フィナステリドとデュタステリド併用は可能?

プロペシアとザガーロの併用

長年発毛剤の主役として君臨してきたプロペシアに代表されるフィナステリド内服薬は今現在もAGA治療の第一選択薬として愛されています。

そんな中2015年9月に厚生労働省から正式に承認され、2016年6月に発売されたデュタステリド内服薬「ザガーロ」は従来のフィナステリドの1.6倍の発毛効果があるとされる注目の新世代発毛剤。

そんなフィナステリドより高い効果を望めるデュタステリドですが、それでも100%の人に効果の出るわけではなく、また効果が出ても現状維持~微増くらいに留まる可能性があります。

そんな状況を打破すべく少しでも強い発毛効果を求めたとき、ふと「フィナステリドとデュタステリドを併用したら…」という考えが脳裏を横切りませんか?

でも副作用や飲み合わせも心配だと思いますので、ここではフィナステリドとデュタステリドの併用について考えていきたいと思います。

フィナステリドとデュタステリドの違いは?

フィナステリドとデュタステリドはどちらも元々は前立腺肥大症の治療薬として用いられていましたが、「5αリダクターゼ(5α還元酵素)の働きを阻害しジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑える」という作用がAGAの治療とも合致しているため、発毛剤にも使われるようになったとう経緯があります。

フィナステリドもデュタステリドも5αリダクターゼの働きを阻害するという点は同じ。しかし効果の範囲が異なります。

フィナステリドとデュタステリドの違い

上図のようにフィナステリドは2型5αリダクターゼの阻害効果しかありませんが、デュタステリドは1型と2型の両方の5αリダクターゼを阻害。

これにより、従来のフィナステリドが血清中のDHTを約7割減らすのに対し、デュタステリドは約9割減らすことに成功しています。

薄毛への効果の違い

フィナステリドに比べDHTの生成を抑制する作用が強いデュタステリド。その効果はというと…

フィナステリドとデュタステリドの効果

見ての通りプロペシアと同じフィナステリド1mgとデュタステリド(ザガーロ)0.1mgがほぼ同等の効果。ベーシックなデュタステリド0.5mgは有意に高い効果を示しています。

デュタステリドがフィナステリドの1.6倍の効果があるとされるのはこれが根拠。デュタステリドはこれから発毛剤の主流になっていくと思われますが、効果が高い分副作用もフィナステリドに比べて若干強めなのではないかという懸念も。

なぜフィナステリドとデュタステリドの併用なのか?

普通に考えればフィナステリドやデュタステリドの併用はミノキシジル外用薬やミノキシジルタブレットが定番なのに、なぜフィナステリドとデュタステリドの併用を考えるのか?

その理由にはフィナステリドやデュタステリドを使ってみて思うような効果が出なかったという場合もあるでしょう。

しかし一番の理由はフィナステリドやデュタステリドはミノキシジルと違い「5αリダクターゼを阻害しAGAの原因となるDHTを生成させない」という効果がハゲの原因を根本から改善してくれるものだからです。

ミノキシジルタブレットも非常に効果の高い発毛剤ですが、あちらは薄毛の原因に働きかけるのではなく薄くなってしまった髪の毛を多毛症によって増やすという力技であり、底の抜けたバケツに例えれば底が抜け水が漏れているのを放置したまま上からじゃんじゃん水を注いでいるような感じになります。

一方のフィナステリドやデュタステリドは底の穴を塞ぐ治療薬でありもっとも理想的で、ここを強化することによってミノキシジルの効きにも影響してきますから、フィナステリドとデュタステリドの相乗効果によってこの働きをより強いものにしたいと考えるのは理に適っていると考えます。

フィナステリドとデュタステリドの併用は効果ある?

さて、ここからが本題です。

フィナステリドとデュタステリドは同じ作用を持つ薬とあって、併用したという実績に乏しいのが現状。フィナステリドとデュタステリドを併用した症例はオーストラリアに一例だけ存在します。

それは長年のフィナステリド服用で効果が弱まってしまった男性に低用量のデュタステリドを服用させてみたというもの。その中では毎日フィナステリド1mgに加え週1回に0.5mgのデュタステリドを服用しています。

この症例では目に見えた効果が出たようですが、一例しかないためハッキリとした作用は分かっていないというのが実情です。

予想される作用は…

  • フィナステリドとデュタステリドの相乗効果
  • 弱くなったフィナステリドの作用をデュタステリドが刺激し復活させた

…このあたりでしょうか。

いずれにしても非常に期待の持てる症例であるため、今後こういった研究や試験が増え併用の効果が実証されることを望みます。

安易な併用は危険

フィナステリドとデュタステリドの併用は危険?

ただ、上記の例は毎日のフィナステリドに週1回のデュタステリドという使い方であるからこそ、最小限のリスクで効果が見られたという可能性が高いとみます。

なぜなら、5αリダクターゼを阻害するという作用で一致しているフィナステリドとデュタステリドは本来併用すべき薬ではなく、どちらか一方を使用するべきものだからです。

というのも、AGA治療での1日の服用量はフィナステリドが1mg、デュタステリドは0.5mgとなっており、これ以上の服用は避けるべきとされています。

しかし基本的に同じ作用であるこの2つを併用することは、実質オーバードーズ(過剰摂取)に。朝フィナステリドを飲んで、夜デュタステリドを…なんて飲み方は副作用の懸念が強まる可能性が高い。

まあ、より高い効果を得られる可能性もありますが…

そういったことから、仮に併用するとしても前述したようにフィナステリドを基本として週1日だけデュタステリドを使用するなどに留めておいた方がいいでしょう。

日替わりで飲めば効果的?

フィナステリドとデュタステリドを1日の中で併用するのは基本的におすすめできません。じゃあ1日おきに「フィナステリド→デュタステリド→フィナステリド…」と薬を切り替えるのはどうなのか?

フィナステリドやデュタステリドなど同じ薬を飲み続けると耐性ができて効きづらくなってくるという考えは根強く存在する。1日もしくは1週間単位でこの2つを切り替えることで耐性をできにくくし効果を維持できれば…

一見理にかなった考えではあるものの、こういった飲み方の有効性を検証した論文やデータは存在しないんですよね。掲示板なのでごく稀にこれを行っている人を見るくらい。それも具体的な効果までは不明。

フィナステリドやデュタステリドを飲み続けることによって耐性ができるのであれば、確かにこの方法も有効でしょう。しかし問題点も。

血中濃度の問題点

薬の効果は成分の血中濃度が深く影響しており、フィナステリドは比較的血中濃度の半減期が短く、一方のデュタステリドは半減期が長いという特徴があります。

半減期が長いデュタステリドは毎日服用することで一定の血中濃度を保ち、それによって高い発毛効果を示すとされます。

フィナステリドとデュタステリドを交互に飲むとなると血中濃度をある程度高い水準に保つことが難しくなるのは想像に難くなく、耐性を付けないために良かれと思ってやったことが裏目に出る可能性も。

また、この2つを切り替える際に再び初期脱毛が始まるという意見も散見されることから、短期的な周期で切り替えると効果が安定せず初期脱毛が長く続く恐れも否定できません。

基本的にはどちらかを長期的に使用するのがベストなのかと。

フィナステリドとデュタステリドの併用はあり?

これまでの症例があまりにも少なくフィナステリドとデュタステリドの併用については分からない事が多いというのが実情です。

前述の症例にしても、「フィナステリドを毎日1mgに週1回のデュタステリド0.5mg」なんて面倒な事をせず、フィナステリドを完全にデュタステリドに置き換えてしまったほうが効果が高かった可能性もあります。結局現状ではなんとも言えないところ。

ただ、たったひとつの症例でも良い結果が出ていることから併用に一定の効果が期待でき、また副作用に対する過度な心配も必要なさそうな感じではあります。

とはいっても毎日フィナステリド1mgとデュタステリド0.5mgを服用するようなヘビーな併用に関しては未知数と言わざるを得ません。

現状で大きな問題が発生する可能性が少ないのは規定量のフィナステリドに低用量のデュタステリド、もしくは毎日デュタステリド0.5mgに低用量のフィナステリドに限られそうです。

ザガーロの登場でデュタステリドの注目度が上がり、併用に関する研究や検証も行われてくれればいいのですが…現状では期待薄か。

フィナステリドやデュタステリドの使用を考えるなら

併用ならジェネリックの使用も

日本国内でフィナステリド内服薬やデュタステリド内服薬を購入する場合、AGAクリニックや皮膚科などでプロペシアやザガーロを処方してもらう必要があります。

しかしプロペシアは1ヶ月分約7,000円、ザガーロにいたっては約10,000円と決して安くはなく、経済的な負担は大きくなります。併用を考えるならなおさら。

そういった場合は、フィナステリドやデュタステリドのどちらかを海外製のジェネリックに切り替えることで負担を大きく減らすことができます。

信頼性と価格の両立を考慮するなら、プロペシアジェネリックとして最も人気が高いフィンペシア、ザガーロジェネリックはベルトリドあたりがおすすめになるでしょうか。

共にプロペシアやザガーロといった先発薬の6分の1~8分の1程度の価格で購入できるのが大きな強み。

お金に余裕があるのであれば日本の医療機関でプロペシアやザガーロを処方してもらうのがベストですが、毎月のコストをできる限り抑えたい人はフィンペシアやベルトリドの使用も検討してみてはいかがでしょうか。

フィンペシア1mgの詳細

ベルトリドの詳細

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため、インターネットを中心に販売する育毛剤で1番売れているチャップアップ。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧