聞いたところ、「半分くらいはハゲてきている」という話をしていました。確かに40歳ともなると薄毛が始まっている人も多く、それはデータの上でもある程度裏付けられています。

そういった点を考慮するに、日本の成人男性のうち薄毛人口が26%というのは少なすぎる気も。それでなくても少子高齢化が進んでいるのですから、今後この数字は上がっていくことが予想されます。

世界と日本のハゲ人口の総評・まとめ

日本人にこれだけハゲが多いというのは衝撃的である一方、「俺がハゲても仕方ないんだ」というある種の安心感もありますよね。

しかし、だからといって世間…特に女性からのハゲに対する厳しい目が緩和されるわけではなく、あくまでも「ハゲ」と虐げられる仲間が多いことを確認したに過ぎません。

ここから脱却できるかどうかは各々の努力にかかっていると言えるでしょう。

幸い近年は高いプロペシアやリアップを使わずとも個人輸入を用いれば同じ効果のあるフィンペシアカークランドが手に入り、またデュタスといったデュタステリドの登場でより高い効果を望めます。

これらの副作用に抵抗がある方には育毛サプリメントが付属するイクオスなどの優れた育毛剤をはじめ様々な選択肢があるので、これらを上手に利用し薄毛が多い日本人の例外となるよう頑張っていきましょう。

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため、インターネットを中心に販売する育毛剤で1番売れているチャップアップ。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧